« ITU世界選手権Chicago2015 Day1国内編 〜準備と移動 | トップページ | ITU世界選手権Chicago2015結果:世界Top10が見えたと思う (で何位だったの?? 笑 »

2015年9月18日 (金)

ITU世界選手権Chicago2015Day1シカゴ編 〜ミシガン湖とパレードと

現地朝9時(日本23時)シカゴ着陸。夜更かしであり、新たな1日の始まりであり。
 
日本チーム初らしい貸切バスでホテルへ入り、自転車ほか荷物を別室にチェックインまで預ける。天井がタイル貼りされた見事なロビーで日本チームへ説明後、テキトーに自由行動で散歩、合間にサンドイッチ食べ、行動食としてナッツ類の缶と期限切れ前のシリアルバーを6ドルほどで買う。
15時からチェックイン。のはずが、ホテルの混雑で部屋によっては遅れて、僕は16時頃。でも本来は7万円追加する一人部屋(=ダブルベッド)が割り当てられてトータルでオトクである。ツイン予約が多くダブル部屋が余ったんだろう。おかげでベッドも無駄に広い。
Img_3025b
シカゴは、東京丸の内と横浜港をあわせた雰囲気。しかし1つ1つのサイズが圧倒的に巨大。そしてアートだ。写真はエキスポ会場で、いろんなブースが出展されている。KONAのように主要メーカーが最先端製品を誇示する戦闘的雰囲気はなく、平和だ。
 
会場での試泳は16-16:30と聞いていて、5分だけでも、と慌てて用意して走る。実際には16:00-17:30で十分に泳げた。
 
ミシガン湖は前回の写真の通り、普通に海だ。小さな波も潮流もある。水質は意外と綺麗で、透明感では天草・村上・伊良湖級。日本だと山が近いため緑が入るが、こちらは古い大平原を流れるため、淡い青色だ。この点では宮古にも近い。暑いくらいの天気と冷たい湖水の対比が気持ち良い。
 
ウェットスーツは、大手メーカーの既成品が主流。日本のようなセパレートは全く見ず、また生地の雰囲気が新しい。さすがに世界選手権、Z3R0D・ROKA・HUUBなど日本では少ない最先端最高級のウェットスーツもいっぱい。そうゆう僕もZ3R0DのVFLEXで周りのガイジンをブチ抜きまくるが、偶然まわりが遅い人ばっかり説もあった。
Img_3030Img_3032
夕方は国別パレード。
ITUは五輪主催団体なので、国ごとの組織性が強い。オリンピックを狙う選手と同じイベントに参加することもあるだろう。パレード参加は選手団が多い主要国中心で、アメリカは当然、イギリスとメキシコが目立つ。JAPANの前のJAMAICAは女性1名、ボルト選手でお馴染みの色のジャージ。
 
各国とも、それぞれのコダワリが感じられるデザインのウェアを揃えて、「自国代表」としての意識を高めている。日本チームにも「デザイン戦略」の余地は大きい。あとで話してみよう。
 
メキシコは来年カリブ海のカンクン・ビーチでのグランド・ファイナル開催を控えているもあって熱心で人数多い。そして陽気。プロレスの覆面をかぶれば民族衣装になるという稀有な国である。でも日本にも相撲がある。日本人はやっぱり浴衣!
 
KONAの国別とはまた別の雰囲気かな。この話はまた帰国後にでも。
Img_3040_2
中華のテイクアウト8.5ドルを買って夕食。大会会場の雰囲気は横浜大会に似ていて、シカゴの大きさは圧倒的だけど、横浜が勝てるので唯一おもいつくのはご飯だ。中華街みたいなのが手軽に安く食べれるのはシカゴの中心地でありえん。中華街にでも行けば別だろうけど。
 
ブログ書いてたら、突然谷底に突き落とさるかのような眠気。長い一日の終わり。「3時間昼寝したあと徹夜して15分うたた寝してまた動きまわった1日34時間」が、ようやく終わる。

« ITU世界選手権Chicago2015 Day1国内編 〜準備と移動 | トップページ | ITU世界選手権Chicago2015結果:世界Top10が見えたと思う (で何位だったの?? 笑 »

'15- ITU世界選手権Chicago」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ITU世界選手権Chicago2015 Day1国内編 〜準備と移動 | トップページ | ITU世界選手権Chicago2015結果:世界Top10が見えたと思う (で何位だったの?? 笑 »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ