« 2013年の僕が、アイアンマンKONAとJTUチャンプを「両立」できた理由 | トップページ | KONA2014 両脚切断の元F1ドライバーZanardi、驚きのアイアンマン高速完走 »

2014年10月16日 (木)

アイアンマンKONAでは「W杯決勝を一緒に戦える」 〜豪華付録はハッタリくんレース中継動画

アイアンマン世界選手権KONAはやはり特別な大会で、書いてるとブログアクセス数も何割か増える。昨15日のページビュー1,916はたぶん過去最高、ユニークユーザー763は2番目。今日も既に1,000PV超え。この2日書いてないのに。ちなみに以前の記録は4月23日のPV1873/UU959、おそらく『量に頼らない練習法2つの極意〜「やりきらない」ことも大事』→http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-7c4c.html の後で、トレーニング哲学的なのを連載してた頃。
 
KONAの特別さとは何か?
その一つは、僕のような一愛好者が最高峰のレースを共にできることにある。
サッカーで喩えれば、「30歳過ぎてからサッカーを始めた普通のファンが、ワールドカップ決勝を、同じ会場で一緒に戦える」ようなものだ。こんな大会を他には知らない。(モンブラン100マイルとかのウルトラトレイル系は割と近いけど、「世界中の予選を通過して出場できる唯一の最高峰大会」ではないと思うし)
 
実際どんな感じなのか? 去年の僕のネット中継映像を公式サイトから紹介しよう。
 
【豪華付録:ハッタリくんを探せ!】
動画のほぼ最後の2:44:30から2:44:51まで、20秒にわたり僕が映っている。
 
男子優勝フレデリックのラン終盤、クイーンK終点に差し掛かりゴールへの花道へと向かう手前を、ヘリコプターから空撮した映像。画面右下からすれ違ってゆく数人の中に、白色の帽子+腕カバー+U字に空いたウェア背中で、脇を開いた感じでヒョコヒョコ走ってる、それが多分僕だ。僕のランスタートからたぶん1時間十何分後なのでタイミング合ってるし、実際、その地点で「前からなんか来た」のを覚えている。
 
ランコース上で男子優勝者とすれ違うのは、ある程度速い選手限定のご褒美。写真では右端に僕が居て、フレデリックとは近い人は1mの距離ですれ違ってる。なんだけど、当時は知識がなくその有り難みを知らなかったw
20141015_358
この少し手前から対面・折り返しが延々続いているので、前後の選手との間隔もよく分かる。この後にプロ選手がパラパラと続き、そのうちに同時スタートのエイジ(=アマチュア部門)選手が表れ始める。
エイジ総合1位の南アフリカのKyle Buckingham,は僕より約58分速いので、片道29分=折り返しの6kmくらい手前(クイーンKからエナジーラボに入る手前くらい?)ですれ違っているはずだ。そこで「おーついにエイジ組とすれ違い始めた、折り返しも近いぞ!」 なんて喜んでると、そこから先が延々と遠く、視界の先の折り返しらしきものがいつまでも視界の先のまま。この距離感に世界トップレベルとの実力差をまざまざと見せつけられるわけだ。
 
【豪華付録その2:ハッタリくんを探せ! ゴールの巻】
ゴール映像では、僕は1:52:00に登場。(写真は当時のブログ記事に掲載)
合わせて計1分くらい映像に残っているのは驚きだが、見つけるのはもっと驚きだ。ゴールのは計算できるけど、ランのは画面の隅から目に飛び込んできたんだよねー
 
この映像は男子優勝ゴールに始まり、45分過ぎに女子優勝が入って婚約者と抱き合った後でインタビューがあり、そこから女子プロ入賞者が、そして各カテゴリの入賞者が続々と誕生してゆく。
エイジ総合1位を過去3度、世界的強豪アマのChristian Muellerは今回2位で57分頃にゴール。ちなみにドイツ人の彼は僕と昔同じ会社の同じ商品郡を担当してたけど国が違うし面識は無い。1位のKyleは映っていない。
僕の1分半前には50-54歳5位入賞のアメリカ選手の、その33秒後にはギリギリで逃した日本のタナカさんのゴール。熱いぜ! (それって僕も10年間パフォーマンスを維持すれば入賞のチャンスがあるってことか?)
 
そんな熱気と興奮の中に、一愛好者に過ぎない僕もゴールしてゆく。「マスーキ、ハター、ジャパーーン、ユーアーアイアンマーーーン」というアナウンスと共に。それはサッカーで喩えれば、ワールドカップ決勝戦の終了直後のそのスタジアムで、自分のゲームも終了するようなものだ。
 
出場にはハワイだけで総額50万近く、予選に6−7万、と高額なカネをかけたが、1年経ってこれだけ楽しめる。一生モノの経験、Priceless。
 
・・・おしらせ・・・

  • ブログランキング投票もどうぞ→ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ 投票数で反応を探っとります
  • 日常的な更新はもっぱらFacebookなのでよろしければ

   

  • オフこそ理論を学ぶ ↓

 

« 2013年の僕が、アイアンマンKONAとJTUチャンプを「両立」できた理由 | トップページ | KONA2014 両脚切断の元F1ドライバーZanardi、驚きのアイアンマン高速完走 »

'13 Kona 〜アイアンマン世界選手権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年の僕が、アイアンマンKONAとJTUチャンプを「両立」できた理由 | トップページ | KONA2014 両脚切断の元F1ドライバーZanardi、驚きのアイアンマン高速完走 »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ