« 超ぶっちゃけ! 「ブログランキング」参加の効果を大公開するよ〜 | トップページ | 42歳を迎える今季に、生涯最高のパフォーマンスを。 »

2014年5月 4日 (日)

横浜スタートリスト発表 〜みなさん、会場でお会いしよう!

シーズン初戦、518横浜トライアスロンのスタートリスト発表。http://yokohamatriathlon.jp/wcs/news_140503-1.html

40前半男カテゴリは最多の200人、またしてもスタートが分断されてしまい、競技条件としては問題があるけれど、横浜や館山は「都会のお祭り」と割りきって臨むことにしている。本当の勝負になるのは、やはり天草や村上だ。
 
ハッタリ選手は8:10スタート。みんな、レース会場で会おう。そしてもしできるのなら、表彰式でもね!あの晴れやかな場を、ぜひみんなに体験してもらいたい。3人しか上がれないけども。
967996_563776190334128_789969561_n <2013横浜 No-Side>
この2週ほど、満足できるトレーニングは積めてないけど、ま、そこはみな同じようなものだろう、笑
 
時期的には、レース強度前後を繰り返しておきたい頃だ。
しかし休養週が明けても疲労が取り切れておらず、身体は重いまま。とくに、スイムとランの立ち上がりが、レースペースに大きく届かない日々が続く。じゃバイクはというと、絶対的な練習不足。2週間のってなかったり。
 
それでも、動き出すと、身体がそれなりの対応を考えてくれて、1時間前後のトレーニングの最後にその日最高スピードに乗る事が多い。(バイクに限れば、乗ればすぐに「BAYAMO」さんがレースペースを出してくれるが)
 
ちなみに僕は、この順序は大事だと思っている。 
よくみられるのが、「トレーニングの最後はヘロヘロ、全力だしきった!」という状態を理想とする考え方だ。
もしそれが、最後まで目標レースペース域を維持した上でのことならば、よい練習なのだが、実際に多いのは、大幅に落ち疲労困憊しているケースではないかな。それは「遅く走る動作を身体に覚え込まる練習」でしかないからね。シーズンオフに実験として試みるのなら、意味はあるけれど。
 
限られた時間内でやりくりする市民アスリートにとって、「重要な要素に集中すること」は生命線だ。
 
ここから10日ほどレース強度域を繰り返し、直前火曜あたりから疲労を抜いてゆく予定。
JTUランキング4連覇、そして2015シカゴ世界選手権への派遣をかけた重要な初戦ではある。なんだけど、自分の身体性能がどれだけなのか、知人や、見ず知らずの観衆や、いろいろな人たちに見られる中で試すことができるのは、純粋に楽しみだ。
 
前回に書いたのは、そうゆうこと。結果の数字より、もっと大事なことだ。
 
最後に投票率2%の1日1クリックをどうぞ→にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
 

« 超ぶっちゃけ! 「ブログランキング」参加の効果を大公開するよ〜 | トップページ | 42歳を迎える今季に、生涯最高のパフォーマンスを。 »

'10- Triathlon挑戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 超ぶっちゃけ! 「ブログランキング」参加の効果を大公開するよ〜 | トップページ | 42歳を迎える今季に、生涯最高のパフォーマンスを。 »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ