« 2016リオ女子(いまさら)分析 〜五輪トライアスロン距離半減化 vol.2 | トップページ | 水の「重さ」を制御する 〜三浦クロール講座あと2プール+1ゼミ »

2016年11月20日 (日)

五輪トライアスロンは既にスプリント勝負 〜リオ男子バイク勝負の「140秒」を徹底分析

前2回からの続き。五輪トライアスロン距離半減化案は、やはり既にIOCの根回しも済み、あとはミックスリレーをどうすれば正式導入できるか? くらいの進捗感 (英文記事より)のようだ。ITU総会での決定待ちではあるが。

ただ、リオ男子を映像と記録からみてゆくと、既に「スプリント種目」になっている、と思った。この作業は単なるエクセルいじりではなくて、レースのスリリングさが伝わってきて、興奮した。

映像はこちらダイジェストのYoutubeが見やすい。「NHK見逃し」でフル中継  も見れる。

<記録の見方>

記録を順を追ってみていこう。順とは、ゴールから逆算するということだ。

まず注目するのは右端のゴール地点。メダル、入賞、と分類して色分け。

20161120_140542_2

バイク終了時点での第一集団10名に残ることがメダルの絶対条件。Joao Pereira/POR,  Richard Murray/RSAが第二から猛追したが、それぞれ7〜9秒だけ届かなかった。

そこでバイク終了時点で並べ替える。(画像は入賞圏内のモーラまで切り取ってみた〜バイク第二集団は19名、ここまでで29位)

20161120_141231

バイク開始(=Swim+T1)15位=18:18の銅スクーマンまでが、バイク終了時の第一に残れた最終ライン、同タイムのDodds/NZL以下は、まるごと第二に落ちている。この数字の雄弁さ&冷徹さ、ヤヴァすぎ。

20161120_141620

<五輪バイクはスプリント勝負>

動画で見ていこう。まず、バイクスタートは18:07ヴァルガから18:23まで16秒間の26名がひとかたまり。金さん銀さんご兄弟が仲良く18:14(6-7位)、銅スクーマン18:18(15-16位)、田山選手は23位に入っていてさすがだ。なおスイム第一集団は27名といえるが、その27位はバイクスタートで5秒という致命的な差を付けられ脱落している。

1分後(右下のタイム参照)のコーナーでは、第一集団は縦一列20名。この最後尾から3秒遅れでスタートしたモーラは後ろの集団にいると推測される。

B1

つまり、バイク最初の60秒間で6名がトーナメント敗退したということだ。

そして20秒の直線の後のコーナーを、20人目が1秒ほど遅れ始めており、彼はこの直線での1秒差によりトーナメント敗退したと思われる。スクーマンは16位通過。順位的には、彼がいわゆる「最終列車」ラインとなる。

Bike2

ヤヴァいのはここから。急坂に入り、待ってましたとブラウンリー兄弟が猛ダッシュ。50秒後の20:33-37にかけて15位までの集団が通過。金銀ご兄弟のバイクスタートから140秒ほど、ここまでに勝負のかなりな部分が決している。

B3

スクーマンはこの8〜12位集団の後ろに付けている。坂で順位を上げたわけだ。さらに2秒差で13-15位の3人集団が追うが、彼らはこの2秒差により、既に敗退している。(少なくともウェアからわかる二人、カナダとオーストラリア2人目は第二に落ちている)

以上はYoutubeダイジェストでも確認できる。フル動画みると、22分時点=スタートから3分半=では既に10名に絞られ、そのまま最後まで後続に差を広げていった。

バイクは40km、55分(平均時速44kmくらい?)だが、現実に勝負を決めたのは、スタートからの3分ほどだ。メダル争いの大きな部分もね。

(じゃバイク残りの50分以上は意味ないじゃん、半分に削ってOK、と思う一般TV視聴者がたくさんいても不思議ではない…)

<スクーマン危機一髪!>

スクーマンはスイムアップは17:25、金銀兄弟に次いで7位。ただトランジションに53秒=最速より8秒も余分にかけてしまったため、バイクスタートが15-16位に落ちてしまった。おそらくバイクスタート順を概ね崩さずに最初の急坂に入っていると思われる。

差がつきやすい急坂だが、前を塞がれることもありえるし、入った時の位置取りは無関係ではない。やはり前にいたほうが残りやすい。

16位から10位までジャンプアップできたのはかなりなグレートジョブで、これによりトランジットの失敗を取り戻すことができた。

この程度の「敗者復活」ならありえる。

逆にいえば、敗者復活は、この程度以上には、起こらない。

同様に、モーラは46秒の超速トランジションで猛追を狙うも、バイクスタートでの3秒差を追いつくことができなかった。ここに成功していたら、金銀兄弟は「銀胴兄弟」に降格した可能性もあるだろう。

<スイムの要件>

ふたたびタイムに戻ると、結局、スイムアップで先頭11秒差の15位(Kanute/USA)までしか、バイク第一に残ることはできなかった。

20161120_154012

上のタイムで、1つの注目はバイク20位スタートのRyan Bailie/AUS。急坂前の第一にはいたと思われるが、第二に落ち、バイク終了前に小アタックして9秒リードした3名の一人。つまりバイク力は本来は高いはず。それでも落ちてしまうのが、集団最後尾のデメリットなのかもしれない。

つまり、スイムは先頭集団ならOKなのでもなくて、その中での位置取りも大事になる。こちら5分30秒頃、第一ブイ手前の先頭集団。

Swim1b

仮にこのままゴールしたと仮定してだが(実際、そんなに大きな変動は無いような気がする)

  1. 上位3名のスイム・スペシャリストは、このまま最後まで固定して引き続け
  2. その後ろにメダル組=バイク第一に残れた10名ほどのグループ
  3. 直後に、あと一歩で逃したグループ(ほぼ全滅かと思われる)
  4. ついてるけど、まったくかからなかったグループ(左上)

と分かれるわけだ。

 
この差はどう着くのか? 何があれば上記2.のグループに入れるのか?と考えれば、答えは明らかだよね。
 

<まとめ>

五輪トライアスロン、特に男子は、既に「スプリント動作」の勝負。急坂というリオ特有要因もあるけど、この戦法の有効性が明らかになった以上、この展開は何度と見ることになるだろう。

もはや、「耐久スポーツ」として見ると、間違うことが多いのではないだろうか?

« 2016リオ女子(いまさら)分析 〜五輪トライアスロン距離半減化 vol.2 | トップページ | 水の「重さ」を制御する 〜三浦クロール講座あと2プール+1ゼミ »

◆ ** レース分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016リオ女子(いまさら)分析 〜五輪トライアスロン距離半減化 vol.2 | トップページ | 水の「重さ」を制御する 〜三浦クロール講座あと2プール+1ゼミ »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ