« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の2件の記事

2015年11月22日 (日)

宮澤崇史さん講演 「日本人が世界で戦う術」

<日本のトライアスロン・スイムを底上げしよう>

11/15夜のオリンピアン三浦広司コーチの「体幹クロール講座」 は、座学に最も向かないであろう水泳の、しかも初回としては、集客も反応も上々。12月の2回めも発表直後にキャンセル待ち。その先を準備中。

この対応もあり、しばらく情報発信をFacebookに集約している。今、トライアスリートの間のコミュニケーションは、Facebook内部での「閉じた相互コミュニケーション」が主流になっているように思う。そこで、独自価値のある情報を提供できている限り、マスメディア抜きにでも、ある程度の発信は可能だ。

さらに、Facebookのイベント主催機能はなかなか優れている。これは実名制SNSならではで、参加希望者がどうゆう方かわかるのは大きい。欠席者も必ずメッセージを頂け、無言ドタキャンがゼロ。今回のような実験的な試みをSNS内でほぼ完結できるのはとても便利だ。

3回目は年明け以降。Facebook内の募集だけで満席になる可能性は高いので、興味ある方は、八田のFacebookをフォローしといてください。

・・・

翌11/16夜は、「プロアスリートと欧州のエコノミストに学ぶ日本人が世界で戦う術」なるサクソバンクFX証券のセミナーへ。会場は青山通りと外苑銀杏並木の交点、華やか。東京駅から6kmバタバタ走って移動。

皇居の玉砂利エリアでウォーキングしてから、と入ると、ちょうど天皇陛下がお帰りになる直前で止められた。せっかくなので見学エリアに移動し、ほか6名の通りすがりの見学者と共に待つと、アンテナを幾つも立てた黒マークXに挟まれ、あの黒塗りクルマが登場。夕暮れの中、室内を明るくされて、鮮明に陛下の笑顔を見ることができる。こんな7名だけの野次馬にまで手を振られて。感激。

皇居〜国会議事堂〜246と走り、Tシャツ短パン汗まみれという場違いな登場をキメる。(で着替える)

12219617_555625287919790_66271720_4 (写真:浅海健太さんFacebookより)

<宮澤崇史さん講演:海外で生き残るということ>

高卒後すぐイタリアに渡った宮澤さんは、空港で待ち合わせてチームに連れてかれ、以後は日本からの連絡なく半年間放置されたと。世界で戦うとは、一面でそうゆうことだ。

自転車ロードレースは「個人を勝たせるチーム競技」なので、コミュニケーション=語学力+関係構築力が重要。

語学について、周りはイタリア語しか使わず、全然わからないとこからのスタート。競技と生活の合間に勉強し続けるほかなく、自転車の練習中に知らない言葉が出てきたらイタリア語の辞書をハンドル上でめくったりしてたそうだ。

その上での関係構築は 、「まずチームの、お山の大将に話しかけて、仲良くなること」から人間関係を作っていったと。すると周りの扱いも変わる。サバイバル能力高い。

外国語がわかるようになるのは、ある日突然すーっと入ってくるようになるわけではなく、幾つか聞き取れる言葉を繋いで、その場の雰囲気とあわせて、想像し続けることが大事、とも。この食らいつく姿勢はすごく大事なことで、英語苦手、という方は、この曖昧領域に耐えられない、という面があるかもしれない。

僕も最近、高校受験を控えた知人のお子さんの英語テストを見直して、思った。公立高レベルの英語は、英文解釈がテキトーでも、「似たシチュエーションでの、日本人同士の会話」に置き換えてイメージさえできれば、テストで8割以上を正答できる。でも、英語苦手という意識があると、2-3行目に「あーわからないもうダメ!」と思考停止しがちだ。ただその子は実際には、「日本人同士の会話」をイメージできるレベルでの英文読解力はあった。もったいない。そうゆう状況下でも上位3割くらいにはねじ込める受験テクニックはあり、それを教えたら、たちどころに理解してくれた。

その数十分間の変わりようを見ながら、同じような罠にハマっている日本人はかなり多いんだろうな、とも。

11114320_986958801364836_7284163129 (写真:宮澤崇史さんFacebookより)

<欧州の日本人自転車選手というキャリア戦略>

ヨーロッパではもともと競技レベルが高い上に、フランスのチームなら当然フランス人選手を優遇するので、日本人が選手キャリアを続けるのは難易度がかなり高い。

この成功要因を宮澤さんは、「1つのピースとしての自分」が、「チームにとって必要なピースであること、ただし大きなピースである必要はない」と説明される。自分だけの強みを明確化し、そこに徹底集中する、ということだ。あれもこれでも中途半端にできます、という選手は、すぐに契約を切られてしまう。

講演の質問タイムで訊いてみた。「生き残れた日本人選手と、そうでなかった選手との違いは何ですか?」と。すると踏み込んだ回答をいただく。

10年後なりたい自分の姿を明確にしておくことだと。そこから逆算して、5年後、3年後、1年後、1ヶ月後、、、とやるべきことが決まる。この時間軸がズレるのは一向にかまわない。でも、なりたい姿からブレたらダメ、そこだけは絶対にこだわり抜かなければならない。

また、最近の若い選手は、すぐに「幾ら貰えるんですか?」と気にすると。でも実際、条件を考える事ができる立場にいるのは上位数%で、それ以外は、相手(チームとスポンサー)が望むことを徹底的にやりきるという以外に、選択肢はない、とも。

つまり、自分の将来という軸、相手の期待という軸、いずれも徹底実行する、という当たり前ができるかどうか。

海外進出も視野に入れる若手アスリートからの質問では、さらに熱を込めて、ずばっと切り込んでくる。メモしてないのであやふやだけど、たしか、こんな感じ。

「一番伸びる時期に、日本にいることのメリットとデメリットは見えている? 

現地に居続けることで、始めて蓄積できるものがある。日本にいて、それと同じレベルのことができる?

日本にいれば(休学等を抜きに)大学を卒業できる、親もそう期待するだろう、でもそれは親が「本当に望んでいること」だと言い切れるか?

みんな、自分は違います日本でもできます、と言いながら、何も出来ずに終わってゆく。もちろんキミがその例外となる可能性はあるだろう。でもぼんやりとした期待でなんとなく考えちゃダメだ」

一般向けの(しかも金融業主催の)講演→ その枠内での一般人の質問(=私)→ 懇親会での将来を賭けた立場からの質問、と、場が深まるほどに、やりとりも深くなる。スリリングな過程。まじかで接することができるのは、なかなか無い。

<レールの上の速度競争ではない世界>

日本国内の人気スポーツの多くは、「レールが敷かれた世界」だ。レールの上でより速い者から順にキャリアが用意される。(ただし現役アスリートである間に限る)。一方で、海外自転車プロ選手というキャリアにはそれがなく、戦略から実行まで、自分で考え決めてやりきる、ということが重要になる。

そして、日本国内でも、そんな世界がこれから増えてゆくはず。その最前線を18年間にわたり体験したのが宮澤さんだ。そのキャリア論は熱く尖っていて、日本の高校・大学生世代にも、ぜひ伝わってほしいと思う。

 

<世界経済の行方は?>

宮澤さんとご飯との合間の、いや、、、メインイベントであるスティーン・ヤコブセン氏のマクロ経済分析は、パンチが効いててかなりおもしろい。やはり経済の王道とは、

教育→ 国民のIQ向上→ (女性参加度up ※必要な国の場合) →生産性向上→ 通貨価値向上

という流れだと確認できた。ほぼ同趣旨の概要はロイターのインタビューで読める。アベノミクス的なものは、短期的にはイージーマネーを動かすことはできるけど、長期では上記のシナリオが勝つだろう。

「世界経済がドル建ての(実物による裏付けのない)債務により膨れ上がるが、資産価値が上がってるわけでもなく、資本コストも既に上昇中、さらに上がる。

そんな中でのドル高は米国外での債務を増大させ、世界経済の巨大なマイナス要因。

1年後には2-3割の調整が入るべきだ。さもなくば不況突入。IQの高い国の生産的な会社なら生き残れる。」

というシンプルなストーリー。実際どうなるかは誰にもわからないのが金融マーケットだが(中でもSAXOBANKは大胆予測で有名)、骨太なストーリーを幾つか理解しておくことは大事だ。

最後のアドバイスはチャーチルの言葉、"If you are going through hell, keep going." 投資家にとっては修羅場が始まるかもしれない。そんな時には、戦い続けるしかない。怖がってすくんだら負け。なかなかシビアな認識だ。

 

文字で読むのと、生で見て聞いて伝わるものには、大きな違いがあるものだ。適切な話者によるものである限りは。そう感じることができたのは、良いセミナーだったてことだ。

・・・

 

★★ おしらせ ★★

フランス的な細かなデザインセンスが光る高性能ウェアZ3R0D=ゼロディ、ただいま「oスーツ」で「JPNロゴ入りの名前入れ」がなんと1円。代表選手ぽくてかっこいいし、レースで名前で応援されやすく、キツいRunパートでの素晴らしいモチベーションとなります。

2015年11月 3日 (火)

ハロウィンと耐久スポーツ、急成長の共通性

<ハロウィン急成長の理由>

去年、今年と大ブレイクした感のあるハロウィン仮装、「ハロウィンから一晩あけた日の考察」 が納得の考察をしている。(BLOGOS, 森口朗, 2015.11.01)

国内では少数派の宗教のお祭りが、日本社会にするっと普及してる点につき、

換骨奪胎して意味なんか考えずに受け入れる。これが極めて日本的です。
 
宗教そのものを意識せず、宗教行事の空気感だけを味わう。これが多数派日本人のあり方なのです。
正月の厳かさ、縁日や神輿が出る祭の盛り上がり、クリスマスの「聖夜っぽさ」。それぞれ空気感だけを味わう。そして、今そこにハロウィンの「バカ騒ぎ」が加わろうとしている。まさに日本的ではありませんか。
 
と的確に解説しつつ、
 
ハロウィン以外の全ての祭が、実は「会員制パーティー」と化している
 
どんな人でも、日常とかけ離れた時を楽しみたい。そのためには、全ての人を受け入れる空間や時間が必要です。ハロウィンの盛り上がりは、「富」「社会的地位」「家族」「恋人」等々の価値あるものを何も持たない人が楽しむ空間と時間が、現在の日本にいかに少ないかを象徴しているようにも思います。
 
と、流行の深層をえぐる。
なるほど。ハロウィンの流行について、最も的確に解説していると思う。
 
<耐久スポーツとの共通点>
 
僕なりにつけ加えたい。
ハロウィンの、お正月やクリスマスには無い独自性とは、「自分が主役になれる」という、「参加型イベント」である点にあると思う。
 
その点で、マラソン・自転車・トライアスロンなどの耐久スポーツの流行と共通する。
 
同じスポーツでも、野球やゴルフやテニスでは、見るのには向いているけど、「大勢で参加できるお祭り」にならないし、参加する全員が主役にもなれない。
 
ただし、耐久スポーツでは、日常的な努力の継続という条件が加わるため、「誰もがすぐに参加できる」わけではない。参入障壁が高いのだ。
これは、「会員制」に似ているともいえそうだけど、「会員制」が「自分と同じ程度にリア充な仲間」が前提になっているのだろうけど、耐久スポーツは自分との戦い。自分の「意思と時間」との戦いかな。少なくともランニングなら、シューズ1つで走りだせばいい。
 
この日常的努力という要素がゆえに、一過性のお祭りに終わらないのが、耐久スポーツだ。
あらゆるスポーツは、真剣に上達しようと思えば、日常の中にトレーニングを組み込む必要がある。それは苦しい努力という一面もあるわけで、そのイメージが一般には強いのだろう。
 
でも同時に、レースというお祭りの延長が、日常の中に埋め込まれる、ということでもある。この「効力の長さ」の差も、ハロウィンとの大きな違い。
 
ただ、耐久スポーツ系の大会は、お祭りではあるのだけど、基本は「個」であり、そのまんまでは「パーティー」とはならない。
 
もちろんチームに入ってれば、チームの中でパーティーできる。でもそれだと「会員制のお祭り」そのまんまだ。すると、僕のように常に単騎参戦する者は、孤独なパーティー、てことになってしまう。
 
実際、僕も初期は、一匹狼気分で参戦してたし、その感覚を楽しんでもいた。(当時の湘南ワタナベレーシングという、支え的な存在は大きかったけれど)
 
ただ、レースを重ねるにつれて、仮想チーム的なものが、少しづつ膨らんでいった。
それは、レース会場でお喋りした相手であり(2戦目から表彰台に乗り続けることができたので、表彰式では必ず誰かと話すことができた)、毎回こってり書いたレースレポートの読者であり、それらを含めたFacebookの繋がりであり。
 
そうして、僕にとっての孤独なレースは、大きく拡がったパーティーへと、膨らんできた。きっと今この瞬間もそう。この記事で始めて僕のブログを読んだ、という方は何人もいるだろうし。
 
つまり、個人的行為をパーティー化させるのは自分次第だが、ネットはそのための有効な手段だ。
 
<まとめ>
 
このように、国民的お祭りを対比させると、
  • お正月やクリスマス: 閉鎖的なパーティー
  • ハロウィン: 誰もが「自分が主役になれる」お祭り、ただし一過性
社会人スポーツでは、
  • 野球やゴルフ: 開かれた、ただし、見るだけ (主役になれるのはごく少数)
  • 耐久スポーツ: 誰もが「自分が主役になれる」、しかも、継続的に。ただし、日常的な努力を継続できる限りにおいて。パーティーになるかは、自分次第
そして、ハロウィンと耐久スポーツが共に急成長している理由の共通点とは、みんな自分が主役になりたいってこと。
 
一方で、そうゆうのを冷笑する人達も、確実にいる。
 
どっちに回るかは、自分で決めればいい。
これは、経済的先進諸国に共通する大きな流れの一部とも考えられる(社会学でいう後期近代における再帰的プロジェクト)。であるとすれば、ハロウィン自体がどうなろうとも、「ハロウィンぽいもの」の拡大は続くと思う。
 
・・・
 
僕はというと、被ったり塗ったりしなくてもハロウィンできるかな?との問題意識のもと、Facebookプロフィール写真でささやかに参加。
12132553_933807813361054_21872549072007pw010_2
先月からのシカゴ2015Run写真を、週末、2007年オフィス撮影のものに切り替えたら、よもややの反響。笑
 
Facebookでの友達+フォロワーは只今1,700名ほど、圧倒的にトライアスロンなど耐久系アスリートが多く、ふだん書いてるのもそんな話ばかり。そんな中で、世間的には普通の写真を上げると、仮装として成立するという。。
 
人のイメージっておもしろい。
 

★★ おしらせ ★★

フランス的な細かなデザインセンスが光る高性能ウェアZ3R0D=ゼロディ、ただいま「oスーツ」で「JPNロゴ入りの名前入れ」がなんと1円。代表選手ぽくてかっこいいし、レースで名前で応援されやすく、キツいRunパートでの素晴らしいモチベーションとなります。

バイクは己の野生を信じよう。お勉強するなら本より映像かな

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ