« NHK「アスリートの魂〜佐藤優香」 Bikeの描き方には大きな問題がある | トップページ | 宮澤崇史さん講演 「日本人が世界で戦う術」 »

2015年11月 3日 (火)

ハロウィンと耐久スポーツ、急成長の共通性

<ハロウィン急成長の理由>

去年、今年と大ブレイクした感のあるハロウィン仮装、「ハロウィンから一晩あけた日の考察」 が納得の考察をしている。(BLOGOS, 森口朗, 2015.11.01)

国内では少数派の宗教のお祭りが、日本社会にするっと普及してる点につき、

換骨奪胎して意味なんか考えずに受け入れる。これが極めて日本的です。
 
宗教そのものを意識せず、宗教行事の空気感だけを味わう。これが多数派日本人のあり方なのです。
正月の厳かさ、縁日や神輿が出る祭の盛り上がり、クリスマスの「聖夜っぽさ」。それぞれ空気感だけを味わう。そして、今そこにハロウィンの「バカ騒ぎ」が加わろうとしている。まさに日本的ではありませんか。
 
と的確に解説しつつ、
 
ハロウィン以外の全ての祭が、実は「会員制パーティー」と化している
 
どんな人でも、日常とかけ離れた時を楽しみたい。そのためには、全ての人を受け入れる空間や時間が必要です。ハロウィンの盛り上がりは、「富」「社会的地位」「家族」「恋人」等々の価値あるものを何も持たない人が楽しむ空間と時間が、現在の日本にいかに少ないかを象徴しているようにも思います。
 
と、流行の深層をえぐる。
なるほど。ハロウィンの流行について、最も的確に解説していると思う。
 
<耐久スポーツとの共通点>
 
僕なりにつけ加えたい。
ハロウィンの、お正月やクリスマスには無い独自性とは、「自分が主役になれる」という、「参加型イベント」である点にあると思う。
 
その点で、マラソン・自転車・トライアスロンなどの耐久スポーツの流行と共通する。
 
同じスポーツでも、野球やゴルフやテニスでは、見るのには向いているけど、「大勢で参加できるお祭り」にならないし、参加する全員が主役にもなれない。
 
ただし、耐久スポーツでは、日常的な努力の継続という条件が加わるため、「誰もがすぐに参加できる」わけではない。参入障壁が高いのだ。
これは、「会員制」に似ているともいえそうだけど、「会員制」が「自分と同じ程度にリア充な仲間」が前提になっているのだろうけど、耐久スポーツは自分との戦い。自分の「意思と時間」との戦いかな。少なくともランニングなら、シューズ1つで走りだせばいい。
 
この日常的努力という要素がゆえに、一過性のお祭りに終わらないのが、耐久スポーツだ。
あらゆるスポーツは、真剣に上達しようと思えば、日常の中にトレーニングを組み込む必要がある。それは苦しい努力という一面もあるわけで、そのイメージが一般には強いのだろう。
 
でも同時に、レースというお祭りの延長が、日常の中に埋め込まれる、ということでもある。この「効力の長さ」の差も、ハロウィンとの大きな違い。
 
ただ、耐久スポーツ系の大会は、お祭りではあるのだけど、基本は「個」であり、そのまんまでは「パーティー」とはならない。
 
もちろんチームに入ってれば、チームの中でパーティーできる。でもそれだと「会員制のお祭り」そのまんまだ。すると、僕のように常に単騎参戦する者は、孤独なパーティー、てことになってしまう。
 
実際、僕も初期は、一匹狼気分で参戦してたし、その感覚を楽しんでもいた。(当時の湘南ワタナベレーシングという、支え的な存在は大きかったけれど)
 
ただ、レースを重ねるにつれて、仮想チーム的なものが、少しづつ膨らんでいった。
それは、レース会場でお喋りした相手であり(2戦目から表彰台に乗り続けることができたので、表彰式では必ず誰かと話すことができた)、毎回こってり書いたレースレポートの読者であり、それらを含めたFacebookの繋がりであり。
 
そうして、僕にとっての孤独なレースは、大きく拡がったパーティーへと、膨らんできた。きっと今この瞬間もそう。この記事で始めて僕のブログを読んだ、という方は何人もいるだろうし。
 
つまり、個人的行為をパーティー化させるのは自分次第だが、ネットはそのための有効な手段だ。
 
<まとめ>
 
このように、国民的お祭りを対比させると、
  • お正月やクリスマス: 閉鎖的なパーティー
  • ハロウィン: 誰もが「自分が主役になれる」お祭り、ただし一過性
社会人スポーツでは、
  • 野球やゴルフ: 開かれた、ただし、見るだけ (主役になれるのはごく少数)
  • 耐久スポーツ: 誰もが「自分が主役になれる」、しかも、継続的に。ただし、日常的な努力を継続できる限りにおいて。パーティーになるかは、自分次第
そして、ハロウィンと耐久スポーツが共に急成長している理由の共通点とは、みんな自分が主役になりたいってこと。
 
一方で、そうゆうのを冷笑する人達も、確実にいる。
 
どっちに回るかは、自分で決めればいい。
これは、経済的先進諸国に共通する大きな流れの一部とも考えられる(社会学でいう後期近代における再帰的プロジェクト)。であるとすれば、ハロウィン自体がどうなろうとも、「ハロウィンぽいもの」の拡大は続くと思う。
 
・・・
 
僕はというと、被ったり塗ったりしなくてもハロウィンできるかな?との問題意識のもと、Facebookプロフィール写真でささやかに参加。
12132553_933807813361054_21872549072007pw010_2
先月からのシカゴ2015Run写真を、週末、2007年オフィス撮影のものに切り替えたら、よもややの反響。笑
 
Facebookでの友達+フォロワーは只今1,700名ほど、圧倒的にトライアスロンなど耐久系アスリートが多く、ふだん書いてるのもそんな話ばかり。そんな中で、世間的には普通の写真を上げると、仮装として成立するという。。
 
人のイメージっておもしろい。
 

★★ おしらせ ★★

フランス的な細かなデザインセンスが光る高性能ウェアZ3R0D=ゼロディ、ただいま「oスーツ」で「JPNロゴ入りの名前入れ」がなんと1円。代表選手ぽくてかっこいいし、レースで名前で応援されやすく、キツいRunパートでの素晴らしいモチベーションとなります。

バイクは己の野生を信じよう。お勉強するなら本より映像かな

« NHK「アスリートの魂〜佐藤優香」 Bikeの描き方には大きな問題がある | トップページ | 宮澤崇史さん講演 「日本人が世界で戦う術」 »

◆ *トライアスロンを考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK「アスリートの魂〜佐藤優香」 Bikeの描き方には大きな問題がある | トップページ | 宮澤崇史さん講演 「日本人が世界で戦う術」 »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ