« 国道最高地点2,172m、渋峠走破。 | トップページ | 9月はトライアスロン世界選手権出場権を獲る! »

2010年8月27日 (金)

ただいま体脂肪率8.1%・・・ 筋肉量は意味なさそうだ

ちょうど半年ぶりに体組成を測定してみる: http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/95-56cd.html

   脂肪率 筋肉量 
全体: 8.1%   52.9kg
右腕: 6.3%  3.0kg
左腕: 7.8%  2.8kg
体幹: 8.8%  24.1kg
右足: 7.8%  11.5kg
左足: 7.8%  11.5kg

※半年前
全体: 9.5%  52.8kg
右腕: 7.0%  3.0kg
左腕: 8.6%  2.7kg
体幹: 9.1%  25.1kg
右足: 10.3% 10.9kg
左足: 9.9%  11.1kg

(タニタのアスリートモード使用)
(誤差は当然あり、、今回はトレーニング後に大量に食べた1時間後なので不安定。あとセンサーを握る手に自転車ハンドルのゴムの汚れが付いてた気がする。。)

この半年で、身体能力は猛烈にアップグレードしている。春頃まで自転車の箱根超えは身体の悲鳴との闘いであったが、今や単なるサイクリングロードだ。たぶん1日3往復くらいできる(2往復なら白根山〜渋峠クラスなので)

この間の体組成の変化は、①脂肪が800gちょっと減って、②筋肉量が100g増えた。

仮に、箱根超えのリュックに700cc入りのボトル(100g)を1つ余分に入れたとする。800gの脂肪減少はこれだけでチャラだ。そんなこと関係なく、僕は箱根を軽く超えられる。(まあ、レースでは、Runのタイムにちょっと影響するだろう)

筋肉量は誤差の範囲だろう。

それから、両脚は脂肪/筋肉ともピタリと一致。トレーニングの成果かな?

 

ここから判ることは・・・ 52kmくらいのトライアスロンでは、
①筋肉量は意味があんまり無くて、
②その中身:

  • 筋肉中の毛細血管の浸透度とか
  • 同、ミトコンドリア数とか
  • 血液中の乳酸アシライとか

が、決定的に重要だということだ。

肉をバカバカ食べても(いつも食べている!)、重くなるだけ、内臓が疲れるだけ、だったのだ!

もちろんタンパク摂取は大事で、特にタイミング=トレーニング直後に最小限摂ることは必須。それくらいなら牛乳とフルーツジュースだけでも対応できる。

 

やはり栄養面のカギは「抗酸化」、野菜と果物に置こう。

参考: cyclingtime 「自然食品はドーピングより効果あり?」 http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=14993

 

「アスリートの体脂肪率」についてのオマケ情報: マイケル・フェルプス1日のごはん1.2万キロカロリー。

=朝食=
卵5個使ったオムレツ
卵3個のスクランブルエッグ
◎ 砂糖たっぷりフレンチトースト3枚
◎ チョコチップパンケーキ3枚
◎ チーズ・レタス・トマト・タマネギに
マヨネーズをたっぷり使ったサンドイッチ
◎ グリッツ(とうもろこしのお粥)
◎ オートミール
◎ コーヒー2杯

=昼食=

パスタ5人前
◎ ハムとチーズに
マヨネーズを大量にかけた巨大なサンドイッチ
1000キロカロリーの栄養ドリンク

=夕食=

◎ パスタ
5人前
◎ ピザ丸ごと1枚
1000キロカロリーの栄養ドリンク

http://www.karadakarute.jp/tanita/kcloseup/kcup20.jsp

« 国道最高地点2,172m、渋峠走破。 | トップページ | 9月はトライアスロン世界選手権出場権を獲る! »

◆**耐久スポーツ理論 〜 体重&栄養編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/49262584

この記事へのトラックバック一覧です: ただいま体脂肪率8.1%・・・ 筋肉量は意味なさそうだ:

« 国道最高地点2,172m、渋峠走破。 | トップページ | 9月はトライアスロン世界選手権出場権を獲る! »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ