« 漢字の苦手な小学生が、たった数分の指導で書けるようになった! | トップページ | リアル「ハゲタカ」な人達(?)の中で(??) »

2007年9月30日 (日)

アイデアに詰まったら、外に出る。

アイデアに詰まったら、外に出る。

現場でマジメに仕事してると、たいてい何か落ちてる。
それを拾い、泥を落として、ひと段落した後でじっくり磨いてみる。
そんなことをしていたら、私は企画担当歴が割と長くなった。

それで上手くいかないのは、まあ「現場不足」のせいだ。
だから現場で粘る。すると何かできてしまったりする。
後は、それを極めていけばいいのだ。

いいのだが、そうはせずに、わざわざ環境をガラリと変えて、少しだけ似たことをやってみる。
似てるだけで中身は全然違うので、効率は悪い。
悪いとわかって、わざわざ、二度にわたり、やっている。

それが私。

以上まとめると、アイデアに詰まったら、外に出る。
それが私。

・・・

最近、何かおかしいかも?
と感じていた。

それは、「中の仕事」を取ってしまったからなんだ。と気づく。

3ヶ月前のこと。
現場部隊を数倍に急拡大するというチャレンジに出る組織。

もともと、「顧客の声を訊く」という「企画スタッフならではの現場仕事」を予定していた私。昔うまくいった手法だし、周りがどうあれ、それを徹底実行するのが、オーソドックスなやり方なのかもしれない。

いや、急拡大をサポートしてこそベンチャーだな。方針転換。
(こうゆう状況では、周りに訊いてみるのがよいのだが、時々それをサボる私でもある・・・)

そこで頭に浮かんだのは、昔いた会社で盛んだった、資料整理。
自分も結構な資料を作ったもんだ。
1つ忘れていたのは、前の会社でそれを実行していたのは、現場のトッププレイヤーであったということ(てことは自分もそうかな)。
もっと間違ったのは、過去の経験に答を探したことかな。

今の組織が求めているのは、
「初心者が、1週間でも早く、育つこと」

素直に考えれば、答えは1つ。
未経験者の私が、やってみればいい。

4ヶ月前、それに気づかなかったのは「自分は企画」という思い込みのせいかな?
「詰まったら、現場」ルールを守るだけでよかったのに。
まあ、こうゆうことに気づくために、わざわざ効率の悪い職業選択を繰り返している私、ともいえる。

ちょうど新事業企画が立ち上ったタイミング、そのテストも兼ねて、現場に飛び込む。

それがこの1週間。これから1-2ヶ月は続いてくのだが、デビューの立ち上がりとしてはなかなかかも。

そしてやはり、ここにもあるかもしれない!
次の、何か。

今度の相手になりそうなのは、一見、大物っぽい。
でも、前の会社でやってた仕事は、同じ感じの人達に、普通にウケていた私でもある。
また同じような仕事ができれば問題は全く無い、かどうかは、こっからのお楽しみである。

昔の経験というのは、こんな風に、フタをあけてみたら役立った、って使い方をすべきなんだろうな。

« 漢字の苦手な小学生が、たった数分の指導で書けるようになった! | トップページ | リアル「ハゲタカ」な人達(?)の中で(??) »

♪ ベンチャー参謀のノート '06-09 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/16624124

この記事へのトラックバック一覧です: アイデアに詰まったら、外に出る。:

« 漢字の苦手な小学生が、たった数分の指導で書けるようになった! | トップページ | リアル「ハゲタカ」な人達(?)の中で(??) »

フォト

全て公開設定

おかいもの

Blogランキング

無料ブログはココログ