« 【減量講座'13】 食べ過ぎないために、食べる。※アスリート限定 | トップページ | 2013年トレーニング量グラフ »

2013年12月18日 (水)

また財布落とした&戻った(日本はいい国だ!)&アスリートへの教訓

アスリートである僕にとって全ての移動はトレーニング機会なのであり、本をいっぱい詰めたリュックはラグビーボールのごとく抱えて突進するわけだ。

それで地元図書館から自宅まで重いリュックを変なかっこで抱えて500m走。その途中にチャックが開いたのかそもそも開いてたのか、隙間から財布がジャンプした模様。

しかし&またもや、届いたのである。

現金1,135円(ええ4桁ですがなにか?)と、失くすと厄介な各種カード10枚ちょっとも、そのまま。届けられた方は、急いでいるから、とそのまま立ち去ったそう。

まったく、日本てとこはすばらしいですよ。五輪プレゼンの滝クリさん良いこと言った。でもお礼も言えないので困った。。そんな行き場をなくした謝意は別の善意に換えて誰かに向けてゆくしかないね。こうして社会は回ってゆくのだろうから。読者なみなさんにも、

「あ・り・が・と・う」。(なんだって?)

データによると、拾得届÷遺失届=3割未満。http://www.asahi.com/articles/TKY201311280470.html?ref=com_top6_2nd

僕は20年前にも遺失届出して届いたので、確率8%てことになる。今年はこんな幸運が多い気もするなあ。宝くじでも買っとくか。

さらに記憶を辿ると、2009, 2010とマッサージ椅子の隙間に落とし、2011は落下はお休み(したがいろいろあり)、2012に施設内に携帯とか入れた小袋を置き忘れ、全て届ける前に回収。ほぼ毎年恒例のスケジュール化しておる。

いわば僕は毎年、日本社会の善意を感じながら生きているのである。さらに今回、なくしたはずがない! と家宅捜索をかけたお陰で、部屋が少しだけ綺麗になって尚よかった。

ちなみに駅前交番で居合わせた、メガネを失くして届けてたマダムは「このあたりで財布二度落として二度届いていた」だと。

紛失のシチュエーションが大事で、今回の僕は、地元住民しか通らない日曜夕方の住宅街、文字通りの「善良なる隣人」に拾われる確率が非常に高い状況だった。電車内など雑多な人間が交差するところでは、スリとかプロも目を光らせているので、大変厳しいだろう。

なんて話してたら、友人から「車上狙いのキャッシュカードで限度額いっぱいの200万」なんて話も聞いた。某銀行が全額補填してくれたそうだが、くれぐれも暗証番号に誕生日とかやめようね。

教訓: 移動ランは慎重に。

131214_165754

週末、表参道ヒルズでちょいと調査。7年経ち、華やかさに加えて馴染み感が出てきた。安藤忠雄さんの名建築を、森ビルさんの良い運営で育ててる感です。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
良い記事には下のアイコンを、ダメ記事には無視を
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

« 【減量講座'13】 食べ過ぎないために、食べる。※アスリート限定 | トップページ | 2013年トレーニング量グラフ »

♪ 流れてゆく日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/58775180

この記事へのトラックバック一覧です: また財布落とした&戻った(日本はいい国だ!)&アスリートへの教訓:

« 【減量講座'13】 食べ過ぎないために、食べる。※アスリート限定 | トップページ | 2013年トレーニング量グラフ »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ