« 【実戦スイム3】OWSは中途半端に遅い集団ほど危険です | トップページ | 僕ら市民アスリートには、失敗し、突き落とされる自由がある。 »

2014年4月12日 (土)

【実戦スイム4】バトルの接触は「タイムロス何秒か」だけ考えればいい

競泳とか水球とかシンクロとか経験があれば、水中での接触って、ラッシュの電車内でぶつかるようなもんだろう。

練習中にぶつかったら、怪我をしたかどうか。レースでなら、それによるタイムロスはどれだけか(=せいぜいコンマ何秒)、それだけ考えればいいし、それ以上の意味など何もない。 だってそうでしょう? 怪我もしてないし、何秒ロスしたわけでもない。

以上。

はいここクリック、投票は1日1回までね→にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

 

て終わったらあんまりだよね〜〜〜説明しましょう。

競泳経験者にとって、水中において「速さ」こそが絶対正義。バタフライならとりわけぶつかるし、毎回片手に切り替えたりもしてられない。過程がどうであれ、目的は、速くなること。

水慣れもしてるから、怪我しない程度の接触でなら、客観的にデメリットないこともわかっている。水球では、怪我すること自体が目的のような? 

しかし、世のトライアスリートの多くは、そんな経験がない。スクールなどではバトル泳の練習とかするけど、全員が参加するわけでもないし、練習してもまだ怖い、という人は当然いる。

そうゆう方々ほど、前に書いた「中途半端に遅い集団の地獄絵図」へと吸い込まれてゆく悲劇。

こう考えると、メンタル面の対策、より正しくは、「同じ事実を、認識し直す」=Reflaming の重要性が浮かび上がる。

例えば。

状況A 「スタート直後、横の相手が密着して、ストロークのたびにぶつかる」

とする。この局面で、

× 嫌だ、なんで密着するんだ、このやろ〜

◎ ストロークが接触する結果、推進力が落ちている可能性はあるが、逆に同じ水流に乗れているから、スピードには大きく影響していないので、力を抜いて落ち着くのを待とう 

どちらの思考を選択するのか、ということだ。Kona13

慣れていない人たちは、×な思考(はっきり書いてごめんね〜〜でも何のメリットも生まない思考なんだよ)にはまりこみ、かつ、そのことに何の疑いも持たない傾向があるように思われる。

もちろん、姿勢制御技術が低い同士の集団であるがゆえに、状況がより過酷であることは理解しているよ。でも、それ認めちゃったら、成長する動機を1つ失わないかな。

強調したいのは、×も◎も、人の自由意志によって選択された結果である、ということだ。×な思考も、スイム集団の中で強制されたのではなくて、ある個人が主体的に選択したもの、いいかえれば、「ワタシはこうゆうふうに考えることが好きな人間です」ということなのだ。Kona13_2

では、この局面では、どうですか?

状況B 「つかまれた」

客観的にタイムロスとリスクが発生するので、柔道的な技術で対応する余地もありえますけども、、、もしかしたら、相手が心臓発作でも起こしかけている可能性も否定できないよね。

・・・

レースでのとっさの行動には、日頃の習慣が反映される。

たから、もっとも現実的な練習は、プールで何が起きても動じないこと。その点で、混雑したプールにも独自の価値がある。

以前、KONA編で書いたことを、もう一度、掲載しておく。

目の前で起きたことに、いちいち感情を起動させず、淡々と進む。それが長距離耐久レースで力を出し切るための、絶対条件

恐怖心や闘争心が湧き上がるのは、動物としての自然な行動だけれど、それを正当化するべきではないのです。より速くゴールしたいのであるならば。

そして、日々の姿勢制御のトレーニング。

厳しいことを書くようだけど、とても大事なことだから。

・・・

お役にたちましたらばここクリック、1日1回投票習慣→にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

(ブログ村「水泳」カテゴリは外します。そちらの方はブックマークお願いしますね)

   

« 【実戦スイム3】OWSは中途半端に遅い集団ほど危険です | トップページ | 僕ら市民アスリートには、失敗し、突き落とされる自由がある。 »

◆* クロール/OWSの技術」カテゴリの記事

コメント

ハルさんは集団を引率する立場なので、いや、仮に彼らがついてこれれば、の話ですが、、方向確認に加えて追い越しにも気を使う必要があって大変ですよね。

まともに平泳ぎする人は、さすがにトライアスロンでちゃダメだと思います。そのレベルの泳力でOWSは危険ですから。

密集でぶつかる→イラッとする→心拍数が上がる。
仕返ししようとする→泳ぎ以外の動作が増える→疲れる上にタイムが落ちる。
戦おうとするとろくなことがないので、プールと同じようにマイペースを保つことが大事かな〜と。
結局はハッタリさんがかかれている動じないメンタルですかね〜。

という私も、周回遅れの平泳ぎキックが顔面ヒットしてイラッとしたこと多々あり、まだまだメンタルが弱いなと思います。

追い越し許可プールなら、マダムに抜いていいですか、と一言かけ、距離を取り、波を立てないようさっと抜けるといいですね。

レースのその足持ちは、キックしていいです! 前の動画みたいなインパクトキックの練習しましょう。

おおお、今回は意識論。凄く好きです。背中がシャキッとしました。
日々、ゆっくりマダムにイラついている自分を見直します(笑)
Uターンしてブイ回る練習だと思えばええかw

去年の夏の大会で、多分ですが同じ人に3回足首持たれましてね(笑)
さすがに殺意が芽生えましたw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【実戦スイム3】OWSは中途半端に遅い集団ほど危険です | トップページ | 僕ら市民アスリートには、失敗し、突き落とされる自由がある。 »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ