« 成人の日の社説、読売vs日経 | トップページ | 「スピード・オフィス」の構築 »

2011年1月21日 (金)

2011トライアスロンは、「練習時間を減らして勝つ」

上は富士山、右下が皇居〜お台場、で真ん中を走る! Triathlon2011_e3
スロースターターなワタシ。
よーやく仕事のペースも上げてく、つもりが、まだまだペースアップ余地大。

んな中で、2011年トライアスロン初戦は5月15日、横浜に決定。
http://yokohama.triathlon.org/jp/

難点は多いのだが・・・

  • 参加2000名、多過ぎ
  • 参加費2.5万、高過ぎ
  • 2日間拘束、長過ぎ
  • 氷川丸の浮かぶ海、汚過ぎ
  • 多分勝ちにくい

ま、お祭り、ですな。

人は多いが、コースが長め(写真のA〜B間)、道も広そうなので、緩和されるだろう。
値段は、地方遠征の総額よりは安いし。ベストは遠征にスポンサーが付くこと(笑)→笑いながらも、試みてみようか? 

問題は、勝てるか?

2時間切り&総合表彰台も見えるコンディションだと思う。トレーニング次第、大会次第では。
しかし敢えて、トレーニング時間を削減する。運動時間だけでなく、ダンドリとか情報収集とか含めた、トータルの拘束時間を対象に。

なぜなら、今年は仕事量を増やす年だから。

持続可能性 を追求するのだ!

制約条件あってこそのアマチュアレーサーの栄冠。そのノウハウは、つかんだ。

« 成人の日の社説、読売vs日経 | トップページ | 「スピード・オフィス」の構築 »

'10- Triathlon挑戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/50648753

この記事へのトラックバック一覧です: 2011トライアスロンは、「練習時間を減らして勝つ」:

« 成人の日の社説、読売vs日経 | トップページ | 「スピード・オフィス」の構築 »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ