« 2009年は 『今、手の中にあるもの』 を活かす。 | トップページ | 限定12席即完売の“仏”料理★彼岸寺『暗闇ごはん』行ってきましたっ! »

2008年11月17日 (月)

ある晩秋の金曜、都心を自転車で35km

自転車が楽しいのは、まるで僕が「その街に住んでいる」かのような錯覚を味わえることだ。

だから僕は旅行先では、まずレンタサイクルを探す。
そして都内では走る、走る!!

暖かく晴れた金曜日、朝は午前休で築地へ、午後は渋谷で勤務、夜新宿でディープな会談。

自転車通勤ならではの絶好のサイクリング日和だ。

迷い道クネクネ、軽く35kmは走った。

普通なら

「築地&新宿へ寄り道×往復×190円=760円余計にかかりました」

で終わるところ。つまり、東京という街を、

「点と点のつながり、その結果発生するコスト」

により解釈しているわけだ。一次元&コスト削減の世界だ。

 

今や時代は、そんなもので満足しやしない。

自転車は、東京という街を、自由な線を描ける二次元の世界に変える。しかも、風景が見えて、音が聴こえて、匂いも分かる。スピードは思うがまま、興味があったらどこでも止められる。

リアルな東京を実感することができる。

 

東京という街の美しさを体感するのに、例えば1億超の純資産があれば、そう難しくは無いかな? いや、もっと要るかな? (この問いに、限界は無い・・・)

でも、5万円超(これより安くはならない)のクロスバイク1つで、それは簡単だ。

 

それを知った今、オフィスから普通に見る夕陽、

0811141618

なかなか良いものに見える。

« 2009年は 『今、手の中にあるもの』 を活かす。 | トップページ | 限定12席即完売の“仏”料理★彼岸寺『暗闇ごはん』行ってきましたっ! »

'07- 自転車を楽しむ日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/43138742

この記事へのトラックバック一覧です: ある晩秋の金曜、都心を自転車で35km:

« 2009年は 『今、手の中にあるもの』 を活かす。 | トップページ | 限定12席即完売の“仏”料理★彼岸寺『暗闇ごはん』行ってきましたっ! »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ