« トライアスリートがオフロードを走るべき8つの理由 | トップページ | ノロ罹患体験から考察する、ポカリのアクエリアスに対する優位性 »

2015年1月10日 (土)

トライアスリートは、フルマラソンしないほうがいい

ただしがき:「トライアスロンの競技成績を第一に狙うのなら、真剣にマラソンに取り組むことで発生し得るマイナス要素は検討しておこうね」て話です。タイムを狙わないエンジョイラン、あるいは川内選手的に週末の練習として軽々と走れる方は、当文書の対象外ですので。

なぜか? 

「レースペース前後でのトレーニング頻度」が重要であり、それを阻害するからだ。

ここで「レースペース錬」とは、3種目すべてについて。特にバイクでのレースペース錬が重要だと思う。

<やりすぎ問題>

よい事例を松丸真幸選手がFacebookに「長時間の高負荷トレーニングのリスク 」として書かれている。彼の一連の投稿は、「良質なトレーニングの頻度が最優先」という点で一貫していると思う。そこから導かれる教訓とは、「頻度を落とすレベルの高過ぎる負荷をかけるべきではない」ということだろう。

でもそんなオーバートレーニングは多いようで、(聞いた話だけど)直近のLuminaでも宮塚英也さんが「酒井絵美さんのようなトップ選手でさえ、トレーニングの大事なところが分かっていなかったわけですから」と指摘されてるそう。日本人だけでなく欧米選手もだ。
 
やり過ぎには2段階あり、
  1. 高負荷をかけた後の身体は、休養に入ろうとするので、次の高負荷練習ができなくなる。いわば、高速道路に出て加速したい時に、エンジンブレーキが掛かってる状態だ。週1ペースで出来れば問題ないだろうが、10日以上空いてくると、成長チャンスを逃す。
  2. このタイミングで根性発揮して高負荷を重ねてしまうと、 筋肉や血液成分中の蛋白質が糖新生を起こして崩壊してしまう=むしろ遅くなる。
生理学的には、筋肉と血液(=骨髄)が回復するまでの間は休養が必要。この局面では、成長のためのアクセルが休養、ブレーキが練習となる。
そこで、1回の練習量を減らしてでも、「良質な練習頻度」を増やすが正しい。だから、特に4月から宮古とか海外アイアンマンとか出る方なら、「1月以降に」フルマラソンなどで「消耗すること」は避けたほうがよい。
 
<レースの使い方>
 
もしも出るなら手を抜く。いや脚を抜くのか。たとえば、練習の一環としてペースを統制しきり、自己ベストを狙わず、トライアスロンでのRunペース(=15%落としくらい?) を維持するペース走として利用するのは、良いと思う。
そして、素早く回復すること。だったら効果あるだろう。
 
レースに出ること自体は良いことで、10km、あるいはハーフマラソンでも、すぐ回復できるならいいトレーニングになるだろう。
 
公務員ランナー川内選手は毎週のようにレースに出てるが、普段はベスト+10%くらい(フル2:20とか)で余裕を残しており、おそらく翌週内には回復できる範囲内でしか走っていない。
 
フルマラソンには達成感があるのだろう。でも、「ワタシが本当に戦うべき相手はそれなのか?」と問い直すと、どうだろうか。アイアンマンのRunパートはマラソンとは別種の動作。そして「いつもがんばること」は、必ずしも正義ではない。
150105_121612
ちなみに、以上のような話、とくに「Frequency」の強調は、欧米発の(英語)情報では、高頻度で目にするものだ。
 
たとえば、Triathlete.comの、5 Off-Season Rules
  1. Don’t run a marathon in January ・・・今お読みの通り
  2. Focus on short, intense workouts
  3. Gain weight (on purpose) ・・・「オフトレを太れ」という前書いた話
  4. Swim. A lot.
  5. Hit the gym–but not for the elliptical 
5〜10kmのランレースへの出場も、このサイトの別記事で推奨されている。
 
 
僕らはプロでもなく趣味として楽しんでいるのだから、少しの順位を犠牲にしてでも「より多くのレースを楽しむ」のも、よい生き方に違いない。だから、「マラソンも楽しむトライアスリート」には、ぜひ楽しんでほしいと思う。
 
ただ、それで望まない結果を招いている人も少なからずいる。 そして僕の立場は、競技成績への集中。このブログでは、そのための情報をあげていく。
 
それでも走るなら、リカバリー&ケアを万全に!
 
・・・
 
コンプレッションウェアは、疲労を低減し、練習頻度を高めます。オトクに買おう。 サイズチャート

« トライアスリートがオフロードを走るべき8つの理由 | トップページ | ノロ罹患体験から考察する、ポカリのアクエリアスに対する優位性 »

◆* 長距離ランニングの技術」カテゴリの記事

コメント

アイアンりょうこさん、オレゴンいいですね、ブログ読んだことありますよー(デザイン変えました?

「ワタシが本当に戦うべき相手はそれなのか?」と問い直すと、どうですか? 笑
6月ハーフIMを優先するなら、4月はIM想定レースペースに抑えて、追い込み過ぎず、すばやく回復できるようにするとよいと思います。まあそれで、どうにも凄いマラソンPBが出そうなら切り替えてもいいかな??

初めまして!とても為になる記事でした〜!どき。もうエントリーしてしまっているのですが4月にフルマラソン出て、6月にハーフアイアンマン、かなりまずいですね。考えてみます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トライアスリートがオフロードを走るべき8つの理由 | トップページ | ノロ罹患体験から考察する、ポカリのアクエリアスに対する優位性 »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ