« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の2件の記事

2011年11月14日 (月)

自転車レースJCRC初参戦 ☆ ex国体5位に競り勝って表彰台!

自転車レースでもメダル獲ったよー。
2011/11/13, JCRCツール・ド・ジャパン2011第4戦西湖ステージX2組、2位。

Photo1

レースクイーン谷桃子さんがかけてくれたメダル&中野浩一から頂く賞状・・・谷さん当日のブログ よりこちらの写真も引用させて頂きます↓ もっとすごい?の見たい方は写真集などご購入を。Kindleストアは99円から〜

20151024_113745_2

水着グラビアアイドルさんですが、凄い設定だ、、

・・・

4kmくらい単独逃げ、吸収されるも復活、3人の登りスプリント、って日本選手権のフミさんのようなレース展開でないですか! (同じ湘南ワタナベレーシングです)

しかしワタシは0.04秒差で負ける。一瞬=マタタク間の差。でも計算上60cmだから、負けは明確にわかっていた。そのゴール地点がレース最高速54kmh。カカリが遅れたってことだ!もう10m早く最高速に達してたら勝てたなー。

でも大満足! 単独逃げは声援も受けるし、他の入賞者さんからも感謝されるし、2度楽しめた。そして、0.05秒差で勝った左のハタノさんはかつて国体5位入賞、なんとトップレーサーに勝っちまったよ! オマケに賞品は推定2万円以上、トータル参加費を3割上回るリターンであった。

自転車ロードレースは、ただ自分の限界に迫るトライアスロンと違い、ゲーム性が強い。日常性を激しく逸脱してるけど人の道に反してはいないゲーム。そしてゲームは強いほど楽しめる、これはトライアスロンと同じ。トライアスリートならではの勝ちパターンも見えた!

111113_151322  
 <富士山は隠れた午後の西湖。コースはほぼ湖岸、最高に気持ちE♪>

 

【レース前】

JCRC(日本サイクルレーシングクラブ協会)は、自転車の市民レースの団体で、実業団の弟分のような感じ。ユルい兄弟なので両方出る市民レーサーも多い。僕はJCRCデビュー&再復帰向けのX級に参加する。

でも調子はビミョー。。土曜、朝7時から1時間軽く走ると、重い。。木曜の疲労が抜けていない! 9時から栄養豊富な昼食、電車で藤沢へ、湘南ワタナベレーシングのお店から車2台&6名で富士へ。車中のウトウトで疲労回復が進み、16時からのコース試走はビューンと気持ちよく進む。でもまだ少し重い。ギリギリの調整…

夜はメンバーとレース談義、作戦を固めた。

当日は5時半朝食、7時頃1回試走。朝霧深く、寒い。7℃くらい?
_
少し重く、攣りそうな感覚もある(=よくあること)、でも入念にアップすればOK!(と信じる) 9時までゆっくり民宿で準備、日本茶飲みながら。Garminの心拍値が高すぎたので急遽SUNTOを追加してたら、二回目のアップの時間が10分しか取れなかった。ま、残りはレース前半でこなせば良し(と信じる)

コースは1周10kmの西湖を2周、ゴール前の2kmが20mのごく軽い登り基調、ほかは平坦、難しいコーナーも無い。そこでお決まりのレース展開は、18kmまで集団1つで脚を温存、残り2kmでペースアップ、生き残った小集団で最後300mのスプリント。

な中で僕は、6km地点あたりから単騎逃げを仕掛ける作戦。独走ルールのトライアスリートとして、来季のレースに活きる経験になるだろう。こんな勝負度外視な立ち位置は、自転車専業組には存在しない。

スタート前に温度急上昇し、服を少し脱いでフェンスに縛る。好判断だが、もっと脱げば尚良かったが。

・・・

【レース開始!】

ガーミンデータ見せちゃうよー http://connect.garmin.com/player/128351850

スタートは集団半ば。2kmあたりで空きがちなコース右側から集団前に上がる。10〜15番手あたりは位置取り激戦地帯、油断してると前に出られ、後ろに下がりがち。

集団って、「時速40km・30cm間隔・50台」とかで、一斉に曲がったりするわけだ。ちょいと怖い。カーブで前がブレーキ掛けたり、左右にブレたりすると、リアルに怖い。自分がそれをやらかすと「膨らむなー」とかツッコミ入る。トライアスリートがこんなとこ居ちゃいけない! 4kmあたりで5番手あたりへ上がる。なぜかこの位置には皆上がって来ようとしない。それほど風圧もないので、操作下手で巡航力だけあるワタシには最適だ。精神的にも、身体的にも、落ち着いてきた。

そして5km通過。こっからクネクネのコーナーが幾つか。コーナーでは集団より一人の方が速い。集団もダレてきた。予定通り、45〜48kmh巡航に突入! あっさり引き離し、おおよそ4km近く独走。

「おー逃げてるぞー」「差100m!」「逃げろ逃げろー」

など観客にはやし立てられ、調子に乗る。
でも残り10km以上を逃げ続ける感じでもない。後ろを振り返ると、100m先で、道いっぱいの大集団の全員がボクを睨みつけている(気がする)、怖っ! 登りの途中で緩め、10km手前で吸収。。

ま、おかげで集団はスピードアップしたようで、表彰式でお礼言われた。

「あのまま逃げ切られるかと思って焦りました」

とも。

単独走の疲労は2−3kmか、下りベース区間を集団後方で走ってると取れてきた。でも、ただでさえウザい集団内、しかもスペシャルBoraを装着する我がLemondは放っておくと前の自転車にぶつかってしまうほど速い。右から上がり、10番手あたりへ。対岸の直角コーナー手前で2〜5番へ。横2-3列でスペース空いてるから、下手な私でも安心してコーナーに突っ込める。クネクネ区間は2〜3番手を維持。

2km前の直角左コーナ手前で数名が急加速。勝負が動き始めた。

 

【ラスト2km!】

こっから先、記憶とびまくり、「3秒くらいの粗い動画」の断片しか思い出せない。(おそらく状況判断を目的として観察した時だけ記憶として残り、走りに集中していた時は、生存に必要な範囲でしか脳が動いていない)

こんな非日常は、レースにしかない。

朧気な記憶を辿るために、ルートラボでコースを再検証してみた。西湖のラスト2kmは、まず曲って120mで9m↑、緩い下り〜平坦の後、残り1km地点から300mで5m↑。残り0.5kmから200mで4m↑。ラスト300mは2m↓(そうだったのか)

わずか5mの登りでも、このロングスプリントでは、決定機になった。

残り1.5km、緩い下りまでに、あっという間に先頭は視界から消え(=たぶん視神経は捉えていたけど脳が認識していなかった)10番手くらいに落ちる。30m差くらいかな? でも逃げで脚を使ったこともあり、急な追走はしない。6位狙いで十分、じんわり加速させてゆく。

残り1kmの登り、引力に負けたスプリンター達がパラパラ落ちてきた。意外とあっさり先頭近くへ復帰、5−6番手の真後ろにつける。

残り0.5km、前2−3人が視界に入ってくる(=脳がようやく認識し始めた)。彼らは左端、残り1kmの左カーブで最短コースを通ってきたわけだ、さすが!(と今きづいた)

このあたり、順位は全く考えず、ただ「前方の走行物に追いつくこと」しか考えていない。馬並み、である。

残り400mあたり、大きなゴールゲートが見える! 時速50kmで近づいてくるゴール、そしてゆっくり近づいてくる前二人! でも10mくらい先、追いつけない、と思った。こうゆう余計な事を考えたらダメだ。精神論ではなくて、身体の反応が遅れた気がする。

残り30mくらいでガクンと近づく、でもゴールラインが近すぎる! 2番手に入り込んだ時点でゴールライン通過。0.09秒に3人、美しいスプリント勝負が終わる。

111113_170603 
   <帰路の富士山、17時>

 

【自転車乗り限定】

111113_140830

重めの自転車使ってます。

  • フレーム: Lemond Alpe d'Huez 2008 (下アルミ+上カーボンで快適&安定、重いけど)
  • ハンドル&ステム:アルミ
  • 変速: 105
  • ブレーキ: Ultegra-SL 

そして、この夏の新兵器たち!

  • ホイール: 「かくれBora-Ultra」(今回ついに牙をむいた感。45kmhからゾーンかも。ってそれでトライアスロン40kmを巡航したらすごいことに…)詳しくは川崎の 『 桃輪 』 へ。サイトは妖しいが中身は本物 ・・・追記:2013年に桃輪のご主人はお亡くなりになりました。日系ブラジル移民から逆移民されて、フルタイムで働きながら副業されてた方で、書く日本語は少し変でしたが、個性的なおもしろい方でした。R.I.P.
  • クランク: Dura7900 53-39/167.5mm (2.5mm短縮、ストレス無く110回転巡航できることは、「先頭付近で脚を貯める戦術」に有効!私はあくまでも高回転派です)
  • スプロケ: Dura7900 12-27 (Ultegraとの違いは変速のスムーズさ!)
  • サドル: ISM Adamo Typhoon (重いが、レーパン要らずの快適さがトライアスロンのランに活きる)
  • タイヤ: Vittoria Corsa Evo CX2 (まだ限界を知らない)

2011年11月 1日 (火)

少量の毒なら、脳にも身体にも必要。

この週末、高校の首都圏同窓会。地方公立校ながらも毎年300人近く集まる。2年前にはじめた「大豆を育てて八丁味噌のカクキューさんに味噌にしてもらう企画」: http://d-miso.jugem.jp の二代目会長としての責務が重大である。<先代は 年初あたり某県を騒がせたオトコ > さらに、数千名もの会員名簿管理を共同で担当してるので、たあいへん。

持ち前の段取りの悪さを発揮しまくり、前夜にチラシのデザイン開始→ 印刷の用紙不足発覚→ 止めときゃいいのに配送用ラベル印刷にチャレンジ(=でも今回使わず)→ 早朝コンビニで割高な用紙購入、、、で睡眠3時間だ。日中は自覚症状無くハイに乗り切る、が帰宅後ずどーーんと重くなり、夜7時から昼寝。。

でも二年目の味噌プロジェクトの運営はGood! まともにマネジメントしてないのに、いろいろあって、結果的には盛大に回っている。

111029_094413 準備中

チラシ:1「豆育てよう!」という土の香りが足りない?

・・・ 

ま、そんな変なことも、たまにはやってみると刺激になる。そして最新科学は、変どころか、毒、で刺激した方が良いということを証明している。そんな一冊、「脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方」

21世紀の最新研究成果をふまえ、運動の効用を説明する、スポーツ界の一部で話題の本だ。その対象は、

  • 学習能力UP
  • 精神疾患の治療: ストレス・不安・うつ・注意欠陥・クスリなど依存症・・
  • アンチエイジング: 長生き・更年期のホルモン変化・・

などなど、いろいろ。

学校教育や医療関係者も読んで損はないだろう。

よく言われることに、「元気だからor若いから、身体動かせていいねえ」てのがある。違うんだよ。身体動かしてるから、元気and若いんだよ。30分歩くだけでいい、その1歩を踏み出したか、それを1日置きにでも3週間続けたか、それだけの差なんだよ。

たまに目にすることに、「運動は身体に悪い」てのがある。しかし、その主張には意味が無い。なぜなら、「身体に悪いから、身体に良い」からだ。てこれは説明必要だね。正確には、

「少量の有害物質は、適度なストレス反応を起こし、細胞を元気にする」

ということだ。

この10年ほどの研究によれば・・・

  1. 『野菜や果物が身体にいいのは、昆虫に食べられないための毒素が、人間の身体にストレス反応を起こし、人体が防衛のために"抗酸化酵素"を作るから。野菜自体にも抗酸化酵素はある(従来の定説)が、ごく微量なので、人体に効果はない』 (米国国立老化研究所 神経科学部門長)
  2. 『原子力船造船所で1980年から1988年の間、労働者の2つのグループを比較し、ごく微量の放射線を浴びた28000人の労働者は、そうでない32000人の人よりも、死亡率が24%低かった』(米エネルギー省の調査)

などがわかっている。

この前提は「コントロール」。どんな毒を取るかは、自分でコントロールできるべきだ。それに、野菜の食べ過ぎ、運動のし過ぎは、自分で感知できる。

・・・

今、放射能が怖いのは、コントロールを外れてしまったから。

そして、「放射能への恐怖心」までもが、コントロールを外れがちだ。

「恐怖」とは、おそらくは動物が持つ最強のエネルギー。暴走すると大変だ。

まずは、感情を抜いて理解する必要があるだろう。放射能とは「自然界のエネルギーの1つ」であり、太陽と同じような存在だ。エネルギーだから細胞を震わせ、一部を破壊する。その破壊はほぼ全てが修復されるが、時々、追い付かなくなる。この作用も、太陽や空気と同じだ。酸素も紫外線も、地球で生命の成長を何十億年か妨げてきた猛毒なのだから。

つまりは、 程度の問題でしかない

念のため、放射能を食べろとか、原発水を飲め、とか言ってるわけではない。政府の安全基準を信じろって言ってるわけでもない。「自分なりの行動基準の範囲内なら、毒を許容する」という姿勢が、あなたを健康にするかもしれないよ、というだけ。

僕たちがなんとなく見てるTVとか、外野席から恐怖を炊きつけ、心のコントロールを外そうとしてないか? 原発水を飲め、と言ったフリーライター氏は、暴走する恐怖心を乱暴に表現してしまった典型例。大手メディアはもっと洗練された表現をするけど、中身はそう変わらない場合が多い。

「どうすればコントロールできるか」、という視点の無い言説は無意味、時に有害。

・・・

話を戻す。も一度書こう、「身体に悪いから、身体に良い」のだ。

世の中が便利になり、「毒なものは排除しろ」という動きが進んでいる。社会の進歩だ。でもそれは、ある面では、ヒトを劣化させている

学芸会の主役1つを10人くらいで分担した、なんて話を最近聞いた。子供を温室培養したい親が多いんだろう。あるいは、親自身が温室でないと不安で仕方がないんだろう。もしくは、温室好きな親との摩擦に耐えられない教師自身が温室培養なんだろう。

だからといって、無理に冷水に放り込むのは、同じくらいダメ(マネジメント的にはより厄介なのは言うまでもない)

どこかで、自分の意思で、温室から出て、毒と向き合う、まずはその一歩が大事。本当に心から温室に居続けたいと思ってるわけでもないと思うしね。

 
・・・
ブラグランキング参加中、こちら「1日1クリック」お願いですよ〜
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ