« 人類ほど暑さに強い高等動物はいない (自覚してる?) | トップページ | レース1週前、出場者確定 »

2011年7月17日 (日)

レース2週間前のトレーニング

731東京都トライアスロン渡良瀬@群馬県まで2週間、直前マニアワセで凌ぐことを試みる。マニアワセな割に、今回も絶好調、総合狙ってくよー

【4週間前】
仕事の締切の一つがなんとかなった感もあって、量を積むことを意識、梅雨明け頃の猛暑の中で1日平均120分トレーニングで、身体を慣らす。レースも120分少々なのでそれ以上やる必要はない(かも)

【3週間前】
レース本番のシミュレーションに切り替える。て身体はこんな簡単に切り替わってくれるものだろうか? ま信じるしかないよね! 
基本は、レース距離を4〜6分割して、レースペースで走る。
ただし、同じ距離を走ってしまうとオーバートレーニングになりがちなので、半分ちょっと位に留めておけば十分(かも)

  • Swim: レースは片道375m×4回なので、プールで400m×4本に慣れておけばよい。ターンの蹴伸びで休んでしまうから、同じくらいだろう。砧公園は50mプール、持久力強化にGood!でも江ノ島の海には到底かなわない!
  • Bike: 60分間を4〜6分割して、ローラー走。少なくとも都内では信号やクルマを気にせざるをえない路上でトレーニングは無理。湘南の134号線が懐かしいが、ま、仕方ない。。
  • Run: 10kmを5分割。最初の2kmはバイクで酷使した筋肉をラン用に慣らすために1km3:55くらいのスローペースで、次の2kmで3:40くらいに上げて、3:30→3:20ペースへと上げてゆければ、結構な相手とラン勝負できる! 靴もレース用のに履き替え。

今週は好調、ほぼ毎日ベストタイムを更新。今日の2kmランではラスト1本で6:48まで上げた。10km34分ペースだ!それ以上やると筋肉が壊れるので止めておいた。

同時に、暑さ対策のノウハウもつかむ。暑さに対しては、力勝負を挑んではダメ。暑さへの耐性を上げようとするのではなくて、「どうすれば暑さの中でベストパフォーマンスを出せるか?」とテーマ設定して試行錯誤することが大事! そしてトレーニング後には100%ジュースと牛乳を氷でキンキンに冷やしたリカバリードリンクを大量に飲む。クーラーの中で氷入りの飲み物を飲むべきではないが、ここでは氷で冷やしまくるべきであると身体が判断するのだ。

【2週間前】
この好調で調子に乗ると、レース本番で疲労がどーーーんと来る。テクニック=筋肉の使い方=への意識を最高レベルに高めて、持久力を意識して、スピードをやや抑えることになるだろう(かなり出ちゃうと思うけど)。まあ、走った感覚で、その場で判断してきます。

そして、4時起きを開始するっ!

« 人類ほど暑さに強い高等動物はいない (自覚してる?) | トップページ | レース1週前、出場者確定 »

'10- Triathlon挑戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/52233934

この記事へのトラックバック一覧です: レース2週間前のトレーニング:

« 人類ほど暑さに強い高等動物はいない (自覚してる?) | トップページ | レース1週前、出場者確定 »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ