« 入社動機は「社長と常務の、視線です。」 | トップページ | 小倉広の凄さは『人が人に与える影響力』に対する感性にある »

2008年4月21日 (月)

私を、ベンチャーの世界に引き入れた人が、本を出した

私を、ベンチャーの世界に引き入れた人が、本を出した。


本というものが凄いのは、一流の著者が積んできた経験の、極上のエッセンスだけを、丸ごと味わえること。
じゃあ、この本の著者の経験って?

  • 少年時代は●●● (ネットで書けるか!)
  • リクルートでは、後に超有名ITサービスで名を馳せたビジネスプロデュサーや、日本の人事の流れを変えたコンサル会社を起業して大成功させたトップコンサルタントと仕事をして
  • ベンチャーの世界に転じてからは、国民的な知名度を誇る(もしくは、誇った)ベンチャー経営者から三顧の礼での役員就任を受けながら・・・
  • 「パチンコ」、という世界を変革する、というユニークにして重いミッションを負うに至り、
  • すさまじい失敗の数々(ネットで書けるか!)の中から、しぶとく会社を育ててきた・・・

という20年間。
まさにそのエッセンスを盛り込んだ本だ。

全体を通して感じるのは、
「人と人の関係、というものに対する、ものすごく繊細な感受性を持ってしまった人」
なんだろう、ということ。

それは、私がリアルで知っているから、ということでなく、文章で読んで改めて思ったこと。
でないと、入社以来のいろんなエピソードを、こんなには解説できないだろう。
そして、だからこそ彼は、人と組織という世界で成功しているのだと思うのだ。

で、その中身は・・・
またいずれ。


« 入社動機は「社長と常務の、視線です。」 | トップページ | 小倉広の凄さは『人が人に与える影響力』に対する感性にある »

♪ 世の中すごい人がいる!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/40942763

この記事へのトラックバック一覧です: 私を、ベンチャーの世界に引き入れた人が、本を出した:

« 入社動機は「社長と常務の、視線です。」 | トップページ | 小倉広の凄さは『人が人に与える影響力』に対する感性にある »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ