« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の2件の記事

2008年6月30日 (月)

新しい自転車では、まず転んでおく

流行の自転車通勤。

私もやります!真夏を前に!!

 

イタリアのガチンコスポーツ車、PINARELLOのロードなどうっとり眺めつつ(人間の欲望は無限だ。。。しかも2009年モデルがまたかっこいい!!新発売のFP3、超名車プリンス=軽く100万円超の弟分が¥32.5万!!!驚きの安値??? 喩えるならばマクラーレン・メルセデスのF1マシンとだいたい同じ公道走行できる車を4分の1の値段で買えるようなもんだ!!!! ((=これが自転車のマーケティング)))

→1ヶ月後の追記・・・ KUOTA KEBELのブルー、買いました!フレームから組んでも夏のセール?でFP3にお釣りが来て、そして何者にもない独特の存在感!  

→2ヵ月後の追記・・・  http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/3010_18af.html

・・・現実的選択として、乗り慣れたSPECIALIZEDのクロスバイクを実家から持っていくことにする。

 

とはいえ、本格感も味わいたいことから、専用靴+ペダルのセット(SPD)を装着することにした。

 

車の通らない田舎道を試走してみると・・・

速い★★★足にエンジンがついたかのようだ

ペダルとは、上から下に踏む【↓↑↓↑】ものだったのが、ペダルと靴が吸い付いて、回転【○○○○】として、しかもフルタイムで力を伝えられるので、運動効率が全然違う。

 

デメリットは、勝間氏もやらかしてる立ちゴケ。

転ばないためには、まず最初に転んでおくことだ。

着脱の練習程度では、緊急時に通用しない。

細かい回転、急ブレーキ(もちろん低速で)・・・と限界を試す。

二度転んだ。

その感覚は忘れないから、いやがおうでも余裕を持った操縦になる。

飛ばすべき時には、それを補って余りあるスピードを出せる。

 

・・・

次は汗落とし&休息用のスポーツクラブの手配。

1つの闘いを終えて、大きな海へ漕ぎ出す人

この半年とりくんできた宣伝力の大強化は、状況的に、成功させるしかないチャレンジ(・・・言葉的に矛盾してる?) 

そのプロジェクトの責任者が、自分の事業を本格化させるため、退職した。


・・・

このプロジェクト、経歴も価値観も(似ているようで)結構違うメンバーが集まり、進路もときどきブレて、打ち手も外れ続けていた。

1つの転機は2ヶ月くらいした頃。彼の独立が明かされた。

拡散していたものがすこしづつ収束を始め、打ち手が当たり続けるようになる。

まだビッグウォールが控えてはいるけど、ここまではできるってこともわかった。

・・・

僕自身にとって、ごくごく当たり前な基本的なことを、当たり前に徹底し続ければ、(商品力のある会社の)マーケティングは成功する、という確信をすこしだけ強めることができたのは、ちょっとした収穫。

もっと大きな収穫は、たとえば「意見・価値観がすこしだけ違う仲間達との間合い」(?)とか、僕の限界性能の幾つかに直面できたことだと思う。

・・・

彼のここでの日々の多くを僕は知らないけど、未知の世界に飛び込み、自分なりの考え・手法を持ち込んで、多分、闘い続けていた人だ。送別会の彼は、しゅーっと何かが抜けたように、大きな体が小さく丸まっていて、そして、まあるい笑顔であった。

濃い日々を過ごし、足跡を残して、次へ向かう。
この時のために今までがあった、という大きなチャレンジへ。

 

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ