« 限定12席即完売の“仏”料理★彼岸寺『暗闇ごはん』行ってきましたっ! | トップページ | 新車LeMondで一気に駆け上がる標高400m! »

2008年12月13日 (土)

ロードバイク復活★今度はLeMond最後の一品、漆細工のようなAlpe d'Huez 2008!しかも・・・

"失われた4ヶ月"を経て、ロードバイク★復活だぜ!

職人が丁寧に手作りする黒と赤のフレームが漆細工のように滑らかな光沢を放つ LeMond Alpe d'Huez 2008

Lemond_alpe_dhuez_2008_2
(手前の。リボンは付いてないけどね。付けようか?)

LeMondは、初めてアメリカ人としてツール・ド・フランス総合優勝を果たしたグレッグ・レモンが創業、最高にエレガントなロードレーサーを作ってきた。後にTrekグループに入り、技術的にも世界トップクラス(たぶん)

Alpe d'Huez(ラルプ・デュエズ)は、Spine2

  • 上半分がカーボンで、(トップ&シートチューブ+シートステー=写真の ̄Λ部分+前輪をはさむフォークп
  • 下半分がアルミ。(ヘッド+ダウンチューブ+チェーンステー=写真の\_部分)

なんでこんなややこしいのかというと・・・

  • 人間を支えるパイプは、振動を吸収するカーボンを、
  • ペダルとタイヤを結ぶ駆動系のパイプは、衝撃吸収性が低い=反応性が高い、かつタフなアルミを、

置いているわけだ。その結果、

  • 路上をスーと滑るように走れて (タイヤが細くいので路面の振動がガンガン来るはずなのを、ほどよく、吸収してくれる)
  • 踏み込みにはビュン!と反応してくれる速くて、かつ丈夫な、

自転車になる。

実際、アメリカの一般人レビューでも好評。
http://www.buzzillions.com/dz_195212_lemond_alpe_d_huez_reviews

しかも・・・

まともなロードレーサーではありえない30%オフ!

なんとグレッグ・レモン氏、Trek社の大株主でもあるツール7連覇のランス・アームストロングをドーピング呼ばわりしてきて(大株主ですよ。。ありえない・・・)Trekグループから追放!の影響のようだ。(Trekはじめ有力メーカーは価格統制が強い)

当然、問い合わせは数多く、しかし不幸にも全てサイズが合わなかったとのこと。出遅れた僕に幸運として回ってきた。

今度は完全室内保管、絶対盗ませない!

移動先でもばらして輪行バッグで持ち歩きます。

2010.10追記: Lemondちゃんで日本トライアスロン連合の2010年代別ランキング2位を獲得! 

アルミの多いAlpe d'Huezは軽快さにはやや欠けて、おそらくはツーリング寄りのモデルかもしれない。でも、トライアスロンで重要な高速巡航性は高いかも。
さらにコンチAtack+GP4000sにミシュランのラテックスを入れて、安定した高速走行が実現した。

レース会場で他に見たことの無いLemond。
オンリーワンなのも、ちょいと嬉しいです。
(ナンバーワンはもっと嬉しいですが)

« 限定12席即完売の“仏”料理★彼岸寺『暗闇ごはん』行ってきましたっ! | トップページ | 新車LeMondで一気に駆け上がる標高400m! »

'07- 自転車を楽しむ日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/43407813

この記事へのトラックバック一覧です: ロードバイク復活★今度はLeMond最後の一品、漆細工のようなAlpe d'Huez 2008!しかも・・・:

« 限定12席即完売の“仏”料理★彼岸寺『暗闇ごはん』行ってきましたっ! | トップページ | 新車LeMondで一気に駆け上がる標高400m! »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ