« 「ケージにテープを巻く」というボトル落下対策 | トップページ | トライアスリートのバイク練習環境の作り方 〜固定ローラー最強説 »

2016年10月 8日 (土)

量と質の関係:序論 〜「ポストシーズンの魔法」に向けて

いわゆるスポーツ界の「オフシーズン」は、英語では "post-season" と言う。Offとは本当に練習しないことで、勝負レース後の2週〜2ヶ月で身体にエネルギー(脂肪ふくむ)を充填する専用の期間。その後、自分に足りない要素を時間をかけてじっくりと育てるのが、ポストシーズンだ。ここでの過ごし方は、魔法も起こす。

そのための考え方、これから少し紹介していきたい。

先月からFacebookで、質重視トレーニングの考え方について連載しているのもそう。この2016.9.19投稿→ 【トレーニングの量と質の関係】 が最初で、いろいろ質問など答えているうちに、きちんと説明する必要あるな、と書いてみたものだ。そのコメントなどにまとめて返答しようと書いて、そのまた、、と結果的に連載化していたパターン。

「質」というと、スピードとか、高強度とか、イメージされる方が目立つ気がする。実際はそんな単純なものではなく、本数冊ぶんくらいの情報量は理解すべきだろう。かといって、この1冊、という決定版も知らないし、そもそも絶対的な教科書なんて存在しないと思う。だからここで書くのも、あくまでも僕の経験と理解の範囲内に留まるもの。1つのヒントになればと思う。

・・・

はじめに定義: ここで「質」とは、「"練習距離"以外の全て」としておく。(本来は"練習距離"は無数に存在する変数の1つに過ぎないのだけど、どうも過剰に評価されている状況を感じるので、ことさらに取り上げてみる)

すると、「量と質の関係」とは「"距離"と"距離以外の要素"との関係」に単純化して理解できる。このイメージだ:

20161008_160310_3

量偏重トレーニングは、下側の流れをたどる。

  1. 初期は、練習距離を伸ばすほど速くなる。つまりトレーニングの量と質は一致 (ここで「量が質を作る」という「成功体験」を誰もが得るだろう)
  2. この「量的成長」には限界があり、いずれ伸び悩む。化学的には「飽和点」に近づき、ミクロ経済学でいえば「限界効用逓減の法則」が作用する
  3. ここで、過去の成功体験を強化すると、幾らかの成果は得られるだろう
  4. しかし量(とくにラン、とりわけ舗装路の)は、故障リスク・健康リスクを高める
  5. ただし、豊富な練習量の中で技術進化ができていれば再成長が可能

ここでポイントは、2〜3での意識の切り替えだ。「量が質を作る」という成功体験は、「距離に逃げる」という状況を作りやすい。技術進歩はそこから脱却するカギなのだが、慢性疲労があると、その兆しに対する感度を鈍らせる。もちろん故障・病気のリスクも上げる。

そのリスクが顕在化すれば、やりたくてもできないわけで、ゼロ以下だ。
しかし、そうゆう「量依存」への強い誘惑は、現実にそこかしこにあふれている。

質への転換とは、
  • 2' 量的効果の伸び悩みの兆しを捉えて、「距離以外の要素」への探索を始め
  • 「新たな成功体験」を得て
  • 3' そこで得た新技術を、量的効果によって向上させる
という図の上側の流れだ。
新たな技術を得ることができれば、それを伸ばすための「初期の量的効果」が働く。上図のフェーズ1を、より上位ステージから開始できるから。
 
以上のことは、量と質を逆転させてもほぼ同じだ。例えば、スピード系の練習ばかりしてた人が、量を増やすことで、再成長できる、というケース。ただし現実にはあまりいないだけで。
 
※強調しておくと、量には量の効果がある。
問題は、量に偏重することにより、「量の正しい効果」を引き出せないケースだ。
 
・・・
 
では具体的に、どう考えるのか?何をするのか?という話は、時間の許す範囲で当ブログにも書いていきたいのですが、手が回ってないのもあり、読者のみなさんには3つの方法があります。
  1. 八田のFacebookのフォロー
  2. 1万7000字にわたり、僕の考えを書いた地域情報誌「渥美半島の風」のご購読
  3. 練習会の参加
 
1.Facebook
→ www.facebook.com/Masuyuki.HATTA は、日頃の気付きのメモ帳的に、まめに更新しています。なお全記事公開しているので、友達申請は不要です(リアルでお会いしたことがなく友達設定ご希望の方は、メッセージで自己紹介ください)
 
 
2.「渥美半島の風」
おかげさまで増刷かかりました! こちら販売サイトから購入いただけます。
 

https://spike.cc/shop/user_3986276548/products/LUaWObSx

 
読者さん感想は、例えばこのブログなどご参照  
八田哲学に触れよ!「渥美半島の風」面白い!!!  (人気ブログ「オカン、アスリート始めました」より)
 
 
(3.練習会情報 開催する場合、Facebookに告知を集約しております)

    « 「ケージにテープを巻く」というボトル落下対策 | トップページ | トライアスリートのバイク練習環境の作り方 〜固定ローラー最強説 »

    '16- 「要素分解」トレーニング法」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    « 「ケージにテープを巻く」というボトル落下対策 | トップページ | トライアスリートのバイク練習環境の作り方 〜固定ローラー最強説 »

    フォト

    全て公開設定

    おかいもの

    Blogランキング

    無料ブログはココログ