« 興奮の50分間!自転車レース初参戦 | トップページ | こんなふうに走ってマス(修正前) »

2010年4月 6日 (火)

修善寺チャレンジロードレースの反省

レース後、中1日で走る。
軽い軽い!
上りが3km/hくらいは速いかも。
疲労回復、サドル位置修正もあるだろうが、心のリミッターが外れた感が、より強い。

「レースが今日ならなー」
なんて感覚を糧に、人は強くなるのである!?

同クラス出場者のブログ>発見。奇しくも元同業者?
さらに発見
いずれも「2年前なら優勝」の方々。
後者の写真のNo70.が連覇中の本柳氏、なんと乗鞍の7位、強いわけだ! 前腕も一人だけ平行なエアロポジション。

2周まで集団は落ち着いていたようだから(タイム的には速かったと思うが)
置いてかれたのはよっぽど下手だったわけだ。
 
ミスを挙げると・・・

【トレーニング】
* 集団走行の不慣れ
* コーナリング下手
* 上りパワー強化不足
* フォームのアドバイスを求めておくべきだった=ダンシングが変
* 3〜1週間前ごろの追い込み不足
* レース前の数日の手抜き不足
* サドル位置を直前までイジリすぎ

【準備】
* ウォーミングアップ不足
* タイヤ空気圧を当日イジリすぎ=コーナリングに影響してしまう
* 意外と水不足=朝だけコーヒーを大量に飲んで放っておいたせい?マメに飲み続けて充たしておくべきだ、官能的ではなく機能的なものを
* ウェアがちゃんと着れてない! スタート1分くらい前に集団内で修正・・
* シューズカバー付け忘れ
* 実は出走サインをした記憶が無い=未登録クラスだから許されたのかも?

【レース】
* 集団にくっついてた数分間の集中力不足
* 集団から離れたあとの危機感不足

等々。。

こんな風にマニュアル化されているべきだろう、本来。

いいのさ、人はこうして強くなるのさ?

 

私の筋肉はほとんど持久筋で占められているようなので、
①まず、速く
②次に、長く
という強化が必要であった。
(中高の部活でもそうだったな)

苦手のコーナリングは、、、修善寺は自転車専用に設計されていて、スピードに応じた傾斜が付いているから、素直に傾斜に乗っかってバイクを傾けさえすれば良かったのだ。
エリートの先頭集団のコーナリングは実に美しかった。一切のブレのない1列のライン。

 
 
レース後、SHIMANOブースで、DURA-ACEのホイール、ローとハイ2種を試乗できた。消耗した(しきった、という程ではない…)脚ではあったけど、さすがに良さは分かる。でも逆に、今のBontrager Race-X-Aero も遜色ないようにも感じる。マシンは十分。

« 興奮の50分間!自転車レース初参戦 | トップページ | こんなふうに走ってマス(修正前) »

'07- 自転車を楽しむ日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/48004416

この記事へのトラックバック一覧です: 修善寺チャレンジロードレースの反省:

« 興奮の50分間!自転車レース初参戦 | トップページ | こんなふうに走ってマス(修正前) »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ