« 演劇集団キャラメルボックス公演 『まつさをな』 | トップページ | モナリザの模写を許されたのはシャガールとこの人、斎藤吾朗だけ! »

2007年4月25日 (水)

最後の日

申し出から1週間で最終出社日を迎える。
このスピード、最後まで我が社らしい。

多くの社員に対して、告知はその日のうちに、管理職から直接に伝えられる。
直接のコミュニケーションを重視するのも、我が社らしい。

便箋を買ってきて、会議室にこもって退職願を書く。(当日書くな)
残った引継ぎ書類を書き、午後緊急に依頼されたセールスレターもその場で書き上げる。
今日中に終わるかな?
いつも通りの慌しさ感である。

夕方から、帰る人達が、次々に挨拶に来てくれる。
ほとんど接点を持てなかった(というかあえて持たなかった)新人達も。

このとき、1年半やってきて、本当に良かったと思う。
ささやかながら、僕にとっては終幕の拍手。

これまで、一人で独自の課題に取り組むロッククライマーのような仕事をしてきた僕にとって、最後にこの一体感を感じることができるのは、すばらしいこと。

たしかに、それだけの苦しい日々を一緒に体験してきた。
この会社での一番の財産は、危機に立ち向かいながら成長してゆく組織、という経験かもしれない。

最終出社日の充実感は、前職と同じ。
優勝はできなかったけど、いいレースを走り終えることができたと思う。
チーム新記録でシード権も獲得できた箱根駅伝、みたいな。
幸せなことだ。

そんな仲間たちのために、このブログを、近況報告の場として使って行こうかな?
カーテンコールは来月。
翌日から次のステージ!




« 演劇集団キャラメルボックス公演 『まつさをな』 | トップページ | モナリザの模写を許されたのはシャガールとこの人、斎藤吾朗だけ! »

♪ ベンチャー参謀のノート '06-09 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188339/14842259

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の日:

« 演劇集団キャラメルボックス公演 『まつさをな』 | トップページ | モナリザの模写を許されたのはシャガールとこの人、斎藤吾朗だけ! »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ