« 年間計画: お台場ねらうか、エドモントン表彰台か?! | トップページ | 例えば伊良湖大会が好きな方へ 『潮の騒ぐを聴け』小川雅魚(2014) »

2014年3月20日 (木)

2014日本選手権、42歳の初出場を狙います。

オリンピック出場レベルのプロ選手(トライアスロンではその可能性が高くないとフルタイムのプロ活動はできない、それを目指す若手、元プロの指導者、、、、、と集結するのが、トライアスロンの国内頂上決戦、10月お台場の日本選手権。おそらく東京五輪2020での会場ともなる。

42歳となるハッタリ選手は、初出場を目指すことにした。競技歴5年目にして、おそらく最後の限界チャレンジ。

期限は3か月。
6月都選手権での最低条件は、
400m4:40~5:00前後の泳力+Runパート34~35分あたりと予測。
Bikeを余裕をもって展開するには400m4分30秒以内が必要だろう。ありえない。4:40で第二、5:00で第三集団てとこだろうか。Bikeで脚を使って追い付き、Runで逆転の7枠入り、というレースプラン。
ふつうに予測可能な限界を激しく超える大ジャンプ。
 
挑戦は自由だ、笑

 
このレベルを6末に達成できれば、あとはバイクのLT域を伸ばすことで、9月エドモントン表彰台の可能性がひろがる。

大前提は、Swim技術の大幅改善。その上での強化日程は、

  • 4月: Swim&RunのLT域
  • 5月: 同、Vo2Max域 
  • 6月: スピード
  • 7月: BikeのLT域

背景の理論書はこちら
=また紹介します

・・・

Rankingも覗いてね~にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ(僕のは「注目記事」専門です)

« 年間計画: お台場ねらうか、エドモントン表彰台か?! | トップページ | 例えば伊良湖大会が好きな方へ 『潮の騒ぐを聴け』小川雅魚(2014) »

'10- Triathlon挑戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/59322327

この記事へのトラックバック一覧です: 2014日本選手権、42歳の初出場を狙います。:

« 年間計画: お台場ねらうか、エドモントン表彰台か?! | トップページ | 例えば伊良湖大会が好きな方へ 『潮の騒ぐを聴け』小川雅魚(2014) »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ