« こんな時こそネットは遮断 | トップページ | 三陸海岸の中小企業をちょっとだけ支援し始める »

2011年3月19日 (土)

室温3℃でも暖かい節電生活テク

50ヘルツ圏内に疎開中のワタシですが、この冬はエアコン無しで過ごしとります。

筋肉量と共に発熱量も増えたのもありますが(体重60kg中53kg超、TANITAによる)
「室内スリッパの追加」が決定的に効きました。

無印良品のぬいぐるみのようなモコモコ足首スリッパ。
去年買ったフリース足首スリッパを被せると、サイズ次第で、完全に一体化。
外のフリースで内のモコモコの暖気が完全に閉じ込められ、床に接地する部分も僅かに浮く。

冷えは末梢から来る、という医学。
冷たい固体は空気より圧倒的に熱を奪う、という物理学。
両面からの対策となるのです。

さらにワタシの場合、Macは立ったまま動かしてるので(テンション上げて仕事できるので)
下半身と体幹の筋肉が軽く発熱を続ける。
ズボンの下のタイツで、その熱を閉じ込める。(ヒートテックでも木綿でも大差なし)

8℃くらいまでなら、これで十分に温かいです(座ると少し寒いです)。
3℃くらいだと、少し寒いので、時々軽く体を揺すって発熱。

普通に運動不足の方は、筋肉量少なめ+脂肪多め、すなわち「ヒーターが小さく冷却材が多い※」だろうから、もう少し設定温度が上がると思いますが。

(※脂肪は発熱しないから冷えやすく、皮膚のセンサーは「寒い」と判断します。断熱効果はあるけど、服着れば同じだよね) 

日本は(特に60ヘルツ圏は)これから省エネ生活に慣れてゆく必要があるでしょう。「いつでも動かせる筋肉」はそのインフラとして重要なのです。

 

ブログネタ: 防寒や節電のアイデア教えて!参加数拍手

« こんな時こそネットは遮断 | トップページ | 三陸海岸の中小企業をちょっとだけ支援し始める »

♪ 起業、あるいは自由な日々の記録 '09-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/51159617

この記事へのトラックバック一覧です: 室温3℃でも暖かい節電生活テク:

« こんな時こそネットは遮断 | トップページ | 三陸海岸の中小企業をちょっとだけ支援し始める »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ