« 「この手を打ち続けて、目指すゴールに近づけるだろうか?」チェック | トップページ | カリスマコーチ谷口貴彦さんに見る、独立起業成功のための4つのステージ »

2007年6月21日 (木)

人間てみんな、この星のひとカケラなのさ ~ グレゴリー・コルベール 『ashes and snow』 を、平日に。

なぜ私の日々はこんなにあわただしいのか?

その内情を、今週も書いていこう。
(少し遅れました)

・・・

柴田励司さんが、週末に終わる展覧会をメルマガで薦めてくる。
映像アーティスト、グレゴリー・コルベールの『ashes and snow』
http://www.fujitv.co.jp/events/art-net/go/425.html

(どなたか、行かれましたか?)

行くしかない。
週末は空き無し。
よって平日16:00
「おつかれさまでしたっ!」
目が点、な視線をエネルギーにかえて、お台場へ。
(これでいいのかベンチャー企業)

乗換の大崎駅、電車来ないなーと思ってたら、隣のホームから臨海副都心線が出発してゆく・・・

数年ぶりのお台場。

廃コンテナを積み上げた建物。
何階かの高さの巨大スクリーンがぶらさがっている。
ときどきゆらゆら揺れるのは、スキマ風のせいだろうか?
クーラーないのかな? というエコロジーな室温。
シャツを肩にかぶせて、床に座り込んで見る。

大自然の中、人間が動物と踊る映像が流れる。
というとチャチだが。
「人間て、この星のひとカケラじゃん。」
と、これほど、感じさせるものはないだろう。

なのに、社会というものの中で、人はどうでもいいような小さな差にカリカリしてたりする。
「んなこと、いーじゃん」
と思わずにいられない、映像のチカラ。

そう思えれば凄く楽になる人、多いはずだ。
(そうゆう人は、こうゆう場所には、あまり来ない)

・・・

映像のDVDがあったら買おう、とショップに行く。
「写真集を1冊買うと、今だけ、・・・と・・・と・・・、、、合計7点をおつけします!」
とスタッフが叫んでいる。

今だけ、1つ分の値段で8個買えるのかー。
という小学生のような単純な思考に逆らい、単価計算をしてみる。

手作りの写真集は16800円。
オマケは合計1万円分。
幾ら出してもこれだけは欲しい、DVD(6800円)も入っている。

そんな私にとって、
「DVDを買って、プラス1万円出せば、2万円相当のオマケがついてます!」
という計算になる。

要は、オマケ分だけ半額なんだ。
高いな。
と思いつつ、迷わず買う。

わざとそう売ってるのなら、見事な営業術だ。
高揚した客の心理、今だけ感&オトク感、低い原価。。
この営業スキルへの敬意として、そして授業料として、1万円は安い。
2時間2万円のセミナーに出た、と思ってもいい。
リーズナブル投資だ!近いうちにずっと大きな形で戻ってくるぞ!

いえ、いえ、純粋に、作者グレゴリー・コルベールへの敬意で、買ったのです。

この記事を読んだ方で、行かれた方、いかがでした?
ご感想などいただければ嬉しいです。
(一応、コメント類は承認制にさせてもらってます)

« 「この手を打ち続けて、目指すゴールに近づけるだろうか?」チェック | トップページ | カリスマコーチ谷口貴彦さんに見る、独立起業成功のための4つのステージ »

♪ 世の中すごい人がいる!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/15571448

この記事へのトラックバック一覧です: 人間てみんな、この星のひとカケラなのさ ~ グレゴリー・コルベール 『ashes and snow』 を、平日に。:

« 「この手を打ち続けて、目指すゴールに近づけるだろうか?」チェック | トップページ | カリスマコーチ谷口貴彦さんに見る、独立起業成功のための4つのステージ »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ