« 最後の日 | トップページ | 日本ってエキゾチックな国だ! »

2007年5月 1日 (火)

モナリザの模写を許されたのはシャガールとこの人、斎藤吾朗だけ!

実家に1週間こもり、ずっと放置してきたもろもろを片付け中。

昨日、レオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザの模写を、シャガール以来50年ぶりに許された世界的にも超レアな画家、斎藤吾朗さんのミニ展覧会を見てくる。会場はのどかな茶畑の中、小さな日本茶屋さんの2階。

 

モナリザは世界の宝。
模写などもってのほかである。
20世紀以降、超例外的に許されたのが、教科書にも載っているあのシャガールと、1973年にルーブルに押しかけた26歳の日本人ヒッピー、2人しかいないのだ。

その際のエピソードをうかがう。

・・・

美大を出て、愛知県西尾市の県立高校で美術教師を務めていたころ。

「生徒が空を飛びたい、と言うもんだから」

と、10mの大凧に生徒を縛り、飛ばす。

少し飛んだ

で、もちろん、落ちる

その何人かが、失神したりする。

その他、アバンギャルドな行動の数々により、2年でクビ。

 

どうしようか?

と思いついたのが、
「モナリザの模写をしてこよう」
1973年、とりあえずフランスへ。
海外渡航がバカ高かったころ、生徒もカンパしてくれて、なんとか行けた。

もちろんアポ無し。
毎日、ルーブルに通い、座り込む。
辞書のページをめくりながら交渉。といっても相手のフランス語は全くわからないので、どれだけ断られようともそれに気づくことはなく、ひたすら頼み続ける。

「生徒がカンパしてくれたから黙って帰れない」

「ジャポンの貧しい田舎では年老いた病気の母が寝込んでいて、息子のモナリザを待っている」

「ニホンジンだから約束を守れないとこの場で
ハラキリをしないといけない」

「ムッシュー、ルーブル広場を血で染めてみないか?

 

・・・
2週間、一方的に表現をエスカレートし続けたある日、館長が顔を出し、OKが出る。

斎藤吾朗いわく。
「勝因は、英語でなくフランス語で交渉したこと、何よりも、ハラキリ、が効いた」
「フランス人は本当に私がハラキリをルーブル広場ですると信じたみたいだった」

 

ん?

 

以降はVIP待遇。
フリーパスをもらい、館員用の出入り口から入り、開館前から模写を続け、3ヶ月で描き上げる。

それ以降、ルーブルにモナリザ模写の依頼は殺到しているそうだが、すべて断っているとのこと。
それほど貴重な模写なのだ。

なにしろ「正式に模写されたモナリザ」である。
万一モナリザに事故があったときには、西尾のアトリエから、このときのモナリザがルーブルに召還される契約もしているそうだ。

だからルーブルは逆に Goro Saitoh を大切にしなければならない!
例えばそのフリーパスは未だに有効で、しかも、休館日に斉藤吾郎氏を囲んだJTBのツアーだけは1日中、見学できたりもする!


彼は模写を続ける中、このとき、ダ・ヴィンチが語りかけてくる思いをしたという。

「モナリザは、私(ダ・ヴィンチ)のふるさとの、
あるがまま、を描いただけ。
あなたも、身近な、あるがままを描けばいい。」

以降、地元西尾の火祭りとか、身近なものを描いている。
身近、といっても、奈良東大寺のお水取りを、二月堂の中に入り込んで描いていたりする。この突進力、アポ取り力は相変わらずのようだ。。。

いまだに、こんなニュースを提供していたり・・・ http://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_f043.html

 

独特の赤ベースの油絵。
肝心の絵の画像がないのが残念。カメラを忘れた。


ともかく、70年代のヒッピー時代を象徴するような、凄いエピソードなのである。
生徒を凧で飛ばして失神させてクビで済んだ、最後の時代であることは間違いない!

世の中すごい人がいる!

・・・

ちなみに、当時のルーブルをまだ幼かった益次郎一家が訪ねており、母親が、モナリザの前で模写をする変なニホンジンの若者がいたことを記憶していたりもするのである。

 

« 最後の日 | トップページ | 日本ってエキゾチックな国だ! »

♪ 世の中すごい人がいる!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/14913318

この記事へのトラックバック一覧です: モナリザの模写を許されたのはシャガールとこの人、斎藤吾朗だけ!:

« 最後の日 | トップページ | 日本ってエキゾチックな国だ! »

フォト

全て公開設定

Amazonユーザさんへ

  • こちらからお買上げください

スマホでお買物

Blogランキング

無料ブログはココログ