« 愛知知事選へ、行動の人、重徳和彦さんが | トップページ | 「東大ワールドカフェ」でファシリテータ−を。 »

2010年11月 8日 (月)

25mを「9ストローク」で泳げたよー

日本シリーズ、残念だったが、ロッテはそれ以上に良いチームだった。
個の実力以上を引き出すチームの和、ってある。西村監督の手腕は要チェック。名監督バレンタイン以来の伝統を引き継いでもいるだろう。

リーグ戦3位ながら、互角の戦い。上回ったのは、敵地での粘り、だろうか。真っ青なナゴヤのど真ん中に立つ救援陣の小野・薮田・小林・・・のフテブテしいツラ構えGood. 

中継も良い。特に12回表、ロッテ応援団の祈りと、背番号26。。中継無しが多いシリーズで、現場の意地のようなものを感じる。気のせい?

・・・

ま、他人の勝負より自分の勝利デス。

【10月のトレーニング】 

動画を1つご紹介。
始めて見たとき、別世界だと思ったのだが・・・

流行りの流派「トータル・イマージョン」(TI)師範模範演技。25mを9かきで、すーいすい♪ と泳いでいる。1かき=1けり、の2ビート泳法。


ワタシにも出来た!

10月は、スイムの技術だけに絞った。ジムも10月末で解約申入し、締切を強制設定。

村上、そして佐渡で酷使した身体を休ませるのが第一の目的。今年の泳ぎはテキトー&マニアワセだから、今のまま大きくは伸びないという危機意識が第二。。なんてカッコいいこと言って、ホントはしたかった。

で、毎朝1時間、上の動画の真似事を繰り返す。

湘南のオバサマ人気が高いことで有名なワタシのこと、周りのオバサマスイマーから「キックの軸がブレている」とのフィードバックもGet。略してオバサマGet! 中心軸を意識すると、ぐっと力が伝わり、水流の絡み付きも減ったかな。

教訓: 良好な人間関係とは、「的確な指摘をもらえるための土台」として重要である。

並行して、テクニックもお勉強。
対象的な2冊を入手。手軽にポイントをつかめるが一読すれば十分なのと、ヘヴィーに学べるが情報多過ぎなのと。両方組み合わせて丁度良い。書評は文末ご参照。

結果・・・

9ストローク達成! 身長165cmでタイム28秒くらい、TI流の「エリート」認定をクリア。

タイムは無視したが、結果として 「脱力して50m50秒ペース」を実現。ハッタリ選手はペースが落ちないので、「力を入れなくても進み続けるソーラーカー状態で1.5km25分ペース」もイケるってことだ。海だからヨットか? まず手元の武器を磨くのだ。

 

【トレーニング時間】

  • Swim: 14時間 (26分/1日あたり)
  • Bike:  6時間 (12分) メーターは150km進む
  • Run:  9時間 (17分)
  • Total: 29時間=1日平均56分

これでもRunのタイムも伸びていて、1km3:30ペースで普通に走れるようになる →10km35分ペース&総合表彰台も見えてくる。

練習の距離は記録していない。

体重は1月で3kg増えました

  • 体脂肪率10.0%(8月から+1.9%=1.2kg?)
  • 筋肉量53.6kg(+0.7kg)

 

【以下、マニアさんへ】 (って既に十分マニアックだが・・・)

1) 『速く泳げるようになるクロール50のコツ』 →最新トレンド最短Get!

  • 「2軸」と「TI」という21世紀クロールをエートコドリしてる。さすがは2009年刊。TIという言葉は使っていない(商標権?)、TIの要点が最短距離で判るのでは?
  • 「40秒〜35秒〜30秒」 と50mの目標タイムごとに整理してるのがGood. 誰でも何かひっかかると思う
  • ワタシの場合、両腕を前側の四分円(quadrant)に位置して重心を前に置く「フロント・クワドラント」が改善点。体軸を「X=クロス軸」とする意識も参考になる。ぐわん!ぐわん!と体幹をネジるS字ストロークのハッタリ選手には「2軸」では物足りないから。 他は出来てるかな?

2) 『スイミング・ファステスト』 →水泳大辞典!

  • 身体パフォーマンスの本質に迫っているのが凄い。小手先のテクニックも満載。こうゆう本は絶対に1500円では買えない!
  • 例えば、「効力と揚力」の説明はちょい冗長だけども、読み終えれば、腕の動きについての迷いが激減しているだろう
  • 日本語版は1万円! Amazonに在庫無いようで英語版をリンク。水泳経験者なら英語苦手な人でも判ってしまうと思う。水泳部の中高生にチャレンジさせてもおもしろいかな? 値段も3分の1だし!  

3) ネットのTIのコラムも目を通した: http://tiswim.jp/tsm/tsm_backnum.htm
「きれいに泳ぎたい、ラクに泳ぎたいシリーズ」記事はTIの基本がわかりやすい。『50のコツ』を読んだあと、補足として参考になるかも。(他の記事は薦めない)

 

« 愛知知事選へ、行動の人、重徳和彦さんが | トップページ | 「東大ワールドカフェ」でファシリテータ−を。 »

◆***耐久スポーツの理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/49947834

この記事へのトラックバック一覧です: 25mを「9ストローク」で泳げたよー:

« 愛知知事選へ、行動の人、重徳和彦さんが | トップページ | 「東大ワールドカフェ」でファシリテータ−を。 »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ