« 電車で自転車かついで大会出場する僕の方法 | トップページ | 水泳には「質重視の練習会」を (7月まで東京圏にて開催中) »

2015年6月21日 (日)

蒲郡大会2015、5年前のデビュー戦への「原点回帰」(ある意味では、苦笑)

レースNo.5という最上位級シードを頂いた蒲郡オレンジトライアスロン2015、5年前のデビュー戦の記録を5秒だけ上回る。

2:20:26/総合41位(完走563名)年代別4位。 Swim24:59/30位 Bike1:13:53/43位(34位通過)Run41:34(55位)

2010年は、「初挑戦のトライアスロン2:20:31総合32位!」で書いた通り、 2:20:31/総合32位(スタート448名)、年代別11位(スタート120名)。Swim26:24/36位 Bike1:13:04/68位(通過45位) Run41:03(29位)

「原点」へと5年ぶりに立ち戻った形。まあ当時とは各種目ともコースが少し違うけど、大差ないだろうし、順位でなら客観的に比較できる。

11637978_430901250416079_12144799_211650599_430901240416080_10167151_2 撮影:後藤さん

バイクは雨のクルクルコース。90°89回+180°16回=ターン合計角度は9,450°にもなる(なんて計算ふつうしない)。さらに大型車両が路面を荒らす工業地帯だけに、水溜り、鉄製マンホール、粗い小石ゾーン、といろいろなものを除けねばならない。とはいえ水溜りは避けようがないものも多く、小石対策には溜まりがちな道端をさけるくらいだ。そして、それらを避けようとする人にも備えるべきだ。実際には変な動きをする人は見なかったけど、保険として必要。

クラウチさんはじめ落車相次ぎ、ロング50代の強豪スズキさんもパンク後退。そんな中、バイクは安全運転に終始する。そこまでは、まあいい。

ランに入って脚が動かない。走り出しは、スネの筋肉が緊張して軽い筋肉痛のような感じ。3-4kmで収まったが、そこから全体に重い。普通に会話できるような呼吸感。後半は腕振りでカバーしようとするが、今までのようには脚がついてこない。

上の写真を見ると、左は「腰が落ちた」状態。右はマトモそうだが、モモあたりの筋肉量の低下を感じる。

結果、ラン練習わずか5週間で臨んだ5年前の41:03より遅い41:34、順位もしっかり落としている。

<穴の空いたバケツ>

今年は全体的にバイク練習量が足りない。実走は4月以降、ほぼレースでしかしてないし。愛南で高すぎると感じたステムをやや低めに交換した(=初期バージョンへの戻し)のはレース前日、それに伴いサドル位置、DHバーとブルホーンの各角度、とやっつけで調整したりで、レース中に、あるべき設定はどうかな? とかいろいろシミュレーションしてみたり。もともと僕は細かなポジション調整を繰り返しながらバイクの調子を上げてゆくので、その土台が無い状態になっている。

宮古以降は、ランもレースペースに乗せる回数がかなり減っている。この状態でレースを入れても、身体は遅くなる方向に向かうものだ。

かくして、「練習とは穴の空いたバケツに水を入れ続けること」という山崎敏正先生だったかの教えを人体実験によって実証したといえる。それが、ここ最近のトレーニング理論面での成果か、苦笑。

今回の男子総合6位表彰台には、年上のM45-49のランキング王者を争う二人が上がっている。年齢自体は問題ではない。ただし、付き合い方は変えてゆくべきだろう。

借り物競走>

毎回恒例の忘れ物は今回、ゼッケンベルトと、バイクシューズの中敷き片方。ベルトは初期のように安全ピン留めで、余計なモノがなくてもトライアスロンは出来ることを実証してみようと思ったのだが、クラウチさんにお借りできた。中敷きは、両方揃って外せばチャラかなとも思ったのだが、実家ほぼ隣の姪っ子の22cmスニーカーの中敷きを片方借りたら、違和感無く終了。

あと表彰台を逃して早々に帰宅したものの、ウェットスーツを会場に忘れて、戻ったらちょうど表彰式。なんか大ホールの舞台でものすごく立派だ! みなさんおめでとー!

・・・

それにしても、よくもまあ僕は去年までこんなものをあんなレベルで争っていたもんだと思う!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

« 電車で自転車かついで大会出場する僕の方法 | トップページ | 水泳には「質重視の練習会」を (7月まで東京圏にて開催中) »

'10- レースの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電車で自転車かついで大会出場する僕の方法 | トップページ | 水泳には「質重視の練習会」を (7月まで東京圏にて開催中) »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ