« STAP細胞問題と、「共学と女子校の違い」との共通点 | トップページ | 量に頼らない練習法2つの極意〜「やりきらない」ことも大事 »

2014年4月21日 (月)

宮古大会にみる「長距離も技術」〜来年総合10位とりにいくか

SNSもブログも、昨日の宮古島トライアスロンで大盛り上がり。たかだか1,500人の参加なのに、「みんな出てる」ような気持ちになるのは、それだけトライアスリートの世界は狭いってことだ、笑。

僕も来年出てみようかな。参加枠を巡る抽選が最初の難関だけど、8月「うつくしま」で総合優勝すればタダ券もらえる。去年のタイム差は諸事情考慮すれば普通に射程内。そして宮古で総合10位に入ると翌年招待なの? なら半額以下で二度宮古を楽しめる計算だ。オレって頭いー!
131010_131928 宮古のイメージ@Kona
さてさて、宮古大会、プロ選手や強豪エイジ(=アマチュアのことです)がいろいろなアクシデントで激しく順位を落とす中、日本人1位は、睡眠2-3時間の日々もあったという多忙なスクール経営者でもある西内洋行プロ。
 
例えば、今までは太刀(たち、刀の事)を使っていた侍が、加齢に伴う筋肉の衰えから振れなくなり、どうしたものかと考えているうちに、もうひとつ持っていたもっと短い脇差しの刀があることに気づき、それが使えるようになってきた感じ (出典:4/21 Facebook)
 
と、練習不足による身体能力レベルの低下を、技術的にカバーしての結果のようだ。
 
もうひとつの要因として、おそらくは、過去にプロトライアスリートとして十分なトレーニングを積んできたことで、身体が(正確には脳の運動分野を含めて)、その状態を覚えていて、引き出すのにより短時間で済んでいる。
こうゆう効果は、私の知る限りスポーツ医学的に解明されてはいないけど、よく見られる現象だ。ただそれも、「技術」という問題に収斂するとも考えられる。
 
僕は最低6時間は寝ないと人間的な機能が停止してしまう効率の悪い頭と身体を持った人間なので、2時間睡眠はマネできないけれど、この高効率練習の効果は、勇気づけられる。
 
つまり、練習できるうちに十分なトレーニングを積んでおくことは大事だが、あくまでもそれは「高効率動作の修得」になっていることが大前提。そうすれば、 練習時間が不足した時にも、対応することができる。
距離をこなすだけの練習では、その時間をとれなくなった時に、身体が対応できないだろう。
 
今日の結論: 「長距離でも、距離より技術」
共感されるアナタは、こちら投票ボタンを→ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ クリックです。1日1票。
 

« STAP細胞問題と、「共学と女子校の違い」との共通点 | トップページ | 量に頼らない練習法2つの極意〜「やりきらない」ことも大事 »

◆***耐久スポーツの理論」カテゴリの記事

コメント

話しかけるといいと思うよ。教えてくれることもあるし。

なるほど。。
考え方を変えれば逆に楽しくなるのか〜。
一人速い女性が居るんだよね、マスターズの。。
訴えられない程度に食らいついてみるよ(笑)。
それで知り合いになれれば尚更ラッキーということで。

プールで抜かれたら、ラッキーとおもうんだよ!
先にいかせて足を触らない位置で、つけるとこまでついてゆくのは、スピード錬にも実戦対策にも、ともておいしい練習。

スイムはオトナの趣味、なるほど。子供は感覚だけで泳げるけど、オトナは頭で理解せざるをえないし、そこがおもしろいよね。

お疲れ〜。
でもそのスイムがダメ〜(笑)
相変わらず、プールでコイツ遅いと判断してか、速い奴らが同じレーンで
被せまくってきて、苦杯なめまくりです。
でもマスユキ推薦の本で試行錯誤が楽しいし、
スイムはある意味大人の趣味だと感じる今日この頃。
じっくりやるよ〜

僕より実力的には強い人たちはざっと20人くらいいるとは思うのだけど、
崩れないのが、唯一最大の武器なので。
弱い力も出し切れば、勝負に乗れる可能性は残るのだ。
 
そうゆうシバタくんこそSwim次第ではすごい上がるでしょ!

マスユキなら冗談抜きにいけちゃうんじゃないの?
10位以内・・・。
アイアンマンもいいけど、Made in Japanもいいねぇ。
自分も来年出てみたいかな~。
自分、昔からくじ運強い方だし(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« STAP細胞問題と、「共学と女子校の違い」との共通点 | トップページ | 量に頼らない練習法2つの極意〜「やりきらない」ことも大事 »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ