« こんなふうに走ってマス(修正前) | トップページ | 【本】 名将ブリューネル「勝利の礎」 »

2010年4月14日 (水)

鎌倉の真髄は「山」にある!

アド街ック天国で鎌倉山が特集されていた。
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/100410/01.html
いつも走り過ぎている店やら家やらが続々と紹介されている。

鎌倉は山に囲まれているからこそ、日本初の武家政権の拠点となったのだから、山を巡ってこその鎌倉なのだ。
高さは100m程度だけど急で、海を綺麗に見下ろしてくれる。

その魅力を一番引き出すのは自転車。観光なら電動レンタサイクルも良いだろう。

 

僕のお気に入りルート・・・
最高レベルのサイクリングコースの1つだと思う。

銭洗弁天の坂は斜度30度以上の激坂が2箇所計60m、トータルでも25度が160m続く。。扇ガ谷の亀ケ谷坂切通しでは40度を超える区間が十数mあるようだ(あくまで地図上だが) 
自転車乗りは勿論ノンストップで登り切るわけだが、下りは怖くて普通のフォームで降りたことがない。ハンドルがサドルより10cm低い姿勢で40度の坂を下るのは、スキーのジャンプのようなもんだ!

ゴールの神戸橋かどの魚屋「庄虎」、魚フライが大変美味しい。
新鮮な魚を、店頭の丁寧な包丁さばきで骨など取って、新しい油でカリッと揚げている。「脂の乗った魚の皮」のようだ。
しかも、「江ノ島観光地価格」ではなくて、地元商店街の生活価格! 
残ってたら絶対買うべきです。

 

 

おっと、企画を進めれていない。。急ごう。

« こんなふうに走ってマス(修正前) | トップページ | 【本】 名将ブリューネル「勝利の礎」 »

'07- 自転車を楽しむ日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/48065312

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉の真髄は「山」にある!:

« こんなふうに走ってマス(修正前) | トップページ | 【本】 名将ブリューネル「勝利の礎」 »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ