« 言葉を定義することの意味 | トップページ | 【体重論2】 レース体重の考え方 ("走る頭脳"西薗良太選手を引用して) »

2013年12月 9日 (月)

【レース体重論】 トライアスリートはランナーより20%体重を増やしていい

日本のアスリートは、痩せようとし過ぎている、と思う。
 
(と言うと安心しちゃう人ほど、痩せたほうがよかったりして)
 
マラソンで「体重1kg3分」説ってあるけど、だったらベスト+4kgで福岡で2:09出した川内優輝選手は2時間切ることになるぞ。その程度のもんだろう。
 
良質なトレーニングの結果として体重が減る。体重減を目的とすべきではない。
 
なのに、高校女子の駅伝/長距離なんか最悪だ。出身者から直に聞いた減量のさせかたは酷かった。体重を削って作った競技成績は、同時に未来も削ってる。もしも娘さんが中学生で、ひくてあまたの長距離トップランナーなら、進学先は選手が痩せてないことを最優先基準にするべきだ。陸連は駅伝メンバー平均BMIを公表させていいかもしれない。
131204_145203_3
<新宿御苑の脇道の紅葉>
 
いわんやトライアスロンをや。
アイアンマン世界選手権'13の総合Top15のデータがある。
 
男は体型がみごとに似通っていて、180-184cm/70-74kgに集中。
女は背がバラバラだけど、161cm53kg〜165cm57kgが1つの標準かな。
重いほどSwim,Bikeが有利なのは当然だけど、Run記録がポイントで、軽ければ速い、というランニング界の公式は、ここでは無意味だ。つまり、
トライアスロンのRunは、ランニングとは別競技。
 
日本のマラソン選手と比べてみると、女子では有森裕子164.5cm47-8kg、高橋尚子163cm45-6kg。 http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/vol2-ab69.html  あと中山竹通180cm58kg。
サンプル数は少ないけど、おそらく
トライアスリートはランナーより2割くらい重い。
内蔵、脳、骨などの重さは一定だから(どれくらいだろう?)、筋肉量を計算すると、猛烈に多くなるだろう。
 
ただ日本人の頭と身体には、「ランナー文化」が、マラソンやら駅伝やらの中継とかで、日々、根強く刷り込まれていて、どうしても、そっちに向かいがちなのではないかな?
 
本人が「持久力不足」、と言ってるけど、単に必要な筋力が不足してるだけ、というケースも多い気がする。
とりわけ女性トライアスリートの場合、表彰台に上がりたいなら、あるいはKONAに行きたいなら、まず「太る」、そして「筋肉量を増やす」ことから始めてみるのは、1つのアイデアだと思う。
 
とはいえ、オフシーズンの増量は8%以内に抑えるのがセオリー、ほどほどに。
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

« 言葉を定義することの意味 | トップページ | 【体重論2】 レース体重の考え方 ("走る頭脳"西薗良太選手を引用して) »

◆**耐久スポーツ理論 〜 体重&栄養編」カテゴリの記事

コメント

比較対象まちがえてまするみおかん。。
かれらKONAに合わせて直前に絞って、ランまでの消耗でさらに細くなる。
一般人なら+10%くらいがいいです。

い、いいんですか増やして(ゴクリ)

と思いましたが、女子1位の選手の体型を見て画然。
身長も体重もたいして変わらないのに、体型がまーーーったく違いました(笑)
体脂肪率が10%くらい違いそうです・・・(´▽`;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉を定義することの意味 | トップページ | 【体重論2】 レース体重の考え方 ("走る頭脳"西薗良太選手を引用して) »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ