« 野菜や果物、だけではガンを防げない? | トップページ | W杯と疲労 »

2010年6月23日 (水)

成長&休養のサイクル=4週間

トライアスロン準備のため、初めて藤沢市民プールに行ったのが5/28。
以後3週間、毎回ベスト更新してきたが、ちょうど3週過ぎて、初めてタイムが落ちた。

これ、予想通り。
要因は2つある。

  • 具体的事実として・・・ 前日の腕の筋トレの影響。トレーニング効果の証明なので、良いことだ。筋肉の疲労は回復に24〜48時間かかる
  • トレーニング理論として・・・ 成長のサイクルは「4週間」、3週かけて追い込み、1週間で疲労を取る。その休養週に入ったってことだ

どっちも、疲労→休養のサイクルの問題。

 

筋肉の休養だけなら、1日置きで良い。(トライアスロンでは水泳の休養日に走ってしまうので、結果的に毎日してしまう。鬼。)

ただし、身体の奥に蓄積された疲労は、月1くらいでクリーンアップする必要がある。
日本人はマジメなので、ここでオーバートレーニングに陥りやすい。
かつてマラソンの高橋尚子とか瀬古利彦とか、絶好調の時期に練習し過ぎて大チャンスを落としている。

休むのも成長の一要素で、その間に身体が勝手にバージョンアップしてくれるのだ


つまり今週は休養週なのだが、、
来週が「レース2週間前」にあたり、トレーニング量を落とし始めるので、今週はもちょっと追い込む必要がある。

「高強度をレース時間分、維持する」 というトレーニングは、3種目とも、今までしていないので、今週中に一通りやっておきたいところ。水泳25分、自転車60分、ラン40分。これまで筋肉のベースを作ってきたので、そろそろ実戦を意識する。


« 野菜や果物、だけではガンを防げない? | トップページ | W杯と疲労 »

'10- Triathlon挑戦記」カテゴリの記事

◆***耐久スポーツの理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/48698671

この記事へのトラックバック一覧です: 成長&休養のサイクル=4週間:

« 野菜や果物、だけではガンを防げない? | トップページ | W杯と疲労 »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ