« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の3件の記事

2011年8月29日 (月)

伊良湖トライアスロン、難敵出現、台風12号!

「台風5日進路予報」によると・・・
12号ことタラスちゃん、9月2日(金)に伊良湖を抜ける可能性が高い。
でもタラスちゃんはゆっくりだから、1日くらい遅刻するかも。
そんなこともあるさ、地球が相手だから。

海が荒れてスイム中止だと、3分くらい不利かな?余波でウネる程度なら、スイムの難易度が上がって、多分有利。ならば、8/31までライフガードさんの居る江の島で泳いでおきたいけど、無理。。9月まで忙しいのです。

波・潮位ふくむ「Yahoo釣り予報」によれば、満潮am10:39。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/tsuri/23/21042.html

状況がどうあろうと、準備は進めるのみ!

【Run】
恐怖のコースをご覧あれ!

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=7caeb1fea4112c048ff32c7dc46b28b1

  • 10km中8〜9kmが坂!
  • 8〜10%のUP&Dwonの繰り返し!
  • 最大斜度はもうちょっとあるだろう  (・・・スタート直後に斜度20%の表示だけど、地図をちゃんと読むと10%? ネット地図は最高地点が高く表示されることはよくあるよね、削ったり、位置ズレで) 

ただし、、、個別の坂は大きくても高低差20〜30m。このサイズに対応できればOKだ。勝負は下りの脱力度だろう。

そこで、近所の斜度8%?、15m差の坂で、脱力した下りを練習。クルマの来ない広い車道なのでリラックスできる!時速22kmまで脱力していられそうだ。

これが斜度14%の岡本の坂だと、100m13秒〜800m走の日本記録レベル〜が出るけど、足にバンバン来て大変! 壊れちまうぜ。でもこんなのもありそうだなあ。。

登りは脱力10kmh、ちょい力いれて12kmh、がんばって14kmh。どこまで持つか?

・・・

【Swim】 
山篭もり前後で約10日空けた後、持久力不足。。いちお、うねる海をイメージしたパワー&テクニックの強化を試みる。回転を上げ、バトルの最激戦地から一歩抜け出す!(かも)

手応えはちょっとあり。小指入水、アタマ位置から丹田までを力点にしたI字ストロークで、浅くかき出して。もしくは、中指入水&アタマ一点に力集中で。

 →木曜、ガラガラの流水プールでのウェットスーツ錬に成功。腕にかかる浮力の分だけ体幹を使うことで回転を維持しよう。

【Bike】

明らかな練習不足を、山篭もりで取り戻すつもりが、逆に退化した。。あと3日ほど筋肉へ刺激だけ入れて誤魔化したい(もしそんなことが出来るのならば)

 →予定通り29~31日まで追い込んでみる。1~3日を休養と微調整にあてて、天命に委ねよう。

・・・

天気の良い木曜に実家へ移動、雨風強い金曜は休養。

そして、実行委員会の決定を待つしかないでしょう: http://www.mspo.jp/irago/

・・・

9/3朝、あまりにもノンビリなタラスちゃん(No12)は未だに太平洋上だ。。4日の波予報も高い!

波 6メートル 後 4メートル うねり を伴う ただし 内海 では 4メートル 後 2メートル

大会サイトのQ&Aコーナーには、ナーバスになっている参加者の様子が伺われる。気持ちはわかるが、どうしようもないよね。大会事務局だってボランティアなんだし。僕らニホンジンは、ずいぶんと高レベルなサービスに慣れきっている気もする。

ワタシは起床時体重58.4kg、冬の最重量から5kg絞れた。昨日は1日猛烈な疲労感の中を過ごしたが、今朝は軽いかな。家族の応援と共に伊良湖のホテルに本日移動。

2011年8月28日 (日)

【写真集】'11夏、山篭りの記憶

110816_093316_2
嬬恋パノラマラインからの浅間山
110816_105300
 
ヘルメットを忘れ工事用を
2000円で調達。。
110819_084732
 
高原のオフィス
110816_131952
 
野菜が素晴らしい!
110815_200504
 
炭火BBQの予熱で煮込むシチュー
110815_200719
 
客人のです
110817_094530
 
巨大オニヤンマの訪問
110819_172523
 
埋もれていた小川への石段を発掘しましたー
110820_132236
 
雨で自転車を断念、八ヶ岳高原鉄道。
110820_132321
 
テーマは「自由への疾走」、もしくは迷走。
110821_131203
 
サヨナラ

2011年8月 7日 (日)

4位で初の総合表彰台★長良川トライアスロン2011

★★★ 写真追加 ★★★

渡良瀬中止の後、急遽参戦したのです。
お金は事前に払ったが、当日、大会事務局さんに十分伝わっておらず、あちこち説明しながらスタート場所へ5分遅刻の5分前に。そして…

【戦利品たち】

  1. 豪華な盾!
  2. 遠征に欠かせない専用バッグ、ついに獲得! 
  3. お米、宿泊先の実家へ寄進して親孝行?

110807b

【公式記録:第26回長良川国際トライアスロン大会2011】
http://www.jtu.or.jp/news/2011/pdf/11nagaragawa-result.pdf

最後コースを間違えて100mくらい?余計に走ってしまった記録:
2:12:24 総合4位

  • すいえい: 23:56 →14位 (男子11位=女性スイマーは速い!)
  • じてんしゃ:1:08:15 →7位/6位通過 (男子同じく=自転車は筋肉量)
  • かけっこ: 40:13 →5位 (高橋尚子でもトライアスロンだとああは走れん)

<1年前との比較…>
http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/2010-3408.html

  • Swim:  24:45  (16位) →今年が悪すぎ?
  • Bike:   1:08:15 (17位/19位通過) →進歩なし!
  • Run:    43:47  (29位) →実質4分速、この差!
  • Total: 2:16:47 総合17位

【Swim】

Photo
芋洗いのスタート前、緊急参加のため、ピンク帽の中でワタシ含む2人だけ青い

_2
「何で帽子青いの?」的視線・・・。

Photo_3
第一周回後半、ワタシは何処でしょう?
_2_2
クリックして拡大。青帽子は青丸あたり怪しい、ならば30位前後?随分抜いたわけだ。

一番自信あったのだけど、バタバタしたまま終わる。試泳してないのもあるけど(しろよ)、安いウェットスーツの限界かも(道具のせいかよ)

【Bike】

Photo_9 Photo_10
ウェット脱いだり、ウェア着たりでもたついて数人に先を行かれたかも? で速度&回転計も作動しない。。初導入の3本目のボトルをイキナリ落とす。。。独走で順位を上げてゆくが、ペース上がらず、いくら走っても強豪さんには追いつかず。。。。3周目、総合3位のイトーさんが1-2名連れて(後から元プロ?スズキさんと気付いた)猛烈に抜いていった頃にようやく点火し、新兵器スペシャルBORAが機能してくれた。最後は足を痙りまくる

【Run】

Photo_11 ※右奥、ピンぼけが多分ワタシ

1周目の折り返しで、総合6位であることを発見し、びびる。守りきれば総合表彰台ではないか! 再び痙りそうな足をごましながら前を行くイトーさんに最接近した時、ついに来てしまい、、痙りながら走っていたら収まった。。するとペースが同じ(周回遅れの)方が迫る。「第7位だと勘違い」し、「総合表彰台落ちの恐怖」に襲われ、さらにびびる。3週目に最終4週目と間違えてロングスパートをかけると、折り返してくる先頭バイクに気付いて、猛烈にびびる。。
なんとか維持していると、強豪ナカイさん、ハルキさんを抜いてしまう。おかしいなあ。そして4週目の最後に最速を記録!1km3:30ペース、こんな状況で?心拍183〜185。死ぬかと思った。その勢いでゴールへの入り口を走り去り、わーわー騒ぎながらUターン。。

コース間違いが無いと総合3位なのだが、
「3位の選手と一緒にコース間違いをし、その間誰もゴールしなかった」
という状況で、そんな理由で順位を上げてもしょうがないし。
なので、実質的な順位は同じ。
ちなみにRun順位にも影響しない。強者はミスを問題としないのだ、わはは!

完走者306名とギリギリ300名オーバー、総合2位の竹内さんはランキング対象外のため、年代別で最高点13ポイント獲得。次勝てば2位、もひとつ勝てば年代王者となるであろう(とらたぬ)
総合ランキングTop10入りは、簡単ではない。

でも、そんな数字の上の話はどうでもよくて、、
Photo_14
Photo_12
総合表彰台は良かったー。

*写真は整体院エイド・ステーション増田さんよりこちらから頂きました

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ