« 【衝撃スクープ3】水に「乗る」ことすらできなければ、水を「ドライブ」なんてできない | トップページ | 【実戦スイム2】OWSでの「ギャロップ・クロール」という技術 »

2014年4月 4日 (金)

【実戦スイム1】LUMINA最新号も特集してる「実戦スイム」の、超基本

ハッタリ記者) タイトル正常化しましたね。エイプリルフールは3日で終了ですか。
 
自称水泳評論家の男) バカは3日で飽きる。しかしながら我輩にとってバカを装うという行為とはあたかもオードリーヘップバーンが王女なのに平民娘のフリしてローマで男遊びしてたかのようなコスプレ感覚でおもしろかったー。生まれ変わったらバカになりてー
 
ハ) 是非そうなさってください。今すぐどうぞ。
 
男) その間に、トライアスロン専門誌「LUMINA」最新号が我々を模倣してきたようだ。次は「ソフトパドル」とか「伏し浮き」とか書き始めんじゃね。
 
ハ) まだエイプリルフールですか! だいたい「フラットスイム」は2010年代の定番でしょう。もう本題に入ってください。人気ブロガー「るみ◯かん」も期待してますよ。
 
男) るみかん? 新種の蜜柑か? それともあの2時間巻き指定女のことか? もしもブログランクが急上昇したらアドバイス考えといてやるよ! 
 
大事なのはだな、やってみて失敗することなんだ。
本やブログで読んだイメージとリアルな自分とのギャップが、できるはずのことができないのはイヤだ、という「認知的不協和」を生み、進化に向けたモチベーションが湧き上がるのである。
ゆえに読者のみんなはまず「伏し浮きに失敗するという経験」を獲得するべきなのだ。
 
ハ) またジラすんですか。後でちゃんと回収してくださいよ。僕らはランキング急上昇中の注目ブログなんだから。
 
男) 私のトライアスロンのランキングには上昇余地がなくなってしまったがな。わははは! 
ま冗談はさておき
LUMINA最新号も特集してる「実戦スイム」について、私の考え方を示しておこう。
 
ハ) LUMINA「が」、ではなくて、「も」という助詞を選ぶとは、LUMINAの中身と無関係に好き勝手書いてるよってほのめかしてますね。
 
男) するどいなハッタリ君。耳目をひくタイトルつけて注目だけ集めようという作戦を見抜くとはな。
 
断っておくと、私は実戦スイムは苦手だ。バイクランは実戦得意なんだが:練習量の割には。
その分、試行錯誤の経験量は多いつもりだ。
あらためて足跡を確認してみよう。
  • 始) 2010年5月末: 20年ぶりに水泳再開。1分サークル45秒から
  • ◯ 100日後: 波崎1.5km23:17
  • × 2011−12: 低迷
  • ◯ 2013年5月: 天草1.5km22:15
  • × 以降: 再び低迷
  • ◯ 2013年10月: KONA3.86kmノンウェット1:00:19(=100m1:33)カテゴリ305中41位=上位13%
この間、最も有効だったのは、「海で長時間泳ぐ」こと。
身も蓋もないようだが、これが世の真実というものだ。
 
1年目は江ノ島の海が近い上に時間もあったから、1月ほど藤沢市民プールで泳いだ後で、海に完全に切り替えた。お金も要らないし。当時の泳法は20年前のまま。ウェットは1万円ちょいで輸入した既成品だ。最新の知識や道具も、海にはかなわない。
KONA前は、贅沢にもレース前の6日間、毎日泳ぐことができた。4kmフルコース3日連続とかやってると、海と一体化してくる。無駄な力を使わないから、集団内の位置取りもスムーズだし、後半の疲労も少ない。
 
そのスムーズさを、どう表現すればよいのか、最終解は出ていないのだけど、こうは言える。
  • 海では強い波の力を受けながら進むから、よりトータル筋力の大きい体幹からパワーを発揮した方が有利。プールでは腕力で泳いてるという人は、早くに力負けてしまう →「体幹スイム」になる
  • 海水とウェットにより浮力が高まるから、「潜る」動作に余計なエネルギーを要する → 肩の上下動を抑えた「フラットスイム」になる
とてもシンプル、基本通りだ。
結局、プールで強い人が、海でも強い。レース結果をみれば明白だ。
 
当然ながら、レースの状況を再現するようなメニューを混ぜること。
レース距離の連続泳は必要だけど、実戦では壁ターンが無い分、レース距離以上を泳ぐべきだろう。より理想的には、「壁手前で浮いたまま逆ターンしてゼロスタート」でレース時間分を泳ぐといい。距離は無視で。かなりキツいが。
 
忘れないでほしい。
「ああこれなんだ」、と思えるような進化の瞬間は、突然に訪れる、ということを。
正しい努力を継続している限り。
そして、ここを→→ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ ←←クリックし続けている限りね。
 

今日の一句  「突然の 進化を信じて クリックだ」

« 【衝撃スクープ3】水に「乗る」ことすらできなければ、水を「ドライブ」なんてできない | トップページ | 【実戦スイム2】OWSでの「ギャロップ・クロール」という技術 »

◆* クロール/OWSの技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【衝撃スクープ3】水に「乗る」ことすらできなければ、水を「ドライブ」なんてできない | トップページ | 【実戦スイム2】OWSでの「ギャロップ・クロール」という技術 »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ