« ハッタリ選手の水泳フォーム動画'14春 〜「抵抗要因」の分析 | トップページ | 「フェルプス的なクロール」のより正しい分析 〜ハッタリ選手新泳法を説明しちゃうぞ! »

2014年6月18日 (水)

【レース展望】ついにトライアスロン日本選手権'14東京都予選だよ〜

トライアスロン東京都選手権2014は6/22渡良瀬遊水地で開催→http://www.mspo.jp/watarase/
出走42名、うち東京都所属の39名が、7枠の日本選手権(と補欠含め3枠の国体代表)を争う。
上位当選枠であるJapan-cupポイント獲得者は今年も去年も外山選手1名のみ。よって繰り上げ当選分を1名=日本選手権は実質8枠とみる。(学生さんとか急成長してランキング入りする可能性はあるけど、そこは期待しないでおこう。外山選手が圏外に押し出される可能性だってあるしね)
526741_425698600785676_556704068_n<写真は'12関東選手権>
 
今年の1月半ばにトレーニングを再開してから5ヶ月。日本選手権を目標設定したのは3月半ば。その最低条件とは、それからの3ヶ月間でスイムの劇的進化が起きることだった。そのために、いろいろ本読みなおしたり、外国の本まで探してきたり、動画コレクターと化し、分析魔と化して、最後に撮影したり。
 
しかし知識は増えてもタイムは一進一退。「おもいで出場」に切り替えようかなと思った。収穫もあったし、と。
けれども、ここに来てこれしかない、と信じ切れる知識の体系が固まってきた。実際その感覚も掴み始め、練習タイムもガクンと上がり始めた。
 
劇的進化、というには、まだ足りないと思う。ここから1ヶ月でも泳ぎ込めると、さらに1レベル上に上がれるのかもしれない。まあでも、そんなもんなんだと思う。理想を追求すればきりがない。今ここにある自分で、出来る最大限を試すまでのことだ。
 
そんな「今できること」の1つは、対戦相手を知ること。
2014春の関東地区の「JTU記録会」での公開資料から、10級以内を中心に、主要ぽい参加者をざっと調べてみた。400m自由形と5000m走タイムは
 
寺澤 光介   4:11   17:34
平野 司    4:18   17:6
保坂 圭太郎 4:23   17:47
清本 聖    4:31   17:21
生井 一公  4:30   17:51
佐藤 謙太郎 4:36   16:4
原 恭平    4:38   16:11
西崎 昌宏  4:40   17:17
笠原 大康  4:44   15:56
今井 隆生  4:49   15:34
福永 晃樹裕 4:52   17:8
阿部 吉貴  5:18   16:5
阿部 嵩大  5:23   16:4
井上 賢吾  (去年S20:52 R35:51)
犬童 太一  ?
 
10級以内は13名かな。僕はというと、400m泳も5,000m走もタイム測ったことがないので、さっぱりわからない。体調不良やら練習不足やらで、少々の脱落者は出るだろうが、その分、ダークホースも出現するだろう(たとえば僕のような)。
579244_425864594102410_316210547_n
そして当日、スイムでどうゆう集団が形成され、バイクでどう変化するか。そのどこに僕が収まるか。
 
スイムは、当日ふくめたこの5日間で、もうあとひと伸びできるだろう。さらにスタート直後の立ち回りに成功して、数名と想定される「400m4:40−50レベルの集団」に入れると、希望がつながる。
4分前半の強豪スイマーが少ないのが、関東選手権との違い。だから彼らがリードしても、バイクで追いつく可能性は高い。そのバイク「追いつき集団」は、「スイム4:40-50集団」と一致する可能性が高い。そこに食い込むことが、僕のゲームプランの生命線だ。切れたらそこで試合終了。
 
こうして先頭が大集団化した場合、ラン5000m16分台以内の6名が一気に有利になる。そのレベルの出場者は他にもいるはずだ(たとえば僕のような)。
182534_426257737396429_207675579254
そして「8位まで2分差くらい」でランに突入できれば、ゲームはコンティニューかな。
 
横浜で進化したランは、しかし速すぎた反動で左腰にハリが出て、以後、レースペース少し下を週1で走ってきた程度だ。でも、何があっても故障しないしぶとさがハッタリ選手の特徴。
今回も、異常をごまかす新走法を発見した。それは筋負担が少ないため、中1日でレースペースを繰り返しても違和感が出ない。新たな武器となりそう。
さらに、いまさらようやく「モモ裏=ハムストリングを活用した走り」という基本的なことが、実行できるようになった。
これにより、
  1. 序盤は、筋負担の少ない新走法で3:45で脚を落ち着かせ、
  2. 中盤、ハムストリングを駆使する二段ロケットに点火、3:35に上げ
  3. 勝負どころで、「横浜走法」投入、3:20台でまくりまくる
と、夢の10km35分台を目指すパーツが揃った。かな?
 
決戦まであと5日。
ダメ元参戦なんで、楽しんでいくよ〜
 

(さいごに投票ボタンをクリックしましょう→にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

« ハッタリ選手の水泳フォーム動画'14春 〜「抵抗要因」の分析 | トップページ | 「フェルプス的なクロール」のより正しい分析 〜ハッタリ選手新泳法を説明しちゃうぞ! »

'10- Triathlon挑戦記」カテゴリの記事

コメント

いまさらながら、良い経験ができました。
レースは本当に、運営スタッフさんあってのものです、感謝!

いよいよ明日ですね。頑張ってください。
湿度は高そうですが、終日気温はやや低めで曇り空?
絶好のレース日和ですね。
今年もボラで行きます。
立場上、表立って応援は出来ませんが、心の中で応援します(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハッタリ選手の水泳フォーム動画'14春 〜「抵抗要因」の分析 | トップページ | 「フェルプス的なクロール」のより正しい分析 〜ハッタリ選手新泳法を説明しちゃうぞ! »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ