« 「太く重たい脚で速く走る」ための僕の方法 | トップページ | 効率動作vol.3「瞬間的にでも最大限の発現をさせる」 »

2014年4月27日 (日)

【ニュース速報】 ハッタリ選手のクロールに大規模進化が発生した模様

ついに長水100m脱力1:20の泳ぎ、掴んだよ〜

まずは初戦3週間前、ここまでのトレーニング量グラフから:

Photo ほぼ4週にわたり上げてきたから、さすがに疲労が蓄積。昨日まで4日間休養にあてた。こんな時に無理するとケガするからね。
 
その最終日、本当に流血したぞ!
雑巾がけしててガラス片を気付かずに巻き込み、小指を3mmさっと切る。まずは流水にさらすが、血が止まらない。まあトレーニングが順調であるがために血液量増加中なんだと解釈する。圧迫を続けて止血し、バンドエイドを貼る。軽く押さえて違和感はないので、破片が残ったりはしてないようだ。原因らしきガラス片も綺麗なまま、一瞬さわった程度なんだろう・・・
 
こんなこと起きるわけですよ。バイオリズムの底ってのは。
こんな時にトレーニングするのは、むしろマイナスだと思っている。せいぜい、軽いジョグで身体をほぐす程度だ。
でもそれを乗り切れば、パーンと上がったりする。
大事なのは、明日の自分を信じて、今日の練習量を捨てる気持ちだ。
 
そして今日、ついに来たよ〜
いつもより少し混んだ長水プールで、ウォーミングアップでゆるく100m。時計を見て目を疑う。1:22? あれスタートの秒針を見間違えた? もう1本ゆるり。1:22? あれ力入れてないんですけど? もう1本、、おかしい1:22?
 
これまでと同じ負担感のまま、新たな推進力を得ているようだ。
 
このまま練習を続けて動きの完成度を上げながら、コンディションも上げてゆけば、「脱力100m1:20ペース」での距離が伸びてゆくだろう。その先にあるのは、1.5km20:00の泳ぎだ。日本選手権が一歩近づいたかな、笑。
 
実はこの2週ほど、疲労で1:30超えまくるような泳ぎが続いていた。でも、決してガムシャラには泳がず、丁寧に水と接してきた。その中で、この2年間ほど研究してきた、長距離女王レデッキー(USA)や萩野公介のクロールが、ついに単なる情報から、僕の身体の一部へ、変化を遂げたようだ。 
 
こんなことが起きるわけですよ。自分を信じて、丁寧に練習を続けていると。
 
そしてこれは、この一連の連載 http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/cat23694931/index.html の中で、考えを纏め、書き続けてきた効果でもある。
改めて確認しておくけど、このブログは、僕(だけ)が速くなるための手段なんだね。けしてアナタのために書いてるわけじゃない、笑。いや、アナタが速くなってもらっても構わないけど、僕はそれ以上に速くなるのさ!
 
今日の一言: 自分を信じる。
共感されるアナタは、こちら投票ボタンを→ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ クリックです。1日1票。

« 「太く重たい脚で速く走る」ための僕の方法 | トップページ | 効率動作vol.3「瞬間的にでも最大限の発現をさせる」 »

◆* クロール/OWSの技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「太く重たい脚で速く走る」ための僕の方法 | トップページ | 効率動作vol.3「瞬間的にでも最大限の発現をさせる」 »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ