« 2017年5月 | トップページ

2017年9月の4件の記事

2017年9月13日 (水)

Apple Watch3の発表、そしてスポーツ時計の3条件について

昨夜発表のApple Watch3、昔のSFみたいな腕時計通話できるのはすごいなあ。同時にスポーツ機能も進んでいて、NIKEブランドのスポーツ対応の筐体&ストラップ も出ている。こうした動きはスポーツGPS各社(Garmin, Polar, Suunto)(+seikoで複数形)も警戒してるようだ。
 
ただ、僕が思うに、アスリート目線で必要なスポーツ時計の条件とは3つだけだ。
  1. GPS最高精度での連続稼動時間
  2. 胸着用の心拍ストラップ 
  3. 数個の重要指標だけを直感的に見られる操作性(心拍とその分布・速度・距離・ケイデンスorピッチ・トータル疲労度的なもの=SUUNTOだとPTE)
それ以外ほぼ全て不要だと思う。
音楽も通信通話も、少なくとも日本の都市部でのトレーニング中には危険でしかないし、着信を気にしているような練習で速くなれるとは、あるいはケガ故障を防げるとは、どうにも思えない。
まあ、お昼休み1時間をたっぷり使って流行りの皇居ランってものをやってみよう、帰宅時に少し前の駅で降りて走ってみよう、てレベルの初心者さんを楽しませるにはいいと思う。
 
心拍の手首計測機能は、現時点では初心者向け玩具、て評価で確定だよね。シリアスアスリートのみなさんならば異論はないですよね。ちょっと前の研究では、安静時は問題ないが、運動はじめると簡単に毎分20−40拍くらいの誤差が出る。トレーニングでこの誤差は、見ないほうがまだマシだ。
 
で、この3条件をApple Watch3でみると、
  1. GPSを使用した屋外ワークアウトで最大5時間 (GPS精度と更新タイミング不明)
  2. 外部心拍モニターとBluetooth接続はできるらしい
  3. スポーツ分析ウェブサービスのSTRAVAなどが(2向けに)画面アプリを発表している
と考えると、結局、GPS精度とその持続時間が、ほぼ唯一にして最大の問題ということになる。
 
フルマラソンだけ、4時間で走れる、というランナーなら、HRストラップを買い、Stravaとかメインで、通話機能なしのを使う、という手はありうるかなと思う。まあいずれ勇気ある人柱さんたちが表れることだろう。
 
この充電性能とは二律背反で、時間はサイズ&重さに比例する。エリート技術者たちが最先端技術を投入してる電気自動車だって、唯一まともな走行距離を確保できてるのは大きくて高いテスラだけだ。(日産リーフの新型は、真夏にエアコン効かせながら実際どれだけ走れるのだろう?)
本当に軽量化したいのなら、GPS機能のないシンプルなスポーツ時計にすればいいと思う。
 
なお、日本のGPS衛星「みちびき」対応については誤解、もっとはっきりいえば過大評価が目立つ。以前のFacebook投稿ご参照:
 
<結論>
 
結局のところ、Apple Watch独自の要素は、少なくとも目的がレース成績なのであれば無効てことになり、ただ最新の玩具で遊べるって程度に落ち着くだろう。そのうちポケモンGOの対応アプリとか出てきたりするかもなので、まあ、この要素を否定するものではないが笑
すると、価格的にも、スポーツ専業メーカーの主要ラインとだいたい同じになってくる。自分に必要な充電時間をどう見るか、がその大きな判断要素だ。
 
20728865_10209656841353505_66339572
僕のSUUNTO Ambit2sは2014館山大会での捕獲から3年でダルマ化しており、、
20728865_10209656841353505_663395_2
修行し過ぎて腕がもげてしまったこの達磨大師さまはまだまだ現役続行なんですが、、いくらなんでもなんなので、僕は"Spartan Sport" を新たに入手したのでした。手首計測なし&最高GPS精度で10時間持つの。この話はまたいずれ。
SUUNTO最新製品スパルタントレーナーは、手首計測が付きながら、電池が小さいので、3万円台と大幅に安い。この価格差はアップルウォッチ対策もあるだろうが、機能の価値を表すものと見るべきかと思う。電池>>>手首計測、だ。
 
 
<手首HR計測タイプの場合>
 
速くなるための心拍トレーニングなら、Apple Watchを含め、手首計測機能はないものと思って、別にBluetooth規格のHRベルトを買った方がいい。SUUNTOの最新「スマートベルト」の装着性はかなり良い。安いのはストレスが残り、避けた方がいい。
そして9/14本きた! 
先行予約から発送、引き続き受付中です→ goo.gl/gX1u4F

2017年9月12日 (火)

9/29法政大で出版記念セッションやります☆無料

 私は二〇一二年から法政大学大学院キャリアデザイン学研究科で教育学などを学び始めました。そこで本書の共同制作者である田中准教授と出会い、また彼のカリフォルニア大学バークレー校での師である世界的社会学者ロイック・ヴァカン著作『ボディ&ソウル』(ヴァカン, 一九八九=二〇一三)に出会いました。同書は当時二〇代の大学院生であったヴァカン氏が、治安の悪いシカゴのスラム街でボクサーとしてデビューするまでの日々を、社会学の視点からエスノグラフィーの手法により綴ったものです。私は思いました。こうやって現場に踏み込んだ泥臭い調査と学問的な知とを融合させる手法でなら、私なりのトライアスロンを描くことができるかもしれない。私は「トライアスロンの社会学」を研究テーマとすることにしました。第二章と第三章のあいだには、こんな経緯があります。それは伊豆の苦行から四年後に訪れた、新たな難敵との遭遇でした。あれから四年、どうやら、私なりに全身全霊を込めて綴ったこの一冊を、みなさんにお届けすることができるようです。

〜『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』 「あとがき」より

田中准教授の社会学の講義に出てからまもなく5年。この出会いなくして、この本は出ていません。彼に加えて、出版社の社長さんや装丁デザイナーさんまで交えた無料セッションを開催します。

  • 9/29(金)18:30-21:00くらい
  • 東京・市ヶ谷の法政大、ボアソナードタワー11F
  • 無料

参加希望の方は、田中研之輔准教授のFacebook:https://www.facebook.com/KennosukeTanaka から参加表名ください。

私からお伝えしたいことは  に書いてあるので、私担当分はリクエスト&対話中心に進めたいなと思ってます。

先行予約は14日中に初回発送予定、引き続き受付中です goo.gl/gX1u4F

なおこちら『ボディ&ソウル』が本書の最初の原型です。大物社会学者ロイック・ヴァカンによるボクシング体験のエスノグラフィー。学術書プライスですが・・・

2017年9月10日 (日)

新著「はじめに」解説 〜ついに明かされるハッタリくんの正体!?

「三ヶ月後より処遇を最低ランクに改訂させていただきます。ただし、それまでに相応の成果を出された場合には改めて検討しますが。」

つまりは執行猶予付きのリストラ通告だ。入社時に期待された成果を出せないままに一年ほどを過ぎた頃、大きな経済状況の悪化があり、収益管理のプレッシャーもきつくなっていた。だが、刃が私の首に突きつけられるとは。

逃げようか。でも転職カードは二度切ってこれで二連敗、職務経歴書に傷をつけている。しかも転職市場の限界とされる三十五歳は目前だ。私は、ここで終わるのか?

思い返すと、特別さに憧れ入学した大学では、周りの優秀さに圧倒され、資格試験に新たな特別さを求めて、失敗した。なんとか外資系IT企業に就職できたが、やっぱりこんな仕事したくなかったと腐り始めた。成果を出せるようになり居心地もよくなってゆくと、今度は華やかな活躍を始めるかつての友人たちが気になり始めた。大きなチャレンジを求めて、ベンチャー企業に転職した。ITベンチャーによるプロ球団などの買収劇が世を騒がせていたころだ。入社後の経営悪化、無理な役割への期待、言い訳はあるにせよ、次第に行き詰まりを感じていった。こんな時は転職カードだ、と別のベンチャーに移った。だが切ったつもりのカードは空振りに終わろうとしている。

自分なりに歩んできたつもりのビジネスパーソンとしてのキャリアは、たんなる迷走だったのか。今、逃亡への足場すらぐらついている。いや、そもそも私は何をしたいのか?こう自問したとき、本音の答えが見つからない。成果以前に、目標を、いや、もっと本質的なものを見失っている。頼れるのはこの身体だけだ、そんな気がした。身体を動かしている時だけは、前へと進めている自分自身を感じられた。
 
私がトライアスロンに出会ったのは、そんなときだった。
 
(『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』 冒頭「はじめに」より引用)
 
・・・
 
はい、まあだいたいそんなかんじで、ハッタリくんはトライアスロン始めたのでしたー。
個人的体験、といえばそうなんですが、ここに表れる「特別な自分」とは、現代社会学の最重要キーワードの1つであり、そこには、現代先進国の典型的な姿が表れてもいるのかもしれない。
それが、この本が社会学書として誕生した、そもそもの出発点です。
 
21363353_1280062418782460_1662935_2
 
その探求のため、筆者(八田)は自ら競技者として現場に入り、トライアスリートへの聞き取りを重ねるフィールドワークを行った。筆者は六年間にわたり国内外の計三〇を超えるトライアスロン大会に出場し、後半の三年以上は社会学の視点からの参与観察を行っている。 (同、引用)
 
本書執筆プロジェクトは、2012年末頃に始まりました。もう5年も前だー。そこで、2013年以降は、書くことを目的にトライアスロンしてきた面もあったのでした。とかいって、単純に速くなってゆくことが楽しかったのが大きかったのですが。でも、おおもとの目的は常に裏にあって、表現と発信にこだわってきたのもその1つ。
 
こうして得られた市民トライアスロン独自の現場感覚に、学術理論とを対話させるエスノグラフィーの手法により、その内的世界を浮かび上がらせていく。本書がテーマとする身体、精神、その現代社会との関係性とは、文字や数値の分析によるシンプルな因果関係として表現しきれるものではないためだ。それは、自らの身体を賭けて入り込み、その身体感覚を通じた全体的な考察により、はじめて迫ることができる。 (同)
 
サブタイトルにもなっている「エスノグラフィー」という社会学(および文化人類学・経営学等々の文系学問)の手法とは、
  1. 自ら研究対象としての現場に入り込み
  2. 自分だけの体験を獲得して
  3. 学界で蓄積された学術理論と、経験とを対話させる
もの。つまり、個人的経験という主観を、専門家たちの議論によって磨かれた学術理論によって、客観化するもの。これは僕の師であり、共著者である法政の田中研之輔准教授の考えに即してます。
 
読者のみなさまも、一問一答のような正解を探すのではなく、本書全体から感じられるものの中に、自分なりの、自分だけの解を探っていただければと思う。 (同)
 
情報社会の昨今、世間では、「一問一答」的な単純な情報が溢れておりますな。書店に並ぶ本も、こうすればこうなる、とインスタントな効果を強調するものが多い。そうでないと、出版社さんは企画を通せない現実もあるんだろうな。
 
でも、本当に大事なことが、そんな単純なインスタント情報から得られるはずがないと僕は思うのです。自分で感じ、考えた結果としての、自分なりの体験でなければ、大事なものは得られない。スポーツでいえば、十分に速くなることはできません。
 
するとそれは「哲学」へと行き着くだろうと。
 
本書は、読者それぞれにとっての哲学へと導くことを目的に、書いています。
 
・・・
 
先行予約サイトはこちら→ goo.gl/gX1u4F  (リンク切れ修正済)
9/13中の振込終了で、最速のお届けが可能となる予定です。
Amazon予約はこちら→

2017年9月 9日 (土)

【先行予約開始】 本だします。『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』1944円

ついに!!!本出します。
 
トライアスロンとは何か? を、社会学、哲学、キャリアデザイン学の視点から捉える学術書、というコテコテな位置づけですが、内容は、これまでブログ・Facebookで書いてきたことの延長線上にあり、当ブログをお読みの方々なら、おもしろく読んでもらえるはず。
 
延長線上で、その圧倒的に高くて遠いところへと、届かせました。
 
『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』 八田益之・田中研之輔著, ハーベスト社、9月下旬より一般書店で発売予定。
 
いち早くお届けするべく 先行予約サイト を用意しました。
価格は2244円(定価1944円税込+送料300円)。複数購入、海外発送等は個別にご相談ください。
 
【オリジナル特典】
  1. 9月14〜15日に直接送付(申込順)
  2. 著者八田への質問を優先回答(※全て回答するとは限りませんが努力します)
  3. 希望者には著者八田のサイン、文言リクエストも受付
【お手続き】
  1. 仮申込: リンク先より、メールアドレス、発送先を入力ください
  2. 連絡: サイト運営担当の八田益之G-mailより、代金お振込先等をメール連絡します (@gmail.com からのメールが迷惑メール扱いされないようご確認ください)
  3. 注文確定: ご入金により確定、9/14ー15頃(予定)より、順次ゆうメール等で発送します
【ご質問等】
八田益之Facebookよりメッセージください→ https://www.facebook.com/Masuyuki.HATTA
先行予約サイトはこちらです→ goo.gl/gX1u4F  (リンク切れ修正済)
 
・・・
 
Amazonでも予約可能です。共著者の社会学者、 田中准教授は、私が2012.04-2014.03まで学んだ法政大学大学院キャリアデザイン学研究科の師であり、ポップ音楽でいうところのプロデューサー的な役割です。椎名林檎と亀田誠治、ミスチルと小林武史、GLAYと佐久間正英的な。
 
田中准教授 にとっては<身体のエスノグラフィー3部作> の完結という位置づけでもあり:
  • 『ボディ&ソウル: ある社会学者のボクシング・エスノグラフィー』(2013) 〜田中准教授のバークレー校時代の師であり、世界的な大物社会学者によるボクシング体験の翻訳
  • 『都市に刻む軌跡: スケートボーダーのエスノグラフィー』(2016) 〜田中准教授自身の大学院生時代からのライフワーク
  • 本書(2017) 〜こんどは師匠の立場で、社会人大学院生の八田の論文を指導しての書
 
価格を比べると、本書の安さが際立ちますが、これは法政大学からの出版助成金をいただけたことによるもので、内容が薄いからではありません!たぶん!笑
 
詳しい内容は、追って、お伝えしていきます。

« 2017年5月 | トップページ

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ