« 役割は絞らない、一貫させる | トップページ | 入社動機は「社長と常務の、視線です。」 »

2008年3月17日 (月)

理屈は後から、まず強みを活かす ~ NHK「マイケル・フェルプス 世界最強のスイマー」

NHKスペシャル ミラクルボディー第2回は 「マイケル・フェルプス 世界最強のスイマー」

080316_b

中学時代、水泳部の顧問は素人。「月刊スイミングマガジン」だかの小さな連続写真を、目を凝らして研究していた私。最強イアン・ソープより強いフェルプスを、NHKスペシャルで、ハイスピードカメラで解説してくれるとあらば、そりゃ超チェックです。

Nスペらしく、「普通の一流」選手と丁寧に対比させて、凄さを科学で浮き彫りにしてくれる。

ソープといえども、4年も経てば普通の記録に成り果てるのが、スポーツの面白いところ。目標が明確なら、人間は、実現してしまうのだ。イノベーション=革新はそんな時に生まれる。

フェルプスのイノベーションとは、距離比で通常1割ほどのスタート&ターンの潜水を、ドルフィンキックを使って2割以上に伸ばす、という仕掛け。

潜水は、理屈上、水の抵抗が少なく効率的。でも無酸素2割では、血中の二酸化炭素も筋肉中の乳酸も加速度的に増加するはず。スピードのある自由形の、しかも200mという距離で成功させたのは、キック自体の強さと全身耐久力、2つのブレイクスルーを要する。

例外は鈴木大地の100m背泳ぎだが、背泳ぎはクロールより2割近く遅く、キックの優位性が高い。しかも100m55秒、乳酸を引きずったまま押し通せる。(ちなみに制限されたのは日本人差別じゃなくて、安全のためです。本当に、危険なんです。練習中に失神した選手が何人かいると思う。。)

彼にだけできたのは、なぜか?

思うに、バタフライ出身だったからではないだろうか。

このままでは、ソープに勝てない。勝ってるのは、いつも鍛えていて、他の自由形選手が練習しないドルフィンキックくらい。。

勝てるとすれば、この強みを活かすしかない。

そんな方針を、コーチのボブ・ボーマンはまず決めたのではないか、と思うのだ。

逆に、そうでもしないと、負けてしまう。ライバルは体が柔らかくて器用な「2m、100kg」の大巨人ぞろい。ダイエットした岩木山や水戸泉のようなもんか?

こうして目指すものが明確になれば、次に、「どうすれば試合で使えるようになるか?」 という、手段についての問いが生まれる。

そうして考え出された手段の1つが、オモリを巻いた立ち泳ぎや水中ジャンプ、というユニークな練習。

キツい練習だが、単にキツいだけではない、なぜ必要なのか? が明確だ。

問題が明確になれば、なんとか、対応できる。
そのためには、まず強みを活かすこと、理屈は後から、だ。

« 役割は絞らない、一貫させる | トップページ | 入社動機は「社長と常務の、視線です。」 »

◆***耐久スポーツの理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/40528283

この記事へのトラックバック一覧です: 理屈は後から、まず強みを活かす ~ NHK「マイケル・フェルプス 世界最強のスイマー」:

» NHK SP「マイケル・フェルプス 世界最強のスイマー」水泳界最強の男のヒミツとは。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
昨晩21時より放送された、NHKスペシャル「ミラクルボディー2マイケル・フェルプス 世界最強のスイマー」の感想です。 メルボルンで昨年実施された、世界水泳選手権で7つ!も金メダルを獲得し、世界最強のスイマーとして今や君臨するマイケル・フェルプスの泳法の秘密に、NHKが様々な特殊カメラ及び特撮を駆使して迫る内容で、すごくおもしろかった。 彼に5ヶ月交渉し続けた価値は十二分にあったと確信できる内容だった。 まず理解できたのは、フェルプスのすごい点として、 1.肩そして全身がおそろしく柔らかい。 ... [続きを読む]

« 役割は絞らない、一貫させる | トップページ | 入社動機は「社長と常務の、視線です。」 »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ