« 2012村上・笹川流れ国際トライアスロン 総合準優勝 | トップページ | 【自転車レース】人生初落車→初救急車。。JCRC2012第6戦@群馬CSC »

2012年9月30日 (日)

2012横浜トライアスロン、エイジ年間ランク二連覇(ちょいと苦いが)

完敗。いろんな種類の失敗がどおーっと吹き出した。しかしなんということか、また今年もアクシデントにより、

JTU年間ランキング年代別王者

(40-44歳)の座を守る。二連覇ってやつだ。。

2:11:49(総合8位/年代2位) Swim24:59(19位), Bike1:10:40(20位/11位通過), Run36:10(10位)

30786_459836230728125_1244799846__2

完走者924名。この中で総合3位に入ってみたかった(総合の表彰はない大会だけど)

でも、走りながら、僕は弱いなあ、、と。とりわけ心技体の心、或いはマネジメント能力が弱い。でも今シーズンは格段の進歩が幾つもあったし、総合1-2位を争う良いレースもできた、最終ランを楽しもうとも思ってたかな。で写真に覇気が感じられん。

【反省の数々・・・】

準備

  • 直前週、Bikeポジションいじりすぎ。練習では良い感触あったけどそれは錯覚、コースに出たら、機能しない! スピードが上がらない!(けど、本当に上がってないのかもわからない!)
  • 前日は慌ただしく(今日もだけど)、重い荷物を持ち込み、受付し、また都内へ出かけ、21:30に宿に戻る。疲れることが判っているのに、対策が甘かった→ Swimの伸びが足りない原因か
  • 当日朝の準備のダンドリ悪く、自転車のメーターのチェックをさぼってたら、センサーがズレてるのに気付かなかった。遠征時には高い確率で起きることなのだが! 

Swim

  • 直進のブイで、右折し、前に誰も居ないという事実を認識してから、コースミスであることを発見するのに少々の時間がかかる
  • ウェアとウェットスーツのファスナーが変に絡んでいて、ウェットが上手く脱げない、何十秒か?かけて脱いだら、ウェアの上半身がはだけてしまった(僕がオンナノコでなくてよかった)

Bike

  • スタート直後、カラーコーンに突っ込んで再スタート
  • シューズが300mくらい履けない。まこれは許す
  • GPSがスイム中に入らなくなってた→ 上述のセンサーずれとの二重トラブル、スピード・回転数・距離、全部判らない 
  • で、シューズでセンサー位置の微調整を図るが、失敗し、シューズがホイールにぶつかって揺れる、怖い
  • すると、リアブレーキが傾いて常時ブレーキ状態になっている! スピードを上げるべき場所で停止し、修正。この時センサー位置の修正を試みるが、また失敗
  • 2周過ぎあたりから、周回数がわからなくなる→ 自転車上で腕時計GPSの設定を変えて時刻表示をさせ、スタート時刻から各ラップごとの推定通過時刻を考えて対応。てこれ去年と全く同じ展開、反省してない・・・
  • エアロヘルメットの調整装置も変で、ずれまくる。ズラがズレる人の心境を体験した
  • ・・・と、こうゆうミスが全部クリアされた後、さあ追い上げるぞ、と頑張るのだが、差が全くつまらない!

Run

  • 年代王者を争うフクモトさんとの差が全くつまらない! しかも、予想外に、何人か、同年代に先行されてる感じ。せめて年代3位内を、と少しづつ抜いてはゆくけど、何か、かからない、感じ。気のせいだったかもしれないけど。でもゴール前の青絨毯で、急に軽くなり、すうーっと走れた。せめて最後の2kmだけでも、ああは走れなかったんだろうか? 

ゴール直後、2位だと思っていた(結果は1位)ニシさんと話し、少し後で、1位だと思っていた(同3位)フクモトさんと話す。なんと周回オーバーをされていた。。

つまり、二年連続で、レース内容では完敗した相手が周回オーバーをすることで、年代王者が転がり込んでくることになる。しかも、同じ横浜で。

こんな形で決着がつくべきではない。

 

とはいえ、村上ではフクモトさんに勝っている(タカハシさんには負けたけども。今回も)。タナボタ王位ではあるけれど、王位に相応しいレースが、少しづつ、できるようになってきた。

そう、良いレースをしたいんだ、と最近思う。去年までは、タイトルだけでハシャいでた感じだったけど。

僕が抜いた直後に「前に追いつけ!」なんて励ましてくれる見知らぬ参加者がいる。良い走りができてると、「お、速い」なんて喋ってるのが聞こえたりもする。フクモトさんとも、健闘お疲れ!的な写真を、帰り際、一緒に笑顔で撮って。
表彰式は出れなかったけど、そんな1つ1つのシーンにも、同じような価値がある。

順位は、今年ランキング対象の4レースを転戦し、ポイントを集めてきた成果であるのだけど、同時に、そんな体験も集めてきたんだな。

 

これで今シーズン終了、しばらく身体を休めよう。自転車だけはポジション確認目的で軽く乗るか(反省を込めて)。頭は酷使してかねばならん。。

最後に、応援してくれたみんな、どうもありがとう!

 
・・・
ブラグランキング参加中、こちら「1日1クリック」お願いですよ〜
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

« 2012村上・笹川流れ国際トライアスロン 総合準優勝 | トップページ | 【自転車レース】人生初落車→初救急車。。JCRC2012第6戦@群馬CSC »

'10- Triathlon挑戦記」カテゴリの記事

'10- レースの記録」カテゴリの記事

コメント

HOTAKAさん、その成果は、僕も楽しみです、笑

どこまでがやり過ぎか、限界がどこか、やり過ぎてみないとわかりません。今回は、限界に近い安全圏なのを、マネジメント力不足で超えちゃった感じ、それも含めてのレースですね。

問題点の洗い出し大事ですね。
曖昧にせず踏まえて次回は身体の限り快く走られる事を祈ってます!
(H田さん自身が納得するレースをされたらどのような成果になるか僕も楽しみです!)

しかし、今回の結果は日々の積み重ねの上で得たものでしょう。
問題に直面しても正せる様は練習と信念あっての事と思います。
苦しくも精一杯のレース、ナイスファイトでした♪

室谷さん、

こんな風に叩きのめされることも、大事なんです
(たまには、笑)

来年、もっと良いレースが、お互い、できますように。
そして、最高峰のハワイ、お楽しみください!

いろいろあったんだね。。

しかし今回のレポート読み応えあり!

また来年、もっと強くなってよ。。。!


お疲れさん!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/55783749

この記事へのトラックバック一覧です: 2012横浜トライアスロン、エイジ年間ランク二連覇(ちょいと苦いが):

« 2012村上・笹川流れ国際トライアスロン 総合準優勝 | トップページ | 【自転車レース】人生初落車→初救急車。。JCRC2012第6戦@群馬CSC »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ