« キックボード | トップページ | 「この手を打ち続けて、目指すゴールに近づけるだろうか?」チェック »

2007年6月10日 (日)

「オープニング3分間で感じさせる運命」

4週目。
前回書いた電話営業、予想以上に好調かも♪

創業時は、これでずいぶん苦労したようだ。
それだけ、会社も成長したってことだろう。

急成長する会社には、理由がある。
それは、お客さんとの関係とか、社員の経験とかの中から、観察できる。
それらを引き出し、シンプルに活かすことができれば、打ち手は当たりやすい。

僕もそんな会社を選んで、転職活動をした訳だしね。

・・・

転職とは、「自分という商品」の営業だ。
「この商品を使えば、あなたは成功できるよ!」
というストーリーが自分なりに描けている時、「営業」はとてもスムーズ。

「私がこの組織に参加することで、●●が実現できます。
 それは御社がお望みのものではないでしょか? 
 なくて困っておいででないではありませんか?」

と、最初の3分で説明できる。

逆に、昔落ちた応募先には、そんな
「オープニング3分間で感じさせる運命」
がない。
結果、60分全体が盛り上がらない。
「俺って結構イケてると思うんですけどー。ぶっちゃけ、どうっすか?」
的なバカ営業になってたかも。

営業戦略とは、前者の設計図を描くこと。
「大石が坂道を転げ落ちて下の紙を破るようなものだ」
と孫子は紀元前に説明している。

・・・
さてさて。

電話で訪問の約束を取り付けたら、そこから先が勝負!
幕が開いた後の5分間で、
「この人は、私の課題をわかってくれそうだ」
「もしかしたら、解決してくれるかもしれない?」
と思ってもらえるか?

そのためのシナリオを描いてゆく。
そのヒントも、少しづつ浮かび上がってくる。

ちょっと疲れ気味な昨今だが、眺めがちょっと開けてる場所まで、もう少しだ。
たぶん。

« キックボード | トップページ | 「この手を打ち続けて、目指すゴールに近づけるだろうか?」チェック »

♪ ベンチャー参謀のノート '06-09 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/15385396

この記事へのトラックバック一覧です: 「オープニング3分間で感じさせる運命」:

« キックボード | トップページ | 「この手を打ち続けて、目指すゴールに近づけるだろうか?」チェック »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ