« 【自転車レース】人生初落車→初救急車。。JCRC2012第6戦@群馬CSC | トップページ | 「ランニングは体に悪い!?」 WIRED記事についての見解  »

2012年11月 5日 (月)

救急車体験の振り返り、そしてスポーツの危険と身体感覚について

“Pain is inevitable, suffering is optional”

身体を危なっかしく使ってると、リスクの何たるかを、身体で知ることもある。
そして、神経細胞がPainfulな刺激いっぱいの電気信号を、脳へ送ってくる。

それを、どう受け止めるかは、僕の自由。
たとえば「苦しむというオプションを僕が選んだ」ということだ。

8112142102_df36dec02a_o_2_2  

病院に着けば、麻酔を打ってくれるだろう(たぶん)。それまで、この状況を楽しんでみるとしよう。 と、15時の事故から16時半の処置までの間、考えてみた。

って楽しくないでしょ!

ま、否定も肯定もせず、ニュートラルに捉える事はできるだろう。まず珍しい体験、には違いない。 ここまでの極限状態ってレースにしか無い。そうゆうのを楽しんできたわけだし、それはこれまで上手く行き過ぎたくらいだ。下手な方に振れた最悪が今だとしたら、それでバランス取れるくらいか。

そんな結論に落ち着いた。

 

自転車の身体感覚はリアルだ。「移動して、辿り着き、新しい景色を見た」「ミスれば、痛い」と、徹底してシンプル。

(今回のような巻き込まれ落車はミスかというと、「落車が起きそうな場所に居た」のは、十分にミスだ、自転車レースの世界では)

対して、野球・サッカー・テニス・ゴルフ・・・など西欧近代スポーツの1つの特徴は、数値化と社会化だ。プレイヤーの技術の優劣を得点に換算し、あなたは勝者です、と社会的承認を与える。それが日本を含めて普及したのは、近代社会が求めるものと重なったからだろう。そんな抽象化を極めてるのが、TVゲーム、ソーシャルゲーム。。

でも、それじゃ生ぬるい、て人は増えていて、走ったり、登ったりしているんだろう。そこでは、一定レベルの危険は必然。ランニングだって交通事故に巻き込まれる。自転車レースは危険に乗って危険の上を危険と一緒に走るようなもの、だが限度がある。

登山だと、危険と名声が無限正比例するから大変だ。尊敬する山野井泰史さんは8,000mの氷壁を命綱も使わないフリークライミングで超速登攀して世界的名声を得た(その方が安全だから、とのことだが・・・)。栗城史多さんの低リスクなパフォーマンスは斬新だと思ってたが、それでも、プレッシャーが判断を歪めてはいなかっただろうか。

僕は想定リスクの範囲内に居る。その極限に少し近づいただけ。Painfulな刺激と共に。それから、確かな身体感覚と共に。

・・・

記録 2012/10/21 15:00-24:00】

集団後ろのオートバイの役員がすぐに状況確認し、転がったボトルやメーターも集めて、ブレーキの歪みも戻してくれる。「いけそうだね、がんばって!」とクールに応援され(?)、何百mか、片脚ペダリングで本部へ。

レース会場の看護婦さんは、縫合が必要と判断し、救急車が呼ばれる。到着までの間に、Cクラスの落車で脳震盪が発生し、その対応で僕の搬送が遅れた、まあ仕方ない。。

恐らくそのせいで、搬送先は脳・心臓手術の専門病院。当初は「後回し」を告げられたが、当直の若手エリート脳外科医(後日お名前検索した)は様子を見て、脳震盪とほぼ同時進行で処置いただく。麻酔・洗浄・縫合。脳かっさばくプロは普通のお医者と雰囲気から違う! 

6時頃かに終わり、ロビーで携帯からFacebookに

”転がっちゃったよ〜。

 沼田へぴーぽーと運ばれ処理済みなう

 ペインイズイネビィタブル、サファリングイズオプショナル。”

と一報。タクシーで沼田駅へ、前橋〜大宮〜新宿と乗り継ぎ、Facebookのコメントを見たり返したり気を紛らわせながら、夜遅くに帰宅。 ラップとタオルで足首を包んでシャワーを浴び、無事就寝に成功した。「めし、ふろ、ねる」は生活の要だね。

やれやれ。

 
・・・
ブラグランキング参加中、こちら「1日1クリック」お願いですよ〜
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

« 【自転車レース】人生初落車→初救急車。。JCRC2012第6戦@群馬CSC | トップページ | 「ランニングは体に悪い!?」 WIRED記事についての見解  »

'07- 自転車を楽しむ日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/56045079

この記事へのトラックバック一覧です: 救急車体験の振り返り、そしてスポーツの危険と身体感覚について:

« 【自転車レース】人生初落車→初救急車。。JCRC2012第6戦@群馬CSC | トップページ | 「ランニングは体に悪い!?」 WIRED記事についての見解  »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ