« 「その時間内でベストを尽くす」 〜最強市民レーサー高岡亮寛さんに学ぶ | トップページ | 「動作原理の理解」から始めよう 〜話題の逆上がり指導ブログから考える »

2014年11月 9日 (日)

毎朝1hでプロをも倒す「柔軟な時間管理」 〜最強市民レーサー高岡亮寛Vol.2 

前回続き。高岡さんの本から、フルタイムワーカーと耐久アスリートとを両立させるための時間管理について抜き出そう。

トレーニングの基本
  1. 捻出した時間の範囲内で強度を最大化する
  2. 逆にいえば、練習距離は指標にしない (完全同意!)
  3. 大枠だけ決め、柔軟に (当然だよねー)
時間管理
  1. 平日は夜11時に寝て、早起きで朝1時間を捻出
  2. ちなみに低血圧な夜型人間で朝は弱い (いいわけ禁止、、)
  3. 水曜朝と週末にポイント錬 (平日1回だけならたいしたことない!)
  4. レース1月前から気合いれて練習
  5. 酒飲まなければ4.5h睡眠でいける。飲むと睡眠の質を下げ、6-7hとか必要 (だよね〜〜〜泣)
  6. 睡眠不足は「借りたら返す」。寝不足でもレースはできるが、近日中に余分に寝て取り戻さないといけない
仕事との関係
  1. 仕事とトレーニングとにトレードオフはない
  2. トレーニング時間削って余分に仕事したところで、まー成果は増えない (29歳頃に競技復帰しておられ、それまでに仕事で成果を出す術を会得されてのことだろう。入社数年の若手の皆さんとかは、そうとも限らない場合もあるかもね)
  3. 仮に、仕事削ってトレーニング増やしたとしても、レース成果がそれほど上がるとも思えない
やーまったくその通り!これ以上私から書くことはない。とかいいながら書き続けます。
 
まず、これだけ短時間集中で成果を出せるのは、高岡さんが大学時代、休学までして練習に明け暮れて、限界まで極めた過去を持つからだろう、とも思う。鈴木真理さんのほか、湘南ワタナベレーシングの山本雅道さんや別府3兄弟とも一緒に練習してたと思う。
 
人間、一度でも極めたものは、(少しレベルを落としてでも)維持することは楽だ。
 
もうひとつ、「基本3」の柔軟さについて、頭脳派として知られる自転車ロードの西薗良太プロも、中長期トレーニング計画についての英文を紹介 しているので、紹介しよう:
  • 良いトレーニングプランとは、センシティブかつ、レスポンシブであるべき。わずかなまずい兆候や、逆に予想外の好調などのチャンスをうまく捉えることができる柔軟なものになるべき
  • 数字のみの捉え方(セット・反復回数・負荷など)のみの管理は極めて危険
  • 無理のない、円滑なトレーニングの実施のために、先のことはおおまかにのみ決める
西薗さんも、
  • 下手に考えるよりも、本当に感覚を研ぎ澄まして…トレーニングできる選手はあまり致命的な失敗を犯さないと思う
と同意している。
 
ここで批判の対象(or 踏み台)となっている伝統的な考え方には、以下のような仮定がある。
  • 唯一の最適解が存在する
  • トレーニングの計画と実施が分離されている。 一度計画を立てたら、それを実行あるのみ
  • 計画はトップダウン的である。コーチがあるメニューを決めたら、選手は実行あるのみ
  • 期間でブロックを作り、その中身でトレーニングプログラムを一新していくのが有効である
  • いくつかの能力には順序が存在する。例えば、パワーをつける前にストレングス、スピードの前にエンデュランスを鍛えた方が良いなど
  • 事前に決めた負荷にこだわるのが良い
と、ここまでが西薗さんブログの紹介。
 
これは、僕がいわゆる「トレーニング理論」と呼ばれるものを、それほどには信用していない理由でもある。理論は知ってはおくが、「理論をもとに計画を立てて徹底実行」ということはしない。
 
理論とは、ある意味では、「学者が論文を学会に認めてもらうために、いろんなことを単純化して実験した結果」なのだ。でも実際、僕らの生き方て複雑だし、単純なものより複雑なもののほうが優れていることも、よくあること。
 
結局は、自分を信じるほかない。
ただ、理論やデータは、「感覚」という曖昧で無限なものの中から、注意を向けるべきものを絞り込むための手がかりにはなる。役割分担すればいい。
 

・・・ おしらせ ・・・

* 「2日間で6回のパンク」に見舞われた経験からw、556円のチューブ交換(左)よりずっと安い1回72円のパンク修理シール(中)、もしくは一瞬でスプレーできるの(右)をオススメ

 Facebookのがマメです。Blogは「まとめサイト」みたいな位置づけ。友達申請は基本メッセージお願い

« 「その時間内でベストを尽くす」 〜最強市民レーサー高岡亮寛さんに学ぶ | トップページ | 「動作原理の理解」から始めよう 〜話題の逆上がり指導ブログから考える »

◆***耐久スポーツの理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「その時間内でベストを尽くす」 〜最強市民レーサー高岡亮寛さんに学ぶ | トップページ | 「動作原理の理解」から始めよう 〜話題の逆上がり指導ブログから考える »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ