« 体幹パワークロール講座ver1の成功 | トップページ | 2016三大構想その1: 40代から世界で戦う方法論 »

2015年12月16日 (水)

「体幹を使う」ためには「末端を動かさない」 〜蓋の開け方とクロールの共通点

おちゃらけニュースサイト「デイリーポータル」に「固い蓋を開けるコツを発見した」との記事。先週主催した「体幹パワーを活かすクロール」受講者さんが、同じだーとFacebookで紹介していた。 

「手首は「動かさない」事にだけ集中する。決して手首で開けようとしてはいけない。で、手首を固定したまま肘を曲げて瓶を体に引き寄せる。と、開く。」

そう、ここにも「体幹パワー」。

フタを握った手首は動かず、ビンを体幹側に引き寄せる。つまり、手=末端ではなく体幹=中心に意識をシフトさせれば、自ずとフタは開くのだ。

同様に、水を掴んだ腕も動かさない。固い蓋の開け方も速いクロールも、動作原理は同じなのだ。でもこれはまるで"コカインの入ったコーラ"のように不思議な存在だと思うので、しつこく書いておこう。 ス ト ロ ー ク す る 腕 は 動 か し て は い け な い 。

もちろんこれは「意識」のうえでの話。客観的には、たしかに腕は動いている。しかし、意識をどう置くかで、同じ蓋が開いたり開かなかったりするし、同じ身体能力のスイマーが速かったり遅かったりするのだ。

より一般化していえば、「体幹を使う」のではなく「末端を動かさない」ということ。「体幹を」使おう、という意識では普通、「体幹も」使う、と変換される(ある意味では常識的なことだ)。昔のクセも身体に染み付いている。すると「末端も」動かしてしまい、以前とたいして変わらない。

そうして劇的な変化を感じられないまま、練習スピードを上げていこうとすると、昔の慣れた動作の方がパフォーマンスは高いわけで、結局、元に戻ってしまうものだ。

このことは、BikeやRunでも同じ。

Runでは、蹴り足は蹴ってはいけない。蹴り脚は固定し、振り上げ脚を前に出すことで、重力を味方に走ることができる。

以前流行ったランニングの「フォアフット論争」の無意味さもこれで説明される。ケニア選手は、最も体幹を活かして走った時に、結果としてつま先=フォアフットが先に接地するというだけの話。

マラソンの名ランナー中山竹通さんは意識してフォアフット化していたけど、その際には、そうすることで体幹パワーを引き出せるだろう、という身体感覚が具体的にあったはずだと思う。フォアフットなんで言葉もなかった30年以上前に、自分で考えての話ね!

自転車のペダリングもそう。以前どこかで紹介したチーターの走り方もそう。

つまり、この体幹駆動のパワーは、トライアスロン3種目に限らない、地球の動物の共通原理。

僕は、まず水泳から順に説明してゆく。近いうちに詳細を発表します。

 

<スマホ防水シール登場>
知人の開発したiPhone5〜6用の防水シール売れてるようだ。ありがちなコーヒーこぼしで数万パーな悲劇を千円ほどで防げる。開発ストーリーもおもしろい→ http://miyako-sj.com/開発ストーリー/  

<ウェアもウェットも半額以下>
「uスーツ」は生地の耐久性が高く、ウェット前提にBike-Runパフォーマンスに絞ったユーティリティー高い一品。高価なウェットスーツも半額以下。サイズがあえば大チャンス。ただしこのショップはすぐに値上げするので注意。
 
「じゃいつ買うのか? いm・・・

« 体幹パワークロール講座ver1の成功 | トップページ | 2016三大構想その1: 40代から世界で戦う方法論 »

◆***耐久スポーツの理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体幹パワークロール講座ver1の成功 | トップページ | 2016三大構想その1: 40代から世界で戦う方法論 »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ