« 室温3℃でも暖かい節電生活テク | トップページ | ♪人類よ 正しく怖がれ 放射能 それにつけても無口な政府 »

2011年4月 2日 (土)

三陸海岸の中小企業をちょっとだけ支援し始める

【今できること、って?】
ほとんどの震災義援金は、すぐには使われない。
だから、「今でなければできないこと」ではない。
(※もう被災地に入っているような行動力のある団体を除きます)

でワタシがちょっと対応しているのが、知人のご家族が経営される、三陸海岸の中小企業さんの復興策。現地に入ったりはしないけど。

昨夜のNHKニュースで、陸前高田市の印刷会社を取り上げていた。
社屋も、3,000万円の最新印刷機も、流されてしまい、社員15人くらいを社長宅に集めて、一時解雇の方針と告げる。雇用保険の緊急措置で、半年〜10ヶ月分くらいは給料の6割の失業保険がもらえる。その間に、社長は事業再開を試みる。

ここ? http://www.takumi-in.co.jp

そんな会社ばかりだ。

緊急にとるべき策は「事実」として。
モノを失った後、ヒトができる活動のアイデアは「希望」として。
50人の社員と家族、そして企業としてサバイブして活動を再開することが地域に与える影響は大きい。しかも、もしそれが継続し、成長してゆくのだとしたら。
それに、彼らがそんな活動を始めたら、応援してくれる人は多い気がする。

でも、現実の問題はとても大きい。。

・・・

【日記】
疎開から戻り、3末締切仕事を仕上げる。
疎開先ではWindows(Office2010)、自宅はMac(Office2008)、どちらも拡張子“X”系だが、微妙な違いが、大きな作業ロスを産む。。感情的にはMacノートを買ってMac一色に染めたいが、現実的にはMacにWindowsを仕込んだスーパーマシンを作るのがよい気がする。

4月は前半2週間は自分の環境整備的な仕事がいくつか。
でも放置して、1日はジムに入会し、トレーニングを本格再開。
Bike0:30〜+Swim2:15。
横浜まで6週間、間に合うか??

« 室温3℃でも暖かい節電生活テク | トップページ | ♪人類よ 正しく怖がれ 放射能 それにつけても無口な政府 »

♪ 起業、あるいは自由な日々の記録 '09-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/51279113

この記事へのトラックバック一覧です: 三陸海岸の中小企業をちょっとだけ支援し始める:

« 室温3℃でも暖かい節電生活テク | トップページ | ♪人類よ 正しく怖がれ 放射能 それにつけても無口な政府 »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ