« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の5件の記事

2009年3月31日 (火)

お花見、新宿御苑 

後楽園から外堀に沿ってクロスバイクを走らせ、新宿御苑へ。

大都会トーキョーの真ん中、スローな光に充ちた空間。

200804_057_2

200804_074

200804_059_2

 

200804_063

200804_066

江戸時代は大名屋敷、明治には皇室の庭園。
それが今、ほんの200円だ。
所有するなら、200億でも遠く足りんだろうが。。
いい時代だよねえ。
 

2009年3月21日 (土)

伊豆の海と大地の神々たち ・・・ほぼ1周サイクリング 写真篇 

海に、大地に、神が宿るのが、日本。
伊豆サイクリングは、そんな神々との対話だ。
(宗教法人つくろうかな?)

とりわけ伊豆は、南から移動してきたフィリピン海プレートの岩盤が日本列島に激突して半島化した、異境。

画像で少しでも、伝わるだろうか?
撮りたい風景の何分の1も撮っていないけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16時過ぎ、熱海スタート。135号線をひたすら南下
20090320_001_2 

朝焼けの熱川
20090320_003 

少し走って、見下ろす熱川。たぶん標高100mちょっと
20090320_010 

本根岬(のような気がする) たぶん標高100m
20090320_016 

その先のコーナーの向こう。ガードレール数十cmの向こうは100mの海。。
20090320_019

そのちょっと先、竜宮島
20090320_025

この後、下田を走り抜け、ちょっと退屈な道を5kmくらい走って、16号線へ

ここからシーンチェンジ!

南伊豆はディープだ。

渚100選&白砂青松100選の弓ヶ浜を抜け、断崖絶壁の奥石廊展望台へ
20090320_027_2

大根島までは3mの浅瀬らしい。コバルトブルーに反射する
20090320_029

ちょうど昨日、西村京太郎ドラマのラストシーンがここ
20090320_030 

 

自分の力だけでここまで辿り着いた後にひろがる、絶景。
写真では絶対表現できない。
ここから先、撮らないことにした。

 

時に13:50ごろ、45km地点。

ん? 4時間近くだから、時速12km?
で残り3時間で55km? てことは1.5倍にペースアップしなければ・・・
(と正確には知らなかったが、直感的にそんな気分に焦りはじめる)

 

標高図をご覧の通り、、、ここから100m~200mのUp&Downが連続するわけだ。。
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=2e2ece3e27be25bfbbd127d85888f9df#large

これを、都心の平均移動速度に近い20km/hで走る。。

 

平気平気。

ツール・ド・フランスの難所、L'Alpe-d'Huez峠15.5km+標高差1130mを、伝説の故マルコ・パンターニは27km/h平均で走っている。150km走った後のラストスパートで。。
ランス・アームストロングの記録はその1秒遅れだ。第3位の記録はマルコ、第4位はランスでその差はまたしても1秒! (仮に破る力がある選手がいても、畏れ多くて破れないんではないか??)
http://ja.wikipedia.org/wiki/ラルプ・デュエズ

しかもこっちは下り付♪

 

136号線へ。野花のきれいな山中を抜け、100m級峠2つを超えて、妻良・子浦の海岸へ。

300m近く登ると、夕日が丘。
ここが60km過ぎ、15:00。
この登りを1時間で17km、いいんじゃない?

3kmで300m落ちるダウンヒルで雲見。100m峠を2本超えて松崎。
「土肥まで15km」と標識。
おお、あと1時間だ。立ちこぎを多用してスピードアップ。

 

ここから、200m超の峠2匹の襲撃を受け、限界を超えたのであった。。

でも、このラスト40kmを1時間半=平均約30km。パンターニに並んだ?

 

17:20、清水行きのフェリーへ。

さよなら、伊豆の神々よ
20090320_034

太平洋に落ちる夕陽・・・
20090320_032_2

 

2009年3月19日 (木)

伊豆半島150km走ってきたよー

やってしまった、伊豆半島自転車ほぼ1周。
すごい。。

 
伊豆半島の神々が、少し、乗り移った気がする。 

 

【1日目】
距離: 約45km
峠: 250m級×2++100m級3つくらい?

熱海発が16:00、遅れに遅れた結果、暗くなりかけた18:00でわずか30km。
でも伊豆らしいとこに泊まりたい・・・
東伊豆温泉郷を目指し、真っ暗な海岸線を潮騒の中ぶっとばす。
海と一体になった気がする。
19時近く、熱川で泊まることにした。


【2日目】
距離: 約100km
峠: 250m級×3+100m級のUP&DWONなら軽く数えても10!

熱川をのんびり10:00発。
「100kmなら5時間、15:00ごろ土肥について、フェリーで明るいうちに清水に渡ろう・・・」

 

甘い!

 甘い!

  甘い!

  甘い!

 

60kmごろ、足が疲れ始める頃に表れる、250mの登りwith細かなUP&DOWNの揺さぶり付。
90km手前、残り10kmちょっとで平坦が道が続きひと安心していると、海岸から230mまで一気登りさせられる黄金崎。
そこから海岸まで降りた直後、再び220mまで一気登りさせられる恋人岬♥

しかも、清水港への最終フェリーの時間が迫る。

ラスト10kmは限界を超えた・・・


無茶なルートには理由がある。

200mの断崖の淵を走るから、海岸ルートでも200m登らないといけない。
するとどうなるか?

 

ガードレールの先は、海。

200m下の、海。

見渡す限りの、海。

 

絶景ポイントを過ぎると、海岸まで50km/hオーバーのダウンヒル。

限界を超えた身体が、突き動かされる。


伊豆半島の神が、そこに居た。


2009年3月18日 (水)

伊豆半島200km走ってくるよー

お仕事中の方、恐縮です。いってきまーす。2日休み取りました。

と、言いつつ、出発12時過ぎてしまった!
もったいない。。

なにごとも事前準備が大事だ!
それから、事前の祝杯禁止!!

企画でも考えてこようかな。

2009年3月15日 (日)

こうして日々は続いていくのさ。

気が付けば1月ぶりの更新。
くしくも

わたし、このところ毎日この貴兄ブログ開き見ていますですよ、
も少し頻繁に書き込んで欲しいですナァ~、
なんたって、すっごく読み応えがある、

ちょっとエールが送りたくて、
どうぞよろしく、

なんてコメントを頂いた直後、からだった・・・ 

時間て速い!
こうして日々は続いていくのさ。

 

状況は、予想外にかわるからこそ、面白い。
予想通りの展開なんて、退屈さ。

壁にぶつかって、つい、後ろを振り返る。
逃げ込むためじゃない、次の展開のヒントを探すためさ。

嵐でも、あわてず、さわがず。
風の行方は読み続ける。

 

と、言いながら、土曜14:00起きをしていては。。
9:30に起きたのだが・・・そっから 『短い一晩分』 寝てしまった。

金曜とはいえ、無駄な夜更かしは後に響く。
時間をうまく使わなければ・・・ 

__________________________________________________________________

今週できたこと

  1. 英語を話す。たぶん2年ぶり? 六本木トレック・ストアで40%オフでも十分高いASSOS自転車ウェアを買った帰り、台湾人カップルに道を教えただけ、だが。 「トキョータワー? ルック、ディス、グリーン、シバコーエン。ゴーディスウェイ」 「フロムタイワン? グッド、ディスバイク、メードインタイワン、メリーダ」 (SPECIALIZEDはアメリカのトップブランドだが、実は台湾のMERIDA社の傘下) バカな英会話だけど楽しい♪
  2. そのスペシャのクロスバイクに、スタンドを付けた。これで風の強い雨の日に自転車を濡らさずにおけるようになる。
  3. そのクロスバイクよりも高いホイール、BontragerレースXライトエアロを、在庫処分セールで買ってしまった。。
  4. 新ホイール、来週、伊豆半島1周サイクリングでデビューさせます。この2週間、トレーニング再開してます。

できなかったこと

  • 部屋の掃除。自転車にかまけて、荒れる一方だ・・・
  • 部屋の掃除。伊豆にかまけて、荒れる一方だ・・・
  • 部屋の掃除。えっと、いいわけは、あと・・・


« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ