« 世界卓球に見る、プロフェッショナルの育て方 | トップページ | 役割は絞らない、一貫させる »

2008年3月 9日 (日)

すごいスポーツ番組登場☆NHK「アサファ・パウエル 史上最速の男」

NHKスペシャル新シリーズのミラクルボディー第1回は
アサファ・パウエル 史上最速の男

080309_b_2

ニュータイプのスポーツ番組かもしれない☆
冒頭、100m走の超スローで5mあたりで凄さに気づき、録画したのは30m地点あたりから。
再放送は最初、0mから録画しよう →失敗。。。

今、多くのスポーツ番組は、沢木耕太郎系の人間ドラマか、芸能バラエティー系か、のパターンが多い。
ドラマチックなのは結構だけども、それだけなら、スポーツでなくたっていい。
(村上龍とかキーナートとか、日本的予定調和を許さない系の人達が批判してきたのを覚えている)

これ、全然違う。
スポーツの本質、体と技の圧倒的すごさを、真正面から描いている。
その1つが、100m10秒間を数分かけた、超超超スロー。
1歩2.6m×1秒4.96歩=1秒で12.9m進む姿を表現する、映像と、音楽。

インナーマッスル(大腰筋)の太さ、
腱の硬さ(1cm伸ばすのに通常人の数倍、100kg以上の力が必要!)、
など、科学でも解明してゆく。

ちなみにサイズは190cm88kg。室伏広司が187cm99kgなので、上半身の筋肉を10kg減らした程度?無茶苦茶な筋肉量ではない。かのベンジョンソンやジョイナーのようなサイボーグ感も無い。

人間の能力って凄い。
単純に、感じる。

ジャマイカの練習風景は、ちょっと沢木耕太郎風味?
朝暗いうちから、キングストンのゆるい坂に集まり、坂道ダッシュを繰り返す選手達。

田舎町のパウエルの実家の前にも、同じような坂道。
子供達が、無邪気にかけっこしてる。

「子供の頃、兄達とこの坂で競走するのは、何よりも楽しかった」
語るパウエルは、少し苦しそうだ。

大阪世界選手権の100m後半の写真は、苦悩そのもの、である。
大舞台では必ず勝てない、無冠の最速男。

今夏の北京、克服する姿を見たい。

・・・

これはすごい! というスポーツ番組あればオススメくださいね。

« 世界卓球に見る、プロフェッショナルの育て方 | トップページ | 役割は絞らない、一貫させる »

♪ 世の中すごい人がいる!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/40444653

この記事へのトラックバック一覧です: すごいスポーツ番組登場☆NHK「アサファ・パウエル 史上最速の男」:

« 世界卓球に見る、プロフェッショナルの育て方 | トップページ | 役割は絞らない、一貫させる »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ