« 本当の有権者ニーズは「改革」にあったはずだ、しかし・・・ | トップページ | 旧友の財務官僚タカダが、世に出つつある? »

2009年9月 4日 (金)

「やらせてみる、失敗覚悟で」という空気

裁判員制度の報道に、総選挙に劣らない熱気を感じる、2009年の夏。

「一般人は流される」
「ノリで決まっちゃう」
などなど、ツッコミどころの多い制度ではある。
それを、日本一頭の堅そうな裁判所の人たちが、よく実現させたもんだと思う。

たぶん彼らは、判決を一方的に批判される状態にキレていたのだと思う。

「だったらお前らやってみろよ」
「自分でやってから批判しろよ」 と。

 

この、「やらせてみる、失敗覚悟で」という手法、
「他人事」として傍観してるあっち側の人間を、こっちに巻き込むパワーがある。

失敗すると、痛い。
だから、どうすれば良いのだろう?と自分の頭で考えるようになるからだ。

 

「奴らには、やらせてみるだけの能力がない」
という批判は、一見もっともだが、、それだけでは、成長は無い。

「どうすれば、できるようになるか」
という育成手段を考えるべきだ、一つ上の成長を目指すなら。

 

2009年のいろいろな選挙には、「若手抜擢」という共通の傾向がある。
「やらせてみる、失敗覚悟で」 という決断が、一般市民レベルで拡がっているのだと思う。

そして裁判員も、同じ流れにあると観る。

« 本当の有権者ニーズは「改革」にあったはずだ、しかし・・・ | トップページ | 旧友の財務官僚タカダが、世に出つつある? »

♪ 流れてゆく日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/46115637

この記事へのトラックバック一覧です: 「やらせてみる、失敗覚悟で」という空気:

« 本当の有権者ニーズは「改革」にあったはずだ、しかし・・・ | トップページ | 旧友の財務官僚タカダが、世に出つつある? »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ