« 凱旋記vol1. 表彰式&御祝膳 (宿は予約サイトに頼るな!) | トップページ | 凱旋記vol.3 佐渡へ »

2010年10月27日 (水)

凱旋記vol.2 笹川流れサイクリング

早くも村上から1ヶ月、Time Flies!

凱旋ツアー記を続けよう。

レース翌朝。
多くの参加者が筋肉痛の脚をロボットの如く動かしながら職場に向かう午前6時、ワタシは名勝「笹川流れ」を走る。
100927_061747_2
100927_062336
約9kmに渡り、ずーっとこんな風景が続く。

薄暗さ、がわかるだろうか?
ここは東に最高800mの山が連なる日本海岸。朝陽が入らないのだ。
空の青さに反射した間接照明の朝
太平洋岸の当たり前が、ここではそうではない。

道は細いが、クルマはたまにしか通らないし信号も無い。滞在を伸ばして、筋肉痛も押して、走るだけの価値があった。でもバイク折り返しの桑川駅から先の道だから、見ないで帰る人も多いんだろうな。

しかし「朝飯前」なので・・・早く戻りたい。。でも「笹川流れ」エリアは全部走っておきたい。地元の方を探す。全然見つからないが。。道を聞くと、ちょうど終点だった。ラッキー、これで心置きなく戻れる&ごはん食べれる!
100927_071009
朝食はシンプルながら、岩のりのお吸物が異常に美味く、オカワリ。

お役御免のレース用品など宅急便を宿に預けて、バタバタと宿を出て、9時過ぎの電車に乗る。興奮のバイクコースに沿うのが良い。
電車だと、単なる景色の良い道だ。
レースの勝者には、特別な道だ。

新潟までの特急。
100927_102835
在来線特急では、後輪を外さない輪行袋はスペース不足で、車内に持ち込むことが不可能。だと思っていた。。しかし今回、輪行袋のフォーク部分を座席に座らせる新たな移動スタイルを開発したのであった。

・・・

ついでに今週の一言:
◆ NHK「白熱教室JAPAN 坂本龍一」が残念。。一大ブームを起こしたブランドを名乗りながら、浅田彰に大学教授を混ぜてトークだなんて、80年代の「ナウな番組」か。。白熱教室の名に負けない番組は難しい。でも「佐野元春のソングライターズ」は合格。逆に「マイケル・サンデルのザ・フィロソファーズ」とか名付けても?

→11月追記: 2回目以降見たら、単なる再放送ではないか、だったらそう言えNHK! こっからは大変素晴らしい番組で、Jazzの本質が物凄くよくわかる。

◆ 愛知知事選、重徳候補「自民党本部推薦お断り」だと! 
18日:出馬会見
19日:谷垣禎一同党総裁に『県民党』で戦いたいと説明

つまり、無所属は最初からの狙い通り。失うもののないチャレンジャーサイドならではの手。県民会議の発表に注目しよう。面白くなるよー!

 

« 凱旋記vol1. 表彰式&御祝膳 (宿は予約サイトに頼るな!) | トップページ | 凱旋記vol.3 佐渡へ »

'10- Triathlon挑戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/49857114

この記事へのトラックバック一覧です: 凱旋記vol.2 笹川流れサイクリング:

« 凱旋記vol1. 表彰式&御祝膳 (宿は予約サイトに頼るな!) | トップページ | 凱旋記vol.3 佐渡へ »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ