« 2012横浜トライアスロン、エイジ年間ランク二連覇(ちょいと苦いが) | トップページ | 救急車体験の振り返り、そしてスポーツの危険と身体感覚について »

2012年11月 1日 (木)

【自転車レース】人生初落車→初救急車。。JCRC2012第6戦@群馬CSC

もう11月か。

話は1月前に遡る。「惨敗で王者獲得」というイヤラシさは、僕を次のレースへと向かわせた。

8112141962_44af82169f_o

くしくも横浜の3日後から絶好調。DHバーを外した少し遅い自転車で、いつもの往復路を連日Avg.45kmh超え。伊良湖/村上の超回復がイマサラきたか。この走りを横浜でしたかった!!

好調は3週続くはず、丁度レースあるじゃん、と10/21の自転車レースに申込。残り3席くらい、運命の滑り込み! 7月に表彰台に上がった群馬CSCを17周102km。今後進出するかもしれない長距離トライアスロンの予行演習も込めて。

【コース対策】

尾根幹のUP-DOWNを、10月第二週頃に何度か走って備える。例によって毎回ポジション調整をしながら。最後の調整でアタリが来たが、さらに欲張って平坦のスピード重視に修正、これは結果的にハズレ。ロードの超基本は集団走行だ。
 

【当日】

7時半過ぎ出発、新宿〜大宮〜上毛高原駅。ゆっくりトイレ(超綺麗)に入り、自転車をセット、昼ごはんを食べてたら、11時くらい? 

そこから自走で会場へ。これ大ハズレ。標高差は500m。いつも登らない急傾斜で脚を、重いリュックで体幹を消耗。。途中で気付き、急坂は歩くが、少し遅かった。しかも体幹の消耗が続く。。3-4kmかの急坂部分だけでもタクシー使うべきだった。ま、トレーニング目的もあり、負荷を多めに掛ける意図はあって、その点は意図通りなのだが。。

スタートは最前列、写真中央のオレンジ。

レース戦術的には前半は体力温存(てゆうか回復)すべきだが、トレーニング目的からは攻めるべきだ。で選択したのは、ちょっと中途半端に集団前方に位置する感じで、定まらない。しかし戦術以前に、自走の疲労か登りがキツく、体力が追い付かない予感。。

  • 2〜4周) 平均38kmh前後、今回の最高速75.9kmhを記録
  • 6周) 10人近くペースアップ。体力温存モードなら集団と一緒に上がるべきだが、攻撃スイッチが入ってしまい、単独で追う。でも登りで離され、ちょっとの差が追い付かない。自分を追い込み、彼らに追いつくが、みんながすぐに追いついてきた。無駄に消耗した小さな戦術ミス。1周9分13秒、平均39.0kmhの最速ラップを記録、最高速は74.9kmh
  • 7〜10周) 平均37kmh前後、背筋がキツく、いつもの体幹で回す走りができない。足攣り気味なのは回復させたが、体幹は回復しない。平坦や下りからの登り返しで前に出ても、登りでズルズル落ちる。これは集団走行のマナー違反でもあり、「おいおい」とか軽いツッコミを受ける。ま、この蓄積がレース経験ってやつで、ツッコミ入るのは有難いこと
  • 11〜13周) 平均時速35.1-35.3-32.8、登り終わりで10-20mくらい集団から離され始めた
  • 14周) 登り終わりで30mくらい離され、バックストレートの平坦で戻す。スピードが上がり過ぎ、集団後ろに付くのに不本意ながらブレーキを要した。そして、、

【事故】

スタート2時間経ち集中が落ち気味の高速・密集でのコーナリング。平常時なら平凡なカーブでも、警戒度の低さが逆にリスクを作る。前々車が接触か何かでフラつき「あーやばい」とか呻いた。この瞬間に僕は回避操作に入るべきだったが、時間がなかったのか、余裕がなかったのか。前車が怒鳴りながら急ブレーキ。次の一瞬で投げ出された。人生初の落車。

以下、推測を交えた状況:

  • 急ブレーキの前車と衝突、左側に自転車ごと回転。時速は4-50kmかな? (GPSに残る最後の瞬間時速は58.2kmだが、これはアテにならない)
  • ファーストインパクトは、ハンドルを路面に叩きつけることで、自転車が吸収
  • 伝わった衝撃波は、サドルに右内モモをぶつけることで、僕の身体に吸収された
  • そのままゴロンと転がり、セカンドインパクトは、路面vs.僕の背中
  • これを背中ポケットの3本目のボトルが吸収。ボトルの角が強烈にアスファルトに擦り付けられてた
  • ヘルメット後部とも衝撃分散し、1.5万円を御釈迦とすることで、身体は概ね守られたが、例外もあった

Img_3448_2 身代わりのボトル・・

つまり、横回転の受け身は完璧。

ただその途中、跳ね上がった右足首でガードレールか何かを蹴り上げた模様。ペダル固定状態だったかもしれない(=重量エネルギーが増え、回避動作は制限される)。靴下の数ミリ上の素肌を、ざっくり、やってしまい、救急車送りとなった。。

【レース視点からの反省】

その後、レースは十数人の集団スプリントで、現役競輪選手ぽい方が優勝。
仮に事故なく、残り3周18kmを走れていても、集団についてくのが精一杯だったろう。会場までの自走でやり過ぎた時点で、レース終了した感じ。B級ともなるとコンディションを最高に合わせないと駄目だ。今の僕の力では。
 
【トレーニング視点からの反省】
↑、ということを思い知ったのも、1つの収穫かな。それでも戦い切る地力があってもいいからね!

 

 ・・・

治療編は次回。(Facebookにはリアルタイムで書いとります)

 
・・・
ブラグランキング参加中、こちら「1日1クリック」お願いですよ〜
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

« 2012横浜トライアスロン、エイジ年間ランク二連覇(ちょいと苦いが) | トップページ | 救急車体験の振り返り、そしてスポーツの危険と身体感覚について »

'07- 自転車を楽しむ日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/55986276

この記事へのトラックバック一覧です: 【自転車レース】人生初落車→初救急車。。JCRC2012第6戦@群馬CSC:

« 2012横浜トライアスロン、エイジ年間ランク二連覇(ちょいと苦いが) | トップページ | 救急車体験の振り返り、そしてスポーツの危険と身体感覚について »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ