« ITU世界選手権Chicago2日目 〜U23小林大哲選手、湖岸サイクリングロード、雷雨接近 | トップページ | ITU世界選手権Chicago4日目①スタート前 〜当日準備はトラブル続出 »

2015年9月24日 (木)

ITU世界選手権Chicago3日目 〜目の前のジョーゲンセン、変速不良、前日準備

<9/18金>
朝、部屋の窓から。米軍レーダーの予測通りとはいえ、実際に好天を目にすると嬉しい。でも安心できない予報が続く。

シカゴ名物の建築群は新旧入り混じり、1つ1つに個性が強く、サイズが大きい。でも全体では調和されている。
Img_3074_2

朝食は$20だが、税金とチップで値札より3割高くなるのがアメリカ(ファストフード除く)。僕の山盛り3−4皿分はBMWさまがお支払い済なので安心だ。

ウェーターさんが料理を説明するに、「プロテイン、プロテイン、プロテイン…(続く)、グルコース、ソースウィート(=砂糖たっぷりの菓子パン的な」と極端な構成。パンとシリアルはある。野菜はほぼ生のスティックのみ、あと果物。最近流行りの「MEC食」=肉卵チーズそのもの。文字通りにアメリカンなブレックファスト。

Img_3076_2Img_3078_3

午前10時から受付。そのまま会場を散歩してたら、女子エリートが召集中。スタート2時間前。 日本チームがメカニックスタンド付きで何人か集まり、最終確認中。ホテルから会場までにタイヤについた傷や異物まで確認している。

NHK「アスリートの魂」も佐藤優香選手の取材中。NHKは計5−6人で入っている。これらクルーは写真公開禁止。この種の人達を写す時には、先に確認した方がいいね。
Img_3099Img_3109_2

目の前に絶対女王ジョーゲンセン。ハイジャンプ選手のように細い。ゼッケンNo1.のシールはバイクも身体も金色で威厳がある。

予備サドルをシートポスト付きで持っていて、車検で違反だったらまるごと変更する目的ではとFLEETの相田メカニックは推測。高さより、前後位置と傾きのがセンシティブてことかな。

ホイールは見ての通り、みなさんが練習で使ってそうなアルミリム、HED製。雨と風の予報で安全策を取ったのだろうけど、加減速の多いコースではカーボンの軽量リムの方が有利なのにね。女王、ホイールを選ばず。

かわりに女王が限界まで攻めているのが、ポジションだ。違反ギリギリまで前乗り化させ、違反時の対応も事前に用意している。モノより技術、自転車の王道だ。

肝心のレースそのものは見逃した。
Img_3110Img_3111

昼からサイクリングロード沿いのビーチへ、一人でレース車で。持ち物は、ウェットスーツ+ゴーグル+キャップ、ワイヤー鍵、ホテルのカード型キーをナイロン袋に密閉したもの(=ウェットスーツに入れて泳ぐ)のみ。

V型水着、赤Tシャツ、エアロヘルメットの出で立ちは現代アート的だったようで、市街地では警備員の男女二人に超ウケし写真まで撮られた。ハッシュタグ付けてどっか投稿してもらえれば良かったか。まあ、普通にユニフォームのトライスーツを着てゆくのがオススメです。

ミシガン湖には普通にビーチが幾つもある。水は冷たいがウェットスーツなら問題なし。ただし試泳のガイジンさんは水着のが多い。なんて身体だ!

昨日流水プールマシンEndless-Poolで掴んだ泳ぎを実戦環境でテスト。左手の入水位置が外側に定着してきたが、すると左側に曲がりがちになった。反呼吸サイドの入水位置はハンドルの役割をする。修正しようとすると、こんどは右に曲がる。こうゆうのは、日々の練習での意識の低さをつきつけられる。

でも全体の進みは良いかな。新泳法の理解が少しづつ形になってゆく。スイムだけは結果が楽しみだ。だけは…

帰路、リアの低い方の変速がガチャガチャし始めて、メカニック部屋へ。

Img_3116_2

名古屋の有名店ニコーの二代目爽やかイケメン吉田メカニックによると、ディレイラーハンガーが歪んでるのが原因とのこと。2年半でもう歪むか。。とりあえず変速を調整して頂いた。こうゆう時メカニック付きツアーは安心。吉田さん昨日は夜12時まで仕事されてたと。。

ここで時間と気を取られて、自転車の細かな最終調整ができたなかった、というか、忘れていた。ウェットなど荷物なしで走りを確認しておきたかったし、実際そうすべきだったことが翌日判明する。

・・・

レーダーの豪雨予測はかなりやばく、前日のバイク預託は明朝に延期。雨雲が襲う直前、17時頃に1ブロック先の中華テイクアウト「パンダエキスプレス」で、肉と野菜の中華惣菜を6ドルで調達。主食は前日のパンの残り、副菜にナッツ類を足して。栄養価とコストパフォーマンス「は」最高レベル。

18時頃に大広間で日本チーム向け説明。その場でMac-bookにタイプし、終了と同時にFacebookグループに投稿。これは「ハッタライン」=Hot-Lineもどきと名付けられて(僕の命名でわありません)感謝される。今やトライアスリートならFacebook必須。

翌日は時速26kmの強風予報のため、スイム中止=デュアスロン化する可能性があり、ディスクホイール禁止の可能性もあると。(遠征時は注意しましょう=今回は吉田メカニックが1組予備ホイール持参)

スイムはもちろんやりたいけど、ここまできたら、スタートさえ出来ればなんだっていい。21時半すぎ寝る。

・・・

« ITU世界選手権Chicago2日目 〜U23小林大哲選手、湖岸サイクリングロード、雷雨接近 | トップページ | ITU世界選手権Chicago4日目①スタート前 〜当日準備はトラブル続出 »

'15- ITU世界選手権Chicago」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ITU世界選手権Chicago2日目 〜U23小林大哲選手、湖岸サイクリングロード、雷雨接近 | トップページ | ITU世界選手権Chicago4日目①スタート前 〜当日準備はトラブル続出 »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ