« サッカー評論界の新星、林舞輝コーチ(23)の存在・行動・思考 | トップページ

2018年8月12日 (日)

<仕事報告> 道端カレンさんインタビュー、日経ウーマンオンライン載りましたー

道端カレンさんのトライアスロンでの急成長を、いろいろがんばってる日本の全ての人たちに知ってほしい、と日経ウーマンオンラインに記事書きました。鈴木陽子編集長との全3回、計1万字を超える濃密なインタビューです。
 
まずは2018年8月9日掲載の第一回およみください:
このブログでは、同記事ライターである八田が、
  • 記事作成の目的
  • 道端カレンさんの「初動の身軽さ」、そして「体験から理解した後の徹底度」
  • 「動的ストレッチ」としてのNHKテレビ体操の効果
について少々解説します。
・・・
20180811_133059_2
 
/// 目的 ///
 
道端カレンさんのトライアスロンでの急成長は、競技の(狭い)世界ではよく知られているけど、普通の日本人には、そんなには理解されていないと思う。たまにニュースで見ても、「やってるだけですごい」てなりがちなのがトライアスロン。いやいやそこじゃない!笑 
 
そういえば爆笑問題の太田光が昔TVで上手いこと言っていて
" コントやってて、「台本を覚えれて凄いですね」て褒められるんだけど・・・
そう、売れっ子芸人が凄いのはそこじゃない笑笑。同じ構図がここにもあって、道端さんのパフォーマンスを、一般人にも理解してもらうのが大きな目的でした。鈴木編集長が普通の働く日本女性代表の目線でインタビューし、その詳細を理解するライター八田が補完する、という建て付け。これが逆だと、普通の人達からの接点を飛ばしがち。
 
 
/// 道端カレンさんの凄さについて ///
 
記事は、カレンさんがトライアスロン始めたきっかけから。ここで注目は、「初動の身軽さ」、そして「体験から理解した後の徹底度」だと思う。
 
マラソンもトライアスロンも、最初の行動は楽天的で、ちょっと楽天的過ぎて、全然練習してなかったりで、大会本番中に痛い目に遭うわけですが笑、逆にいえば、楽天的であるがゆえに、行動開始が身軽であるということ。
 
おそらく、ここできちんと練習できるタイプの多くは、「練習しなきゃいけない」という思い込みが強いがゆえに、行動開始が遅れがちなのではないだろうか?
 
そして、一度やってみて、どんなもんか、実体験として理解する。その先の行動が徹底してる。しかもナチュラルに徹底している。
 
「あたりまえに実現すること」のセットポイント、デフォの基準点が、とても高いのだろう。
 
 
/// NHKテレビ体操の効果について ///
 
1つおもしろいのは、この習慣が、産後の3分間体操に始まること。
" テレビ体操とかラジオ体操って、子どもの頃にやっても、もともと体が柔軟だから、なんのためにやるの? って不思議なんですよね。でも大人になると体が固まっているから、「イタタタ! 伸びる! 気持ちいい!」など、いろいろと発見があるんです。 "
と言われてよくよく考えると、テレビ体操とは全身の動的ストレッチであることに気付く。
 
つまり、「筋肉を強く速く動かして、その間にカロリー消費をする」のではなく、全身の連動性を高めることで1日の残り23時間55分間の動き方を変える」ということ。
 
この身体的効果に加えて、幼児2名を抱えて動けなくとも自宅で簡単にできる、という社会生活的な効果、スモールステップを積み上げて自己肯定感を得るという心理的効果がある。
 
それを10ヶ月継続するという実行徹底ぶりだ。
 
 
/// 女性の1つのキャリア・ヒストリーとして ///
" どんなに忙しくても、朝は自分だけの時間 "
という朝活も、働くママに合うだろう。
 
中学出て単身上京と平成の世に田中角栄的にキャリア開始し(スポーツの強豪高国内留学は寮生活だし、芸能分野ではたまにあるのかもだが)、以来4半世紀にわたり、浮き沈みの大きな世界で、第一線に立ち続けてきたキャリアデザイン的な面での理由も見えてくるだろう。その中で形作られた行動習慣=社会学でいうハビトゥスがあり、その1つの表れともいえるだろう。
 
(インスタ写真でてこない...)
(つづく)
// 宣伝:100年キャリア時代の新たな働き方を //
 
おまけ:私が今夏から参加している、株式会社メイクス「ウェルビーイング・セミナー」のご紹介を。
 
2007年に日本で生まれた子供の半数以上が107歳以上生きる。ベストセラー『ライフ・シフト―100年時代の人生戦略』で紹介される寿命予測です。
こんな時代の幸福の条件とは、長きにわたり「価値を生み続けるもの」を手に入れること。マトモな企業経営(=株式)や不動産への投資もその1つ。
ただ、いうまでもなく、最大の価値の源泉とは、私たち自身の働き方、です。そして、心、体、人とのつながり、等々も「価値を生み続けるもの」です。市民アスリートであるということも、その表れ方の1つ。
 
つまり幸福への道はいろいろあって、そのヒントを提供していこう、という取り組みです。
 
9月5日夜には、注目のベストセラー『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門』 の三戸政和(みと まさかず)氏 をお迎えします。
中小企業の売買(M&A)による事業承継という、昭和型「日本型サラリーマン」の限界を超える新たな生き方をお話いただきます。
 
詳細&お申込はこちらから 
 
8月19日小倉広さんは満員御礼。今回もお早めに! 
本は、企画時点では9万部、決定時に10万部、いまみたら11万部! 売れ方
がすごい。

ちなみに、昨今問題になる「かぼちゃ」その他は、商品力のないものに家賃保証(サブリース)つける、という矛盾したものを、不勉強な素人(=残念ながらそういわざるをえません)に無理に売った結果。なにかを始めるなら、まずは確かな情報を入手し、勉強するしかありません。そんなヒントにもお役立てください。

« サッカー評論界の新星、林舞輝コーチ(23)の存在・行動・思考 | トップページ

◆ *トライアスロンを考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サッカー評論界の新星、林舞輝コーチ(23)の存在・行動・思考 | トップページ

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

Blogランキング

無料ブログはココログ

Google Analytics